遊戯王OCG新カード考察:マジェスティックP(ペガサス)、マジェスペクター・フォックス

マジェスペクター、早速大会で成績残したみたいですね。

サーチ能力に関しては圧倒的な性能を持つテーマなので強いのも納得です。

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。

 

 

 

マジェスティックP
フィールド魔法
「マジェスティックP」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの「マジェスペクター」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
②:自分フィールドの魔法使い族・風属性モンスター1体を
リリースしてこの効果を発動できる。
デッキからレベル4以下の「マジェスペクター」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

マジェスペクター用となるフィールド魔法カードです。

マジェスペクター・ユニコーンが翼を生やし、

他のマジェスペクターに加護を与えると思われるイラストです。

 

 

①の効果はマジェスペクター全体の攻撃力、守備力を300ずつ上げる効果です。

上昇量は控えめですがあって嬉しい効果なのは間違いありません。

特にマジェスペクター・ラクーンの守備力が2100に到達する為、

大抵の下級モンスターでは突破できない守備力になるのは大きいでしょう。

マジェスペクター・ユニコーンの攻撃力も2300になり、

アタッカーとしては及第点レベルの攻撃力は確保できます。

 

 

②の効果は1ターンに1度フィールドの魔法使い族・風属性モンスターをリリースし

デッキからレベル4以下のマジェスペクターを特殊召喚できるものです。

やはりマジェスペクター特有のリリースを必要とする効果となっています。

マジェスペクターは特殊召喚をトリガーとしてサーチ能力が使える為、

基本的にリリースした損失分はすぐさま取り戻す事が可能です。

リリースしたマジェスペクターもエクストラデッキに行く為、

ペンデュラム召喚の土台を整えるのに非常に重宝するでしょう。

 

 

うん、やばいカードですねこれ

マジェスペクターにとってはエクストラデッキを肥やしつつ、

デッキから任意のマジェスペクターのサーチ効果を使えるようなものです。

しかもフィールド魔法ですので毎ターン使えるんですから恐ろしいです。

欠点ともいえない欠点ですがこのカード自体はマジェスペクターではない為、

マジェスペクター・キャットやマジェスペクター・クロウの効果でサーチできません。

とはいえこの強力さを見れば当然の処置だと言えるでしょう。

フィールド魔法である為テラ・フォーミングでサーチ可能な為問題は少ないです。

もしこれからマジェスペクターが環境で大暴れした場合、

真っ先に規制されるカードではないかと個人的に思っています。

 

 

 

ついでの形になってしまいますがまだ紹介していなかったマジェスペクターも紹介しておきます。

 

マジェスペクター・フォックス
ペンデュラム・効果モンスター
星4/風属性/魔法使い族/攻1500/守1000
【Pスケール:青2/赤2】
【モンスター効果】
「マジェスペクター・フォックス」の①のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「マジェスペクター」罠カード1枚を手札に加える。
②このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

 

 

最後に判明したマジェスペクターのカードですね。

無数の尻尾に見立てたような黄色い風が渦巻いているのが特徴的です。

恐らくモデルは九尾の狐なのでしょう、有名な妖怪ですね。

 

ペンデュラムスケールはキャットと同じく2であり例によってペンデュラム効果がありません。

丁度メモか何かを書くのに丁度いいスペースが出来上がっていますね。

 

 

モンスター効果も他の下級マジェスペクターと同様にサーチ効果、

そして効果破壊耐性と対象耐性を持ち合わせています。

マジェスペクターがサーチ出来るカードは罠カードであり、

マジェスペクター・テンペストとマジェスペクター・トルネードが該当します。

どちらもモンスターの除去に役立つ強力なカードであり

これらのカードを使う場合は是非採用したいカードとなるでしょう。

 

ドルベ

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

スターライト・ロード

マジェスペクターはペンデュラムテーマでそこにフィールド魔法まで出すのですから

相手としてはハーピィの羽箒などで一掃したい気持ちにかられるでしょう。

そんな気持ちを打ち砕くカードとしてお勧めできます。

関連記事

『タイミングを逃す』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説、キーワードは「時」と「できる」!あと「その後」!

遊戯王に新しく導入されるリンク召喚、そして新マスタールール。 今回のルール変更はあまりにも今ま

記事を読む

遊戯王アークファイブ第79話『覚醒する魔導剣士』感想

遊戯王ARC-V79話の感想です。 素良のファインプレーにより落ち着きを取り戻した遊矢。

記事を読む

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・スカージレット 使いやすい蘇生効果を持つ優等生吸血鬼

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカードです。  

記事を読む

影霊衣の巫女(ネクロスのみこ) エリアル:遊戯王カード考察

ちゃっかり生きてました   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカー

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:花札衛(カーディアン) “閃光の決闘者編”

デュエルとはすなわち人生なり 人生は一度きり 勝つ日もあれば 負ける日もある 負けを恥じず 勝

記事を読む

ペンデュラム・パラドックス:遊戯王カード考察  ペンデュラム召喚しないデッキでも結構有用

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGリンク召喚解説:「リンク・スパイダー」と「ハニーボット」でエクストラデッキから特殊召喚する枠を作ろう

新マスタールールにおける一番の変更点、EXモンスターゾーン。 このエクストラデッキ専用のモンス

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ヒドゥン・ショット

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:イルミラージュ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

副話術士クララ&ルーシカ:遊戯王カード考察 ワンダー・ワンドを始め色々と使い道あります

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ヴァンパイア・スカージレット 使いやすい蘇生効果を持つ優等生吸血鬼

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイアの支配 ライフ払うどころか逆に回復できる万能カウンター罠

本日いよいよデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズの発売です。

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・グリムゾン せっかくだから俺はこの赤の破壊耐性付与を選ぶぜ

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・フロイライン 手札からポンと出てきて3000攻撃力ポンとくれたぜ(ライフコストいるけど)

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第40話『勝利への渇望』感想

遊戯王ヴレインズ40話の感想です。 前回のあらすじ:ミラ

→もっと見る

    • 5,075,091 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑