遊戯王OCG新カード考察:琰魔竜王(えんまりゅうおう)レッド・デーモン・カラミティ

今回紹介するのはVジャンプ10月号の付録カードであるこのカードです。

 

 

えん魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ
シンクロ・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守3500
チューナー2体+チューナー以外のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体
①:このカードがS召喚に成功した時に発動できる。
このターン相手はフィールドで発動する効果を発動できない。
この発動に対して、相手はカードの効果を発動できない。
②:このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
③:このカードが相手によって破壊された場合、
自分の墓地のレベル8以下のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

孤高の絶対破壊神よ!!神域より舞い降り終焉をもたらせ!!
琰魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ!!

 

 

レッド・デーモン、レッド・デーモン・アビス、レッド・デーモン・ベリアルと

進化を重ね続けてきた琰魔竜レッド・デーモンの最終形態です。

なんとなくドラゴンというよりは悪魔の姿に近い姿形となっています。

漫画版5D’sでジャック・アトラスが対遊星で使用したカードであり

レッド・デーモン・ベリアルでチューナー2体を蘇生させてダブルチューニングしました。

レベルや召喚条件からスカーレッド・ノヴァ・ドラゴンを強く意識したカードと言えます。

 

 

スカーレッド・ノヴァ・ドラゴンと召喚条件が似ていますがチューナー以外のモンスターが

レッド・デーモンズ・ドラゴンに限定されていない為いくらか融通が利くようになっています。

漫画のようにレッド・デーモン・ベリアルからチューナー2体を蘇生させてもいいですし

チェーン・リゾネーターをを利用してもいいでしょう。

 

 

①の効果はシンクロ召喚に成功したターン、相手はフィールドで発動する効果を発動できず、

さらにこの効果の発動に対してチェーンを出来なくする効果です。

これにより召喚に成功さえすればそのターンは奈落の落とし穴や強制脱出装置など

数多くの除去手段に耐性を持ち、4000という攻撃力を存分に発揮しやすくなるでしょう。

しかしカラミティを出す前に激流葬などで先手を撃たれた場合には無力なので注意です。

 

 

②の効果は戦闘でモンスターを破壊した時にその攻撃力分のダメージを与えるものです。

攻撃表示のモンスターを戦闘破壊する事が出来れば相手の攻撃力が上がっていない限り

4000という大ダメージを与える事が可能です。

守備表示のモンスターに攻撃する場合もそれなりのダメージを与える事が出来るでしょう。

 

 

 

③の効果は相手によって破壊された場合に

自分の墓地のレベル8以下のドラゴン族・闇属性シンクロモンスター1体を蘇生します。

破壊された時に後続につなげる効果であり、シンクロ素材の関係上

このカードの召喚条件を満たしていれば墓地に蘇生対象はいると思われます。

状況次第では蘇生させたシンクロモンスターから

再びレッド・デーモン・カラミティのシンクロ召喚へ繋げる事も出来るでしょう。

優秀な効果ですが破壊以外の除去が増えてる最近では

あまり効果を活用できる機会は少ないかもしれないのが残念な所です。

 

 

特に蘇生制限などはなく、一度シンクロ召喚してしまえば

レッド・デーモン・ベリアルの効果などで蘇生させる事も可能です。

①の効果は使えませんが②と③の効果は問題なく使える為、

高い攻撃力も相まって蘇生対象としては有力な候補となるでしょう。

 

 

レッド・デーモンの最終形態ですが汎用性の高さで言うならば

進化前であるアビスやベリアルの方が高いといえるでしょう。

しかし①と②の効果がシナジーしており、相手のカードを封じた上で

安定して大ダメージを与える事が可能となっています。

この攻撃が決め手となり相手に終焉をもたらす事も多いでしょう。

かなり殺意の高いモンスターであり相手のライフが4000以下であれば

召喚する価値の非常に高いカードだと思います。

 

フリーザ最終形態

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

巨大化

自分のライフが相手より少ない時限定ですが

レッド・デーモン・カラミティの攻撃力を8000にする事が可能です。

攻撃表示のモンスターを戦闘破壊できればそれで8000ダメージを与える事ができ、

1ターンキルのチャンスを大幅に増やす事が可能になります。

 

 

禁じられた聖槍

レッド・デーモン・カラミティ自体は①の効果に1ターンの間高い耐性を持ちますが

カラミティの素材となるモンスターに対して除去を撃たれるケースは多いでしょう。

奈落の落とし穴や強制脱出装置であれば禁じられた聖槍で守る事が可能です。

その後でカラミティのシンクロ召喚へ繋げれば低下した攻撃力も問題ありません。

激流葬は完全には防げませんがそれでもシンクロモンスターを場に残す事は可能です。

またカラミティの③の効果を発動したい場合の手助けにもなるでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:覚醒の魔導剣士(エンライトメント・パラディン)

帝も随分強くなったなぁとしみじみ思う今日この頃です。 今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第120話『バトル・ビースト』感想

遊戯王ARC-V120話の感想です。 兄に反逆する妹、瑠璃とのデュエルに打ち勝った隼。

記事を読む

オルターガイスト・ヘクスティア:遊戯王カード考察 メインアタッカー兼優秀な繋ぎ要因

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM-光波昇華(ランクアップマジック サイファー・アセンション)

超銀河眼の光波龍を出す為のほぼ必須カード!   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第56話『初陣!ブルーガール』感想

遊戯王ヴレインズ56話の感想です。   前回のあらすじ:わざわざ従者が

記事を読む

【魔導獣(マジックビースト)】遊戯王テーマ考察 ペンデュラム召喚しないペンデュラムテーマ

魔導獣 ケルベロス 2005年のストラクチャーデッキ-魔法使いの裁き-に登場した12年前のカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ペンデュラム・リボーン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:メタルフォーゼ・ミスリエル

これでメタルフォーゼ融合も勢ぞろい   インベイジョン・オブ・ヴェノムの収録カ

記事を読む

遊戯王OCG:自分なりのデッキの組み方について

前回の記事でデッキ枚数に関する話を少しさせていただきました。せっかくなので 今回は実際に自分が

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)キメラフレシア

これで捕食植物も融合デッキだ!   2016年の11月12日に新しいブースター

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,932 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑