遊戯王OCG新カード考察:昇竜剣士マジェスターP(パラディン)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。

 

 

 

昇竜剣士マジェスターP
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/風属性/ドラゴン族/攻1850/守2000
レベル4のPモンスター×2
①:このカードがX召喚に成功した時に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、デッキからPモンスター1体を手札に加える。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のエクストラデッキから表側表示の「竜剣士」Pモンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはX召喚の素材にできない。

 

 

 

待望とも言える竜剣士のエクシーズモンスターです。

爆竜剣士イグニスターPがイグナイトを関連性を持たせているのに対し

こちらはマジェスペクターと関連性を持たせています。

竜剣士ラスターPがマジェスペクター・ユニコーンに騎乗した感じのイラストをしています。

あちらが「プロミネンス」だったのに対しこちらは「パラディン」の称号を得ています。

 

 

①の効果はエクシーズ召喚に成功したターンのエンドフェイズに

デッキからペンデュラムモンスター1体を手札に加える効果です。

タイミングはやや遅いですがエンドフェイズにこのカードがフィールドに残っている必要がなく、

エクシーズ召喚を無効化されない限りデッキにあるどんなペンデュラムでもサーチできます。

非常に優秀な効果といっていいでしょう。

 

 

②の効果は1ターンに一度オーバーレイユニットを1つ消費する事で

エクストラデッキの竜剣士ペンデュラムモンスター1体を特殊召喚する効果です

ただし特殊召喚した竜剣士はエクシーズ召喚の素材にできない制約がつきます。

恐らくは爆竜剣士イグニスターPとセットでの運用を前提にした効果であり

イグニスターPのシンクロ素材にしたラスターPをこの効果で回収し

再びイグニスターPのシンクロ召喚につなげるというデザインをしているのでしょう。

またイグニスターPの②の効果でシンクロ素材に出来ない制約のついたラスターPを

マジェスターPのエクシーズ素材にするというローテーションも出来ています。

 

 

エクシーズ素材がペンデュラムに限定されているエクシーズモンスターです。

既にレベル4のペンデュラムモンスターは相当な数が存在する為、

エクシーズ召喚を狙う事自体は難しくありませんが

素材となったペンデュラムは墓地にいきペンデュラム召喚で出せなくなる為、

エクシーズするタイミング、エクシーズする素材はよく考える必要があります。

とはいえ①のサーチ効果はペンデュラムモンスターをメインとするデッキであれば

とても重宝する効果であり優秀なカードである事は確かです。

逆に墓地に落としたいレベル4のペンデュラムがあるデッキならば

マジェスターPは是非とも採用したい1枚となるでしょう。

 

 

ラスターPの制約により以前より存在が示唆されていたカードです。

今までラスターPから派生できるカードはイグニスターPしか存在しなかった為

ラスターPは本領を発揮する事が出来なかった状態ですが、

このカードが出たおかげでラスターPはぐっと使いやすくなったと言えるでしょう。

・・・出る前から結構活躍していたような気もしますが。

結論:間違いなく強いカードです

 

リュウ

イートーシーサトー セーツーナーサトー コーコロヅヨーサトー

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

昇竜剣士マジェスターPはあまりステータスの高いモンスターではなく、

①の効果もエンドフェイズまで残っている必要はありません。

ドラゴン族である為レダメ召喚の為のコストにしてしまっても大丈夫です。

またエクシーズ素材にして墓地に落としたラスターPを回収したい場合にも

レダメの効果は最適と言えるでしょう。

上手く行けばもう1枚マジェスターPのエクシーズ召喚も狙えます。

関連記事

トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINSのメインキャラクターである

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン

ついに出た!ブラック・マジシャンのリメイクモンスター!   4月9日に新しいパ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マジシャンズ・ナビゲート、イリュージョン・マジック

手札のブラマジを有効利用!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンより

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:レッド・リゾネーター

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:クリボール

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

超重武者(ちょうじゅうむしゃ)コブ-C(シー):遊戯王カード考察  まさかの超重武者専用レベルスティーラー

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

比翼レンリン:遊戯王カード考察  サイバー・ダークの為にあるようなユニオン、それ以外にも相性がいいモンスターも・・・

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッカーパンダ

場に残せば残すほど攻撃力がどんどん上昇!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリ

記事を読む

遊戯王テーマ考察:LL(リリカル・ルスキニア)

DIMENSION BOX LIMITED EDITIONには アークファイブのデュエリストに

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛-五光-(カーディアン ごこう)

カーディアンの切り札、ついに登場!   今回紹介するのはレイジング・テンペスト

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:フレッシュマドルチェ・シスタルト 魔法罠を守る優しいシスター

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前

遊戯王カード考察:トラフィックゴースト 待望の下方向3つの汎用LINK-3

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ザ・マスター・オーガ アタッカーと制圧役どっちも行ける

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:LAN(ラン)フォリンクス 効果なし!その代わり素材指定も一切なし!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

→もっと見る

    • 4,809,724 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑