遊戯王OCG新カード考察:PSY(サイ)フレーム・オーバーロード

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。

 

 

PSYフレーム・オーバーロード
永続罠
①:1ターンに1度、自分の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「PSYフレーム」モンスター1体を除外し、
フィールドのカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。
そのカードを裏側表示で除外する。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「PSYフレーム・オーバーロード」以外の
「PSYフレーム」カード1枚を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

 

 

新しく判明したPSYフレーム用の永続罠カードです。

永続罠としての効果と墓地に送られた後に使える効果をそれぞれ持っています。

 

 

①の効果はⅠターンに1度手札か自分フィールドのPSYフレームモンスターを除外し、

フィールドのカードを裏側で除外するというものです。

この裏側で除外するというのはかなり珍しい効果であり、

通常の表側の除外と違い除外をトリガーに発動する効果を許さない他、

闇次元の解放のような除外されているカードを対象にする効果の発動も

モンスターのみを対象にしているようなものは発動を許しません。

除去としては表側の除外より数段強力であり、再利用は非常に難しくなっています。

コストとして手札かフィールドのPSYフレームを要求されますが

PSYフレームギアは相手依存で発動する性質上、相手のデッキやプレイングによっては

腐ってしまう、もしくは有効に機能しない場合も出てきます。

そういったPSYフレームギアをコストにするのが無駄がなくていいでしょう。

相手に依存する立ち回りになりやすいPSYフレームにとっては

能動的にフィールドを荒らせる貴重な効果です。

 

 

②の効果は墓地のPSYフレーム・オーバーロードを除外する事で

デッキから同名カード以外のPSYフレームをサーチできる効果です。

墓地に送られたターンには発動できないデメリットこそありますが

動きの軸となるPSYフレーム・サーキットをサーチできる優秀な効果です。

他のPSYフレームもサーチ可能ですが情報アドバンテージを相手に与えてしまい

手札誘発としての奇襲性は損なわれてしまう事は注意しましょう。

それでもPSYフレーム・サーキットを守る為にδをサーチしておくのはオススメです。

サイクロン等ではなくモンスター効果を警戒するのならγになります。

PSYフレームロード・Ωの効果と相性がよく、

②の効果で除外されているこのカードを墓地に戻せば毎ターンサーチが可能です。

 

 

①の効果、②の効果ともにPSYフレームにとって有力な効果ですが、

除外を活用する関係上王宮の鉄壁とは相性が悪いです。

あちらはあちらでPSYフレームにとって有効なカードとなりますので

除外を活用していくかどうかに合わせてデッキ構築を変えるといいでしょう。

 

モモンガ

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

サイコ・フィール・ゾーン

元々PSYフレームと非常に相性のいいカードですが、

PSYフレーム・オーバーロードの①の効果で素材となるカードを

意図的に除外できる為、相手に依存せずにこのカードを活用する事が可能です。

手札に来たPSYフレーム・ドライバーを除外する意義も出てきます。

 

 

サイコパス

800ライフを支払う事で除外されているサイキック族2枚を手札に戻すカードです。

PSYフレーム・オーバーロードの①の効果の為のコストを捻出するのに有効です。

関連記事

遊戯王カード考察:鬼動武者(デストロイ・サムライ) 汎用レベル7シンクロ、戦闘要員担当

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)ドミノバタフライ

除外された風属性を再利用!   ジャンプフェスタ2017にてPREMIUM P

記事を読む

トワイライトロード・ジェネラル ジェイン:遊戯王カード考察

効果を発動した後はエクシーズ素材にどうぞ   今回紹介するのはコード・オブ・ザ

記事を読む

遊戯王カード考察:ファーニマル・オクト

墓地アドバンテージと手札アドバンテージを両方キープ   今回紹介するのはフュー

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバー・ドラゴン・フィーア サイバー流に展開要員が増えました

エイプリルフールです。 ヴレインズの公式サイトではAiがサイトを乗っ取っていたり デュエ

記事を読む

遊戯王カード考察:サイコ・エース  アドバンス召喚用の新たなリリース要員

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:円融魔術(マジカライズ・フュージョン) まあクインテット・マジシャンとセットで

今回紹介するのは2月23日に発売される ザ・ヴァリュアブル・ブック20の付録となるこのカードで

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブービートラップE

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ゲンバ:遊戯王カード考察 回収効果持ちチューナー、影武者とは一長一短

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

究極宝玉陣(きゅうきょくほうぎょくじん):遊戯王カード考察 一気に7体墓地肥やしして融合召喚

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,982,152 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑