遊戯王OCG新カード考察:ミラー・リゾネーター

遊戯王OCGラボでハイスピード・ライダーズのカードをメインに使用した

【スピードロイド】VS【レッド・デーモン】のデュエルが行われました。

その中で新しく判明したカードもあるので今回はその中から紹介をします。

 

 

 

ミラー・リゾネーター
チューナー・効果モンスター
星1/光属性/悪魔族/攻   0/守   0
「ミラー・リゾネーター」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在し、
エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドにのみ存在する場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
②:1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードはこのターンにS素材とする場合、対象のモンスターの元々のレベルと同じレベルとして扱う。

 

 

 

どんどん追加されていく新しいリゾネーターの1枚です。

ジャック・アトラスが遊星戦で使用したカードでありターボ・ウォリアーのレベルをコピーして

クリムゾン・ブレーダーのシンクロ召喚に繋げました。

OCG化の際にいくつか制約やデメリットが付加されましたが

総合的には使いやすく調整されていると思います。

 

 

①の効果は相手フィールドにのみエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターがいる時

手札、墓地からミラー・リゾネーターを特殊召喚できるというものです。

この際フィールドから離れた場合に除外されるデメリットが発生します。

また1ターンに1度しか使用できない為、一気に大量召喚という事は出来ません。

アニメでは墓地から特殊召喚できなかった代わりに除外するデメリットはありませんでした。

現状エクストラデッキからの特殊召喚を行わないデッキはあまり存在せず、

発動条件を満たす状況は多く、比較的安定して特殊召喚できるでしょう。

ただし帝や妖仙獣を相手にする場合などは発動できない事を覚悟する必要があります。

また影依融合や煉獄の虚夢などこのカードと同じように

相手のみエクストラデッキからのモンスターがいる事を参照するカードがあり

そういったカードの対策をしている相手の場合、

エクストラデッキからのモンスターを残さないプレイングをされる可能性もあります。

 

 

②の効果は1ターンに1度、シンクロ素材にする場合に

相手フィールドの表側表示のモンスターのレベルをコピーできるというものです。

アニメではそのままコピーした相手のレベルになる効果でしたが

OCGではシンクロ素材になる時に限定され、エクシーズ等には使えなくなりました。

リゾネーターの中では最も高いレベルのシンクロ素材になれる可能性があり、

相手次第ではありますが高レベルのシンクロ召喚を狙う事も可能になります。

しかし相手のレベルに合わせたシンクロ召喚を狙おうとした場合

それに合わせたエクストラデッキの選出も必要になってくる為、

あまりエクストラデッキの枠に余裕が無いデッキでは厳しいかもしれません。

 

 

シンクローン・リゾネーターと同じくレベル1のチューナーの中でも

比較的緩い条件で手札から特殊召喚できる貴重なカードの1枚です。

フォーミュラ・シンクロン等レベル2のシンクロを出すのに重宝するでしょう。

特にこちらは墓地からも特殊召喚ができる点、エクシーズ素材にしてしまえば

除外もされない為、シンクロ召喚を扱うデッキだけでなく

ランク1のエクシーズ召喚をメインとするデッキにも嬉しいカードです。

黄泉ガエルと合わせれば手札消費0でランク1のエクシーズが狙える事になります。

自分の愛用するデッキの1つに【ゴストリ帝】があり、

個人的には是非そちらで採用したいカードだったりします。

 

 

①、②の効果ともに相手に依存する効果な為、よくも悪くも相手次第のカードです。

ある意味とっても「鏡」らしいカードと言えるでしょう。

 

ジャック2

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

王宮の鉄壁

ミラー・リゾネーターの①の効果を使った後の除外を防げるカードです。

毎ターン繰り返しシンクロ素材にする事が可能となります。

アドバンス召喚の生贄などにも積極的に利用できるようになるでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:半魔導帯域

ミドル・シールド・ガードナー「君達!やめたまへ!」   今回紹介するのはザ・ダ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:トルクチューン・ギア

チューナーのユニオン登場!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノム

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:デストーイ・マーチ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:デストーイ・サーベル・タイガー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG,2016年1月の制限改定を個人的に予想してみる

とうとう今年もあと1ヶ月となりました。 来年の1月には新しいリミットレギュレーションが出ます。

記事を読む

素早いビーバー:遊戯王カード考察 召喚するだけでランク2が、属性と種族も都合よし

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

トワイライトロード・シャーマン ルミナス:遊戯王カード考察  ライトロードに新しい展開手段が増えました

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重輝将(ちょうじゅうきしょう)ヒス-E(イー)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

魔界台本「魔界の宴咜女(えんため)」:遊戯王カード考察  絶対に破壊しちゃいけない類のカードです

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

Comment

  1. フューゴ より:

    個人的には、コナミが意地でも効果モンスターに「このモンスターはx素材にできない」の制約を作るつもりはないらしい…とわかった。

    竜戦士みたいにほかの召喚方を巻き込むものは別

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

燃え竹光(もえたけみつ):遊戯王カード考察 これから毎ターンメインフェイズ1スキップしようぜ

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,473,435 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑