東方紺珠伝web体験版が実装、さて今回目玉の完全無欠モードは?

公開日: : ゲーム紹介, 東方

7月31日、待ちに待った東方紺珠伝のweb体験版が配信されました。

今までずっと人聞きだったり動画で見た感想しか言えませんでしたが

これでようやく実体験に基づく感想を言う事が可能になります。

 

 

今回の目玉となるのはミスをしても少し前の地点からやり直しになる完全無欠モードで

どんなにミスしても何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!蘇る事が可能です。

アーケードのSTGではまず出来ない、PCゲームだからこそのシステムです。

この完全無欠モードにより、正式なナンバリングタイトルでありながら

むしろ文花帖やダブルスポイラー、弾幕アマノジャクに近いゲーム性になっていまして

ひたすら死にまくってトライ&エラーするアイワナ形式のゲームとなっています。

その性質上、ボムを使用するタイミングも大きく変わっており、

従来だと「危ないと思った時に安全の為に発動する」という使い方がメインでしたが

今回は「何回も挑戦してどうしても突破できないところで決め撃つ」が基本になるでしょう。

ボムの使用回数もかなり厳しいものになっている感じでしたので

「残しておくのがもったいない」ものから「いざという時まで残す」ものになっています。

 

 

さて自分、「鬼畜難易度でもすぐにやり直しできるトライ&エラーが前提のゲーム」

というものが凄く好きなタイプでして東方はノーマルが限界程度の腕前なのですが

文花帖、ダブルスポイラー共に全部習得しており弾幕アマノジャクにいたっては

オールクリアだけでなく花火曼荼羅の称号を獲得しております。

まあつまり何が言いたいかというと完全無敵モード、脳汁出るほど好きです。

もうあらゆるシューティングゲームにこのモード実装してもらいたいくらい。

自分と同じくトライ&エラーが好きという方には紺珠伝は是非オススメです。

 

 

そして今回のゲーム難易度は完全無欠モードが前提となっていまして、

やり直し放題なのをいい事に敵の攻撃もそれはもうすんごい事になってます。

完全無欠モードの他に従来と同じ残機制のレガシーモードが存在するのですが

今回レガシーモードは上級者向けのモードと思いっきり明言されています。

特に難易度ルナティックのレガシーモードは大分おかしい事になっており

ZUNさん自身が狂気の沙汰みたいな事を呟いていた記憶があります。

月の勢力マジ半端ないです。

 

 

ちなみに自分はノーマルをまあ十数回ほどミスをしながらもクリアして、

さあ次はハードだと意気込んでみたら200回は死にました。

体験版の時点でこれですから製品版だとはたしてどれくらい死ぬ事になるのか・・・

まあ今までは体験版でもハードクリアできなかったぐらいの実力でも

頑張ればクリアできるこのモードはやはり自分の性にあっています。

この完全無欠モード、一度ミスする度にショットのパワーが0.01だけ減ります。

この程度の減少は本当に微々たるもの・・・のはずなんですが

何十回も死んでるとわりと馬鹿にならない減少量になってきますので注意を。

実際に何十回も死ぬのはこのゲームだと普通の事だと思うので

 

 

紺珠伝の製品版の発売も近づいてきましたね。待ち遠しい所です。

関連記事

東方深秘録:CPU戦の勝利時の台詞を一部抜粋 そのさん

今回の対戦バランス、どうなんしょうか? 魔理沙と霊夢がやばいって感じはちらほら伝わってきますが

記事を読む

雑記:MHXXにおける弓エリアルスタイルについて追記(重射の補正や無敵時間、ジャンプ近接攻撃について)

前回エリアル弓についての記事を書いたのですが あれ以降もエリアル弓を使い続けてかなり使用頻度が

記事を読む

聖白蓮がはっちゃけすぎてる件:東方深秘録ネタバレ

とりあえず東方深秘録が委託販売される15日ぐらいまでは ネタバレ注意って書いておこうかなって思

記事を読む

東方深秘録:CPU戦の勝利時の台詞を一部抜粋 そのろく

ニコニコ動画にも勝利台詞のまとめが挙がりましたね。 勝利台詞のピックアップも多分今回で最後にな

記事を読む

神子のオカルト技の格ゲーとしての斬新な仕様:東方深秘録ネタバレ

東方深秘録の製品版が出た事で様々な情報が出ました。 というわけで今回もネタバレ話です、駄目な人

記事を読む

「東方憑依華 ~ Antinomy of Common Flowers.」製品版発売、新キャラクターも判明(ネタバレ注意)

12月29日東方憑依華が発売されました。 自分はSteamで買おうと考えています。

記事を読む

東方鈴奈庵第48話『本居小鈴の葛藤』感想

鈴奈庵48話の感想です。 久々にサブタイトルに前後編がついていません。  

記事を読む

動画紹介:ロックマンもできるMUGENの可能性

恐らく多くの人は「MUGENとは何か?」と聞かれた場合、 「何でもありな格闘ゲーム」って思って

記事を読む

東方鈴奈庵第47話『稗田阿求の哲学:後編』感想

鈴奈庵47話の感想です。 扉絵は雪が積もる中での小鈴と阿求です。   &

記事を読む

東方鈴奈庵第52話『八雲紫の安寧(前編)』感想

東方鈴奈庵52話の感想です。       春で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:天融星(てんゆうせい)カイキ 何度も自己再生して何度も融合召喚

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

遊戯王カード考察:アイアンドロー 機械族デッキの新たなドローソース

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

遊戯王カード考察:地翔星(ちしょうせい)ハヤテ、天昇星(てんしょうせい)テンマ

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

遊戯王カード考察:ヴァレルガード・ドラゴン リバースモンスターと組み合わせてみる?

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

遊戯王カード考察:ブラック・バード・クローズ んもー、クロウ君ってばすぐ手札から罠発動する

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこ

→もっと見る

    • 5,349,272 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑