遊戯王OCG新カード考察:ゴヨウ・プレデター

公開日: : 最終更新日:2015/09/21 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。

 

 

ゴヨウ・プレデター
シンクロ・効果モンスター
星6/地属性/戦士族/攻2400/守1200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「ゴヨウ・プレデター」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターがプレイヤーに与える戦闘ダメージは半分になる。

 

 

荒ぶる獣の牙もて捕獲せよ!

シンクロ召喚!レベル6!ゴヨウ・プレデター!

 

 

着々とシリーズ化されていっているゴヨウシリーズの1体です。

アークファイブでデュエルチェイサー227がユーゴ戦で使用したシンクロモンスターであり

その効果でユーゴのHSRチャンバライダーをゴヨウしそのまま攻撃させていました。

デメリットなしで奪ったモンスターで立て続けに攻撃できるのはまずいと判断されたのか

OCG化にあたってやや弱体化しています。

 

 

その効果は戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動し、

破壊したモンスターを自分フィールドに特殊召喚する事が可能です。

ゴヨウ・ガーディアンやゴヨウ・チェイサーを意識しているモンスター奪取効果ですが

攻撃表示で特殊召喚でき、さらに攻撃力も半減させない為、連続攻撃を狙う場合、

その2つのカードよりも優れた性能を発揮します。

アニメ版だとデメリットが無かったのですがさすがに1キル性能が高いと判断されたのか

プレイヤーに与えるダメージが半減されるデメリットが追加されています。

それでも状況次第では相手のモンスターも殲滅できる為、非常に優秀な効果と言えます。

破壊したモンスターを墓地へ送る必要がある為、マクロコスモスが発動している状況や

ペンデュラムモンスターを奪取する事は出来ない点には留意しておきましょう。

 

 

禁止カードであるゴヨウ・ガーディアンを調整したようなカードであり

同じレベル6の汎用シンクロでありながら攻撃力が2800から2400と低下しています。

戦闘破壊する事で効果を発動するカードである為この攻撃力低下はかなりの痛手です。

しかしゴヨウしたモンスターを攻撃表示で特殊召喚できる為、

ゴヨウ・ガーディアンの完全な劣化とは言えない性能となっています。

連続検挙記録を更新するのに十分な性能を秘めたカードであり

相手のモンスターを奪取できる状況であるなら召喚する価値が非常に高く、

汎用のレベル6シンクロの中でも有力な選択肢となる1枚と言えるでしょう。

相手のモンスターをどんどんゴヨウして昇進を狙っていきましょう!

 

 

ゴヨウ・ガーディアン

とうとうゴヨウ・ガーディアンの後釜とも言えるカードがでてしまいました。

これによりゴヨウ・ガーディアンの復帰はさらに厳しいものとなったと言えます。

でも最近は禁止カードがリメイクされて復帰するケースもあるので

ゴヨウ・ガーディアンもリメイクされて復活する可能性もあります。

チューナーにジュッテ・ナイトが指定されたりすれば大丈夫なんじゃないでしょうか。

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

収縮

モンスターの攻撃力を半分にする、いわずと知れた戦闘補助の速攻魔法です。

戦闘破壊で効果を発揮するゴヨウ・プレデターには特に重宝するカードです。

また2400という攻撃力は大型モンスター相手には届かない事も多く、

そういったモンスターから攻撃されてしまうケースも少なくないでしょう。

コンバットトリックによって返り討ちにすればやはりゴヨウする事が可能です。

収縮の代わりに禁じられた聖槍を使うのもいいでしょう。

 

 

メンタル・カウンセラー リリー

シンクロ素材となった時に500ライフを払う事で

シンクロモンスターの攻撃力をそのターン1000上げる事が出来るカードです。

ゴヨウ・プレデターの攻撃力が3400にまで上昇する為、

相手のモンスターをゴヨウできる範囲が大幅に広がります。

クレーンクレーンで蘇生すればそのままプレデターのシンクロ召喚に繋げられます。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:メタモル・クレイ・フォートレス

連続攻撃を決めろ!   今回紹介するのはTHE DARK SIDE OF DI

記事を読む

遊戯王アークファイブ第140話『魂のペンデュラム』感想

遊戯王ARC-V140話の感想です。 沢渡とクロウも倒され零王も倒され 沢渡からペンダン

記事を読む

遊戯王OCG:2017年4月の制限改定を個人的に予想してみる

3月になりました。今月でアークファイブが終わり 来月には新番組、遊戯王ヴレインズが放送開始され

記事を読む

切れぎみ隊長:遊戯王カード考察

隊長おこなの?   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:波紋のバリア -ウェーブ・フォース-

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械要塞(アンティーク・ギアフォートレス)

アンティーク・ギアの耐性を大きく強化!   今回紹介するのはストラクチャーデッ

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:不知火(しらぬい)

ブレイカーズ・オブ・シャドウのカードも結構判明してきましたね。 今回紹介するのは和風テーマ、不

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラディッシュ・ホース

脳筋型エンタメイトのダークホース!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

星遺物(せいいぶつ)を巡る戦い:遊戯王カード考察  ほぼ亜空間物質転送装置の上位互換です

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

炎王獣 ガネーシャ:遊戯王カード考察  強い事しか書いてない至れり尽くせりの1枚

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,629,071 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑