東方紺珠伝web体験版が実装、さて今回目玉の完全無欠モードは?

公開日: : ゲーム紹介, 東方

7月31日、待ちに待った東方紺珠伝のweb体験版が配信されました。

今までずっと人聞きだったり動画で見た感想しか言えませんでしたが

これでようやく実体験に基づく感想を言う事が可能になります。

 

 

今回の目玉となるのはミスをしても少し前の地点からやり直しになる完全無欠モードで

どんなにミスしても何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!蘇る事が可能です。

アーケードのSTGではまず出来ない、PCゲームだからこそのシステムです。

この完全無欠モードにより、正式なナンバリングタイトルでありながら

むしろ文花帖やダブルスポイラー、弾幕アマノジャクに近いゲーム性になっていまして

ひたすら死にまくってトライ&エラーするアイワナ形式のゲームとなっています。

その性質上、ボムを使用するタイミングも大きく変わっており、

従来だと「危ないと思った時に安全の為に発動する」という使い方がメインでしたが

今回は「何回も挑戦してどうしても突破できないところで決め撃つ」が基本になるでしょう。

ボムの使用回数もかなり厳しいものになっている感じでしたので

「残しておくのがもったいない」ものから「いざという時まで残す」ものになっています。

 

 

さて自分、「鬼畜難易度でもすぐにやり直しできるトライ&エラーが前提のゲーム」

というものが凄く好きなタイプでして東方はノーマルが限界程度の腕前なのですが

文花帖、ダブルスポイラー共に全部習得しており弾幕アマノジャクにいたっては

オールクリアだけでなく花火曼荼羅の称号を獲得しております。

まあつまり何が言いたいかというと完全無敵モード、脳汁出るほど好きです。

もうあらゆるシューティングゲームにこのモード実装してもらいたいくらい。

自分と同じくトライ&エラーが好きという方には紺珠伝は是非オススメです。

 

 

そして今回のゲーム難易度は完全無欠モードが前提となっていまして、

やり直し放題なのをいい事に敵の攻撃もそれはもうすんごい事になってます。

完全無欠モードの他に従来と同じ残機制のレガシーモードが存在するのですが

今回レガシーモードは上級者向けのモードと思いっきり明言されています。

特に難易度ルナティックのレガシーモードは大分おかしい事になっており

ZUNさん自身が狂気の沙汰みたいな事を呟いていた記憶があります。

月の勢力マジ半端ないです。

 

 

ちなみに自分はノーマルをまあ十数回ほどミスをしながらもクリアして、

さあ次はハードだと意気込んでみたら200回は死にました。

体験版の時点でこれですから製品版だとはたしてどれくらい死ぬ事になるのか・・・

まあ今までは体験版でもハードクリアできなかったぐらいの実力でも

頑張ればクリアできるこのモードはやはり自分の性にあっています。

この完全無欠モード、一度ミスする度にショットのパワーが0.01だけ減ります。

この程度の減少は本当に微々たるもの・・・のはずなんですが

何十回も死んでるとわりと馬鹿にならない減少量になってきますので注意を。

実際に何十回も死ぬのはこのゲームだと普通の事だと思うので

 

 

紺珠伝の製品版の発売も近づいてきましたね。待ち遠しい所です。

関連記事

東方は男性向けよりは女性向け寄りの作品?

東方projectの製作者、ZUNこと太田順也さんは少女漫画家である竹本泉氏のファンであり、

記事を読む

聖白蓮がはっちゃけすぎてる件:東方深秘録ネタバレ

とりあえず東方深秘録が委託販売される15日ぐらいまでは ネタバレ注意って書いておこうかなって思

記事を読む

東方鈴奈庵第29話『河童のグリモワール(後編)』感想

今回の表紙絵はにとりでした。 今回は河童の好物に関するお話のようです。 河童の好物といっ

記事を読む

東方鈴奈庵第49話『本居小鈴の葛藤(後編)』感想

鈴奈庵49話の感想です。 前回は前編と書かれていなかったのですが普通に前後編でしたね。

記事を読む

東方外来韋編(とうほうがいらいいへん)発売!東方香霖堂の復活や色々と興味深い新事実も・・・

9月30日に東方projectの公式マガジンとなる東方外来韋編・壱が発売されました。 壱という

記事を読む

東方鈴奈庵第28話『河童のグリモワール(前編)』感想

というわけでコンプエース読んでまいりました。 表紙絵には何やらフードを被った謎の人物がいます。

記事を読む

東方鈴奈庵第35話『誰がデマゴギーを広めるのか 後編』感想

東方鈴奈庵35話の感想です。 表紙には寝巻き姿の小鈴ちゃんが見えます。 結構小奇麗な寝巻

記事を読む

東方鈴奈庵第32話『真実の支配者 前編』感想

今回のコンプエースは特典で書き下ろしのロングポスターがついています。 特に小鈴と魔理沙が目立っ

記事を読む

東方深秘録最新情報:藤原妹紅、少名針妙丸参戦

東方深秘録公式ページ   黄昏フロンティアの最新作、東方深秘録の新キャラが判明

記事を読む

東方深秘録、ネット対戦可能な体験版が配信

というわけで黄昏フロンティアの公式サイトで東方深秘録の 新しい体験版のバージョンがダウンロード

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
亡龍の戦慄(ぼうりゅうのせんりつ)-デストルドー  単純にレベル7チューナーとしても便利な上に自己蘇生効果つき

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

→もっと見る

    • 4,387,303 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑