東方鈴奈庵第30話『牛の首は何処にあるのか 前編』感想

公開日: : 書籍感想, 東方

今回は巻中カラーです。

表紙絵は2ページ見開きとなっていまして仕事中と思われる小鈴の姿、

そして鈴奈庵の入り口に不気味な人影が写っています。

 

お姉さんな小鈴

鈴奈庵で小鈴が子供達に本を読み聞かせています。

恐らく寺小屋の子供達なのでしょうが今回は子狐の姿が見えないですね。

読み聞かせも終わり子供達に手を振って見送っていた小鈴ですが

まだ帰っていなかった子供のカップルに呼び止められます。

このカップル、珍しく目が省略されずに描かれています。

女の子の方は片目が隠れていたりして可愛らしいですね。

 

そのカップルから話を聞くと最近妙な噂が立っているようです。

牛の首をした怪物の話でその話を聞くと怖くて死んでしまうのだとか

しかしもし実際に死んでしまうのならそんな噂が広まるわけないと

小鈴が伝えた所カップルも安心したようで帰っていきました。

この時の小鈴、頼れるお姉さん的な振る舞いをしていましてとても新鮮です。

しかし話を聞いた小鈴本人は気になる所があったようです。

 

 

アンニュイな小鈴

その後魔理沙が鈴奈庵の玄関をまたいできました。すっかり常連なようす。

しかしドアを開けてみると小鈴がぐんにょりしていました。

先ほどカップルから聞いた牛の首の話が気になってしょうがないようです。

魔理沙はそれを聞いている小鈴は死んでいないじゃないかと突っ込みを入れますが

小鈴も先ほどのカップルも牛の首の噂だけでその内容までは知らないのです。

街角で聞かせただけで大量殺戮が出来るような話があるとも考えにくいのですが

それでもやっぱり小鈴と魔理沙は気になってしまうようでした。

 

 

困った時の霊夢さん

こういう時は専門家に話を聞こうというわけでやってきたのは霊夢の元。

鈴奈庵における霊夢はお助けキャラの立ち位置が強いですね

しかし聞くと死んでしまうという事で霊夢は聞くのを拒否します、しょうがないね。

そう、先ほど小鈴は「実際に死んでしまうならそんな噂は広まらない」と

カップルに言いましたがこの幻想郷においてはそんな理屈は通らないのです。

なぜなら西行寺幽々子、蘇我屠自古といった「既に死んでいるもの」

そして藤原妹紅といった「死なないもの」なら問題なく噂を広められるからです。

そういった人物がこの噂を悪用する可能性は十分に考えられます。

霊夢の意見としてはそんな話が実際にあるのは考えにくいのですが、

問題は噂として広まっている事でこのままだと都市伝説化する恐れがあるとの事。

子供達の間でも噂がされている事から既にかなり噂が広まっていると危惧しています。

どうやらまだオカルトボールの影響が残っているみたいです。お菊さん可愛い。

 

 

不幸の手紙

しばらく様子を見ていた霊夢と魔理沙ですが噂はさらに広まっていました。

しかも噂に尾ひれがついておりチェーンメール化しています。

明らかに噂を更に拡大させるように跡付けされた項目であり、

この事から誰かが意図的にこの噂を広めているのでは?

それも噂の詳細は広まっていない事からこの噂によって人を死なせるのではなく

噂を広める事事態が目的なのでは?と推測します。

とにかくこのままでは都市伝説化まったなしです。

 

 

おっさんは見た!

そうしていると近くで何やら騒ぎが発生しました。

腰を抜かしている中年男性の話を聞くと例の牛の頭を見たとの事。

男性は酔っていましたがそれでも幻覚の類ではなかったと主張しています。

うずくまっている人影を見て声をかけ、その人影が振り向いた所

まるで牛の生首を頭に被っているようだった、と男性は証言します。

ちなみに性別についての言及はありませんでした。後ろ姿だったのと

牛の頭に驚いていたのとでそこまで気にかける余裕がなかったのでしょう。

かくして噂が実際に信憑性を帯びるようになってきました。

と、ここで騒ぎを聞きつけた小鈴が事情を聞きにやってきました。

この噂が実際に存在する話になるのか、それとも酔っ払った男のうわ言になるかは

霊夢の立ち回り次第になってくるみたいです。

そして小鈴は牛の首に関する話を見つけたとの事で魔理沙を案内します。

 

 

 

頭だけが牛の怪物、と聞いて真っ先に思い浮かぶのはミノタウロスですね。

ミノタウロスというのはギリシャ神話に出てくる牛頭人身の怪物で

牛と人間の女性との間になんやかんやあって生まれてきた存在です。

正確にはミーノータウロスと言うみたいです。

 

また日本の妖怪にも牛頭(ごず)というのが存在します。

馬頭(めず)とセットで扱われる妖怪で地獄の獄卒としての存在が有名です。

関連記事

東方鈴奈庵第44話『紫色の日は外出を控えましょう:前編』感想

東方鈴奈庵44話の感想です。 扉絵は傘を持った外出仕様小鈴ちゃんです。  

記事を読む

東方は男性向けよりは女性向け寄りの作品?

東方projectの製作者、ZUNこと太田順也さんは少女漫画家である竹本泉氏のファンであり、

記事を読む

「東方天空璋(とうほうてんくうしょう) ~ Hidden Star in Four Seasons.」:東方新作タイトル発表、東方初の褐色キャラが・・・

東方Project第16弾となるシューティングゲーム新作が 夏コミの発売に向けて鋭意開発中であ

記事を読む

動画紹介:どういうことだ!? 説明しろギラグ!!

かつて、あの重々しき歌に送られた戦士たち。 故国を守る誇りを厚い拳に包んだ反骨の闘士の、ここは墓場

記事を読む

東方鈴奈庵第40話『これも全て妖怪の仕業なのか 前編』感想

東方鈴奈庵40話の感想です。 小鈴ちゃんがツケヒゲつけてコスプレをしています。 今回の話

記事を読む

東方鈴奈庵第34話『誰がデマゴギーを広めるのか 前編』感想

東方鈴奈庵34話の感想です。 付録のポスターがでかいと評判みたいですね。  

記事を読む

東方Project新作 『東方紺珠伝 ~ Legacy of Lunatic Kingdom.』発表

東方Project15作目の新作が発表されましたね。   「東方紺珠伝 ~ L

記事を読む

東方鈴奈庵第41話『これも全て妖怪の仕業なのか 後編』感想

東方鈴奈庵41話の感想です。 今回の表紙は小説を執筆している阿求とそれを見ている小鈴。

記事を読む

「東方天空璋~ Hidden Star in Four Seasons.」体験版公開、割と有名どころな妖怪が出てきてます(ネタバレ注意)

5月7日、第14回例大祭において 東方天空璋(とうほうてんくうしょう)の体験版が先行配布されま

記事を読む

東方深秘録:CPU戦の勝利時の台詞を一部抜粋 そのご

深秘録、かなりの位置取りゲーですね。 分かってる相手は本当にこちらの攻撃範囲の死角をしっかりと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:天融星(てんゆうせい)カイキ 何度も自己再生して何度も融合召喚

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

遊戯王カード考察:アイアンドロー 機械族デッキの新たなドローソース

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

遊戯王カード考察:地翔星(ちしょうせい)ハヤテ、天昇星(てんしょうせい)テンマ

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

遊戯王カード考察:ヴァレルガード・ドラゴン リバースモンスターと組み合わせてみる?

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

遊戯王カード考察:ブラック・バード・クローズ んもー、クロウ君ってばすぐ手札から罠発動する

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこ

→もっと見る

    • 5,349,307 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑