遊戯王OCG新カード考察:SR(スピードロイド)三つ目のダイス

いよいよハイスピード・ライダーズの発売日ですね!

今回紹介するのはこのカードです。

 

 

 

SR三つ目のダイス
チューナー・効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻 300/守1500
①:相手ターンに墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、相手モンスターの攻撃を1度だけ無効にする。

 

赤目のダイスに続くスピードロイドのチューナーです。

アークファイブでユーゴがメインに扱うチューナーモンスターです。

墓地から除外して発動する効果がありますがあえてその効果を利用せず

墓地から蘇生してシンクロに繋げるなど

ユーゴのプレイングの高さを特徴付けているカードの1つです。

 

 

4面ダイス

やはり玩具をモデルにしてるカードであり画像のような4面ダイスがモデルになっています。

4面ダイスは一般的に1つの面に3つの数字が書かれているのが特徴です。

(上を向く面が存在しない為の処理で地面に接している箇所の数字が出目となります)

名前にある「三つ目」は恐らくこの特徴が由来になっていると思われます。

 

 

その効果は相手ターンに墓地の三つ目のダイスを除外する事で

そのターン相手の攻撃を1度だけ無効にするというものです。

ネクロ・ガードナーとまったく同じ効果です。

その為効果としての使い勝手はネクロ・ガードナーのwikiを参照にするといいでしょう。

墓地から発動する防御系の効果としては定番ともいえるカードであり、

【スピードロイド】以外でも問題なく採用できるとっても汎用性の高いカードです。

 

 

ネクロ・ガードナーとまったく効果を持っているだけに【スピードロイド】以外では

ネクロ・ガードナーとどのようにして使い分けるかがこのカードの鍵になってきます。

まずネクロ・ガードナーの方ですが闇属性である為闇次元の解放で再利用が可能です。

カオスモンスターを扱う場合でも闇属性である方が何かと都合がいいでしょう。

また戦士族である為不死武士と併用する場合もこちらを採用する事になります。

一方でSR三つ目のダイスはまずチューナーである事が大きな特徴となります。

チューナーモンスターを増やしたい場合はこちらを採用する事になるでしょう。

またスピードロイドである為HSRチャンバライダーの効果で再利用できる事も魅力的です。

シャドール・フュージョンで墓地に落とす場合、ネクロ・ガードナーはミドラーシュを、

三つ目のダイスはウェンディゴを融合召喚できる為、【シャドール】の場合は

このあたりもどちらを採用するかの基準になってきそうです。

どちらのカードもレベル3である為、特にランク3をメインに扱う場合は共存しやすく

両方とも採用するのもアリだと思います。

 

 

スピードロイドのチューナーとして赤目のダイスと比較した場合、

タケトンボーグやベイゴマックスで特殊召喚するチューナーとしては

レベル変更効果を持つ赤目のダイスと比較して使い勝手が劣る事になります。

一方でオハジキッドを使う場合はこちらの方が高レベルのシンクロに繋げやすい点、

クレーンクレーンで特殊召喚が可能な点はこちらの方が優秀です。

勿論墓地から除外する事で攻撃を防ぐ効果も忘れてはいけません。

 

 

SRメンコートに続く非常に汎用性の高いスピードロイドです。

スピードロイドというテーマ自体が他のテーマと混ぜやすい特徴を持つと言えます。

様々な派生デッキが生まれる可能性の高そうなテーマですね。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

ガスタの神裔 ピリカ

レベル3の風属性チューナーである為、ピリカの効果で蘇生し

ダイガスタ・スフィアードのシンクロ召喚へ繋げる事が可能です。

三つ目のダイスはレベル3の風属性チューナーの中でも特に汎用性が高く、

ピリカと一緒に他のデッキへ出張させるのも難しくないでしょう。

 

 

機械複製術

三つ目のダイスは攻撃力が300しかない機械族であり、機械複製術に対応します。

そのままランク3のエクシーズ召喚に繋げられるだけでなく、

三つ目のダイスをまとめて墓地に落とす手段としても大いに重宝します。

関連記事

EXTRA PACK 2015発売決定、ついにバーニングアビス(彼岸)が日本上陸

欧米や韓国のカードが収録されるEXTRA PACK 2015が9月19日についに発売されるようです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光波分光(サイファー・スペクトラム)

消すと増えます   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:創世の竜騎士

要所要所で役に立ちます     今回紹介するのは2016年2月

記事を読む

遊戯王アークファイブ第120話『バトル・ビースト』感想

遊戯王ARC-V120話の感想です。 兄に反逆する妹、瑠璃とのデュエルに打ち勝った隼。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重武者装留(ちょうじゅうむしゃそうる)チュウサイ

ビッグベンーKが一気に出しやすく   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:フレシアの蟲惑魔(こわくま)

とうとうディメンション・オブ・カオスのフラゲ情報が出たみたいですね。 今回紹介するのはそんなデ

記事を読む

FNo.(フューチャーナンバーズ)0 未来皇ホープ-フューチャー・スラッシュ:遊戯王カード考察

墓地にナンバーズを溜めて一気に勝負を決めろ!   2月24日にザ・ヴァリュアブ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)モモンカーペット

史上初となるペンデュラムのリバースモンスター!   昨日のアークファイブは残念

記事を読む

遊戯王アークファイブ第135話『揺れ動く次元』感想

遊戯王ARC-V135話の感想です。 頼みのダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンを奪われて

記事を読む

時械巫女(じかいみこ):遊戯王カード考察  時械神中心でデッキを組む意義が生まれました

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,626,734 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑