遊戯王カード考察:無限起動要塞(むげんきどうようさい)メガトンゲイル エクシーズ3体要求する最大級のリンク!

今回紹介するのはデッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズよりこのカードです。

 

 

 

無限起動要塞メガトンゲイル
リンク・効果モンスター
地属性/機械族/攻4000/LINK-3
【リンクマーカー:右/左下/右下】
\ ↑ /
←  

Xモンスター3体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
このカード及びXモンスター以外のモンスターの効果を受けず、
Xモンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。
②:自分の墓地のXモンスター1体と
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その墓地のXモンスターを特殊召喚し、
その相手のカードを下に重ねてX素材とする。
この効果の発動後、
ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは半分になる。

 

 

無限起動における切り札となるLINK-3です。

攻撃力4000とLINK-3のみならず

LINK-4と比較しても最高峰の攻撃力を有しています。

無着色のようなグレーに青のラインが走る2つの大きなショベルが特徴的な重機です。

名前の由来はギリシャ神話に伝わる百の手を持つといわれる巨人、

ヘカトンケイルからだと思われます。

ちなみにカード名は「メガトンイル」ではなく「メガトンイル」なので注意です

自分も最初間違えて覚えてました。

モチーフとなった重機は日立建設が開発、販売した

双腕仕様の重機「ASTACO」だと思われます。

Advanced System for Twin Arm Complicated Operations(双腕複雑操作先進システム)

の略称で同時にザリガニという意味もあります。

主腕と副腕、2つの腕にとりつけたアタッチメントを同時に動かせるのが特徴で

これにより人間でいう所の「両手を使った作業」を実現できるようになっており

「掴みながら切る」「支えながら引っ張る」といった作業が可能です。

だから腕を2つつける必要があったんですね。

またモビルスーツのコックピットのような操縦席が特徴的で

「ガンダム建機」という異名も持っています。

 

 

【リンクマーカー:右/左下/右下】
Xモンスター3体

リンク素材にはなんとエクシーズモンスター3体を指定しています。

数あるLINK-3の中でも特に豪快かつ難易度の高い素材指定と言えるでしょう。

【無限起動】においては1体でリンク召喚可能な無限起動ゴライアス、

そしてそれをリリースして墓地から蘇生の可能な各種無限起動エクシーズを活用する事で

メインモンスターゾーンにエクシーズを並べてリンク召喚が狙えるようになっています。

条件さえ揃えば3体の無限起動モンスターでリンク召喚が可能となりますが

事前準備としてどう墓地にエクシーズを溜めるかが課題となるでしょう。

他のデッキであってもエクシーズを3体並べられるのであればリンク召喚が可能です。

例えばリンクマーカーを確保しつつバハムート・シャークなどでエクシーズ2体を並べ

さらに連鎖召喚を使えばエクシーズ3体を場に揃えられます。

No.59 背反の料理人や炎星皇-チョウライオを一度墓地に送っておき

真炎の爆発で蘇生させるのもいいでしょう。

 

リンクマーカーは斜め下2つと右側に存在します。

EX、メインモンスターゾーンどちらでも有効に活用可能であり、

効果もリンク召喚時に限定されてないので蘇生した場合でも問題なく活躍させられます。

 

 

①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
このカード及びXモンスター以外のモンスターの効果を受けず、
Xモンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。

①の効果はモンスターとして場に存在している間

自身及びエクシーズモンスター以外のモンスター効果を受けず

エクシーズ以外の戦闘では破壊されないという耐性です。

今の環境であればエクシーズの使う割合も比較的少なくなっている為、

この耐性を有効に活かせる相手は多いでしょう。

ただ魔法罠には無力なのと今活躍しているデッキだと

オルフェゴールあたりは積極的にエクシーズを活用してくるので注意です。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:自分の墓地のXモンスター1体と
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その墓地のXモンスターを特殊召喚し、
その相手のカードを下に重ねてX素材とする。
この効果の発動後、
ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは半分になる。

②の効果は1ターンに1度、墓地のエクシーズを特殊召喚しつつ

相手のカード1枚をその特殊召喚したエクシーズの下に重ねて

エクシーズ素材にする蘇生&除去効果です。

効果発動したターン相手の受けるダメージが半分になるデメリットがあるものの、

蘇生と除去という2つ分のアドバンテージを同時に確保できる優秀な効果です。

また素材を持った状態でエクシーズを蘇生させられる点や

エクシーズ素材にするという墓地に送られた場合の効果や

フィールドから離れた場合に発動する効果の発動を許さない除去という点なども

単なる2枚分のアドバンテージに留まらない優秀なポイントです。

蘇生対象となるエクシーズもこのカードのリンク召喚が出来ているのであれば

自然と墓地に存在しているでしょう。

 

 

確かに重いですがそれに見合ったステータスと効果を持つモンスターであり

また特に蘇生に関する制限がなく蘇生からでも効果を活かせるのが特徴です。

1度リンク召喚に成功すれば蘇生カードから

更なる蘇生と除去に繋げつつ耐性持ちの4000打点として活躍できるので

リンク素材の確保と合わせて蘇生手段も用意しておくのがオススメです。

関連記事

【メタファイズ】:遊戯王テーマ考察  タイムラグのある除外トリガーを上手く活用していく新基軸の除外テーマ

9期の頃、アームズ・ドラゴンやホルスの黒炎竜といった懐かしのモンスターが それぞれメタファイズ

記事を読む

遊戯王OCG、2016年4月の制限改定判明!がっつり変更がありました

とうとう2016年4月のリミットレギュレーションが判明しました。 前回3つのカードが規制される

記事を読む

遊戯王カード考察:転生炎獣(サラマングレイト)B(ビート)バイソン 簡単に特殊召喚できるレベル8

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-ソウルバーナー-よりこのカードです。  

記事を読む

幻獣機(げんじゅうき)ライテン:遊戯王カード考察  オライオンを手札から捨てるのに丁度いいカードが来ました

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:冥帝従騎(めいていじゅうき)エイドス

今回紹介するのは真帝王降臨よりこのカードです。     冥帝従

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:グレイドル

ディメンション・オブ・カオスに収録されるカードの中で マジェスペクターに続く新しいテーマが出て

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第29話『クサナギ・レポート』感想

遊戯王ヴレインズ29話の感想です。 ゲノム、バイラ、ファウストの3騎士全てを退けたプレイメーカ

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバネット・フュージョン サイバース族専用融合魔法、サーチしやすいのが魅力

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王雑記:アークファイブの改善点を挙げるとしたら

いよいよ2017年も終わりを迎えようとしています。 遊戯王的に2017年は環境を大きく変える新

記事を読む

ハック・ワーム:遊戯王カード考察  条件さえ満たせば複数展開可能!ジェスター・コンフィと一緒にどうぞ

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    【超量】強化にもなってる気がして嬉しいです
    何か見た目も敵ロボっぽいし

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,396,376 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑