遊戯王OCG新カード考察:PSYフレームギア・β、PSYフレームギア・δ、PSYフレームギア・ε

ハイスピード・ライダーズの発売も近づいてきましたね。

既に収録カードリストが判明した模様です。

今回紹介するのはこのカードです。

 

 

 

PSYフレームギア・β
特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星1/光属性/サイキック族/攻 700/守   0
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
①:自分フィールドにモンスターが存在せず、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の
「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、
その攻撃モンスターを破壊する。
その後、バトルフェイズを終了する。
この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。

 

 

PSYフレームギア・δ
特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星2/光属性/サイキック族/攻1200/守   0
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
①:自分フィールドにモンスターが存在せず、
相手の魔法カードが発動した時に発動できる。
手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の
「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、
その発動を無効にし破壊する。
この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。

 

 

PSYフレームギア・ε
特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星2/光属性/サイキック族/攻1500/守   0
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
①:自分フィールドにモンスターが存在せず、
相手の罠カードが発動した時に発動できる。
手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の
「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、
その発動を無効にし破壊する。
この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。

 

 

新しく判明したPSYフレームのモンスター三種です。

3枚とも共通する部分が多いカードである為まとめて紹介させていただきます。

既に判明していたPSYフレームギアα、γと同じくチューナーモンスターであり

自分フィールドにモンスターが存在しない時、そして相手が特定の行動をした時に

PSYフレーム・ドライバーと共に特殊召喚が可能です。

レベルも1か2でありPSYフレームロード・Ζ、Ωに繋げる事を想定されています。

それぞれβは相手の攻撃宣言を条件にそのモンスターを破壊しバトルフェイズを終了、

δは相手の魔法カードの発動を条件にその魔法カードの発動を無効、

εは相手の罠カードの発動を条件にその罠カードの発動を無効にする効果があり

αとγの穴を見事に埋め合わせする発動条件を備えています。

5枚とも手札にある状態ならば相手の行動の大半を封じる事が可能であり、

PSYフレームの制圧力を大幅に高める事が可能です。

たとえ手札に揃っていない状態であっても相手は警戒する事になるでしょう。

 

 

この中で個人的に特に注目しているのはPSYフレームギア・δです。

相手ターンに特殊召喚する場合、PSYフレーム・サーキットや王宮の鉄壁が無ければ

除外されてしまう為、出来るだけそれらを維持したい所ですが

当然相手もそれらのカードを除去しようとしてくるでしょう。

魔法カードを無効化するδはそれらのカードを維持するのに重要になってきます。

また相手のペンデュラムを妨害できる点も美味しい点です。

 

 

PSYフレームギア・εは意外と使い所に困りそうです。

他のPSYフレームギアは発動条件的に相手ターンに特殊召喚する事が多くなる、

つまりPSYフレーム・サーキットや王宮の鉄壁が無ければ除外しやすいのに対し

εは罠カードの発動をトリガーにする為、自分ターンに特殊召喚する機会もあるでしょう。

これはPSYフレーム・サーキット等が無くてもシンクロ召喚に繋げ易い事を意味します。

ただ「自分フィールドにモンスターが存在せず」という発動条件がかなり厄介で

奈落の落とし穴や激流葬といったこちらのモンスターを除去してくる手段には発動できません。

ちなみにこっそりと最高攻撃力のレベル2モンスターだったりします。

念動収集機で3体蘇生した後にジャンク・ウォリアーを呼び出すのもありかもしれません。

 

 

 

PSYフレームギアβは単純な手札誘発の防御カードとしてみても中々優秀です。

バトルフェイズを終了する上に相手モンスターを破壊というのはかなり強力であり

PSYフレーム・ドライバーが必要な事、エンドフェイズに除外される事を顧みても優秀です。

PSYフレーム・ドライバーを単体で出張させているデッキなどに

このカードも一緒に出張させてみるのもいいでしょう。

王宮の鉄壁を採用しているデッキならばさらに活躍が期待できます。

 

 

この3つのカードが登場した事でPSYフレームの隙がぐっと少なくなりました。

相手の動きに依存するのは変わりませんが厄介なテーマなのは間違いないでしょう。

 

サイコフレーム

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

獄落鳥

PSYフレームというテーマはPSYフレーム・ドライバーを除き、

メインデッキに入るモンスターがチューナーばかりである為、

獄落鳥の効果を非常に活かしやすいです。

PSYフレームギアは通常召喚が不可能な為、

墓地に落とせさえすればリビングデッドの呼び声等を併用しやすいでしょう。

関連記事

やりすぎた埋葬:遊戯王カード考察  調整版早すぎた埋葬、手札コストをどう用意するか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:キメラテック・メガフリート・ドラゴン サイバー・ドラゴンの除去性能さらにアップ

とうとうこのブログの総アクセス数が500万行きました! 皆さんありがとうございます。 今

記事を読む

遊戯王カード考察:滅びの呪文-デス・アルテマ

対象を選ばない裏側表示の除外!ブラフとしても使える!   今回紹介するのは20

記事を読む

ドラコネット、ビットロン:遊戯王カード考察

ローレベル通常モンスターの大きなサポート!   今回紹介するのはスターターデッ

記事を読む

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)67 パラダイスマッシャー サイコロが割れて7だとぉ!

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ雑記:ランサーズをセレナちゃん主役の乙女ゲー風に紹介

注意:今回は考察ではなく雑記です。しかもわりと頭悪い内容です。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:銀河眼の光波刃竜(ギャラクシーアイズ・サイファー・ブレード・ドラゴン)

シンプルだからこそ強い!   7月21日に発売されるVジャンプ号に 歴代

記事を読む

遊戯王OCG,ストラクチャーデッキR-機械竜叛乱-と一緒に揃えておきたいカードは?

ストラクチャーデッキR-機械竜叛乱-がいよいよ9月24日に発売されます。 そして収録カードも判

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:琰魔竜(えんまりゅう)レッド・デーモン・ベリアル

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

Comment

  1. ユーゴ次元 より:

    サイコ・フィール・ゾーンは必須と聞きました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,411,840 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑