遊戯王カード考察:Sin(シン) パラドクスギア Sinの弱点がまた1つ減りました

今回紹介するのはDARK NEOSTORMよりこのカードです。

 

 

 

Sin パラドクスギア
効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻 0/守 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールド魔法カードが表側表示で存在する場合、
このカードをリリースして発動できる。
デッキから「Sin パラレルギア」1体を特殊召喚する。
その後、デッキから「Sin パラドクスギア」以外の
「Sin」モンスター1体を手札に加える。
②:自分の手札の「Sin」モンスターを、
自身の方法で特殊召喚するためにモンスターを除外する場合、
そのモンスターの代わりにフィールド・墓地のこのカードを除外できる。

 

 

SinのSin規となる闇属性機械族のレベル1モンスターです。

全体的なデザインはSinパラレルギアによく似ていますが

歯車が円形ではなく四角の形になっているのが特徴で

背景にも四角の歯車がいくつも描かれています。

一見歪に見え回らないと思われる四角の歯車ですが現実にも存在しており

ちゃんと歯車として機能します。

パラドックスという言葉には劇中でパラドックス本人が発言したように

「一見正しいように見えるものが実は誤り」という意味の他に

「一見間違っているように見えるものが実は正しい」という逆の意味もあります。

このカードは後者としての意味を四角い歯車で表現しているのかもしれません。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールド魔法カードが表側表示で存在する場合、
このカードをリリースして発動できる。
デッキから「Sin パラレルギア」1体を特殊召喚する。
その後、デッキから「Sin パラドクスギア」以外の
「Sin」モンスター1体を手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、フィールド魔法が発動している場合に

このカードをリリースする事でデッキからSinパラレルギアを特殊召喚、

その後デッキから同名カード以外のSinモンスターを手札に加えられます。

Sinパラレルギアは手札のSinとシンクロする効果を持っている為

フィールド魔法さえあればこのカード1枚でシンクロ条件を整えられます。

Sin・パラドクス・ドラゴンのシンクロ召喚は勿論の事

サーチするSinのレベル次第で様々なレベルのシンクロ召喚が狙えます。

時械神祖ヴルガータのシンクロ召喚を狙うのも

仲間のカードを使う感があって中々ロマンがあるでしょう。

【Sin】であればSin・サイバー・エンド・ドラゴンと一緒に出すなりして

エクシーズ召喚に繋げる事でヴルガータの③の効果を抑止するのも狙えます。

 

ちなみにSin・トゥルース・ドラゴンをサーチしつつ

Sin・パラレルギアで自爆特攻する事で

Sin・トゥルース・ドラゴンの特殊召喚も狙えます。

ライフはごっつい減りますが上手くいけば相手のモンスター全破壊も狙えるので

魔法罠が怖くない時などには選択肢として意識しておくのもいいでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分の手札の「Sin」モンスターを、
自身の方法で特殊召喚するためにモンスターを除外する場合、
そのモンスターの代わりにフィールド・墓地のこのカードを除外できる。

②の効果は1ターンに1度、手札のSinを自身の効果で特殊召喚する、

つまりSinの元となったドラゴンを除外する場合に

フィールドか墓地のこのカードを代わりに除外できるというものです。

元のドラゴンを最初からデッキに採用せずとも特殊召喚できるようになるので

特にEXデッキでなくデッキに直接除外対象を投入しておく必要のある

Sinレインボー・ドラゴン、Sin青眼の白龍、Sin真紅眼の黒竜は

この効果により事故率が減り大幅に使い勝手が増します。

逆にカードがあらかじめフィールドか墓地にないと特殊召喚できませんが

Sin Selectorでサーチするなり

Sin Worldで優先的に手札に加えるなりで十分フォロー可能です。

 

 

ちなみにこのカード自体もSin・パラレルギアと一緒にシンクロ素材になれます。

これによりパラレルギアからレベル3のシンクロ召喚も狙えるようなるので

霞鳥クラウソラスあたり入れておくといざという時役立つかもしれません。

 

 

Sin・レインボー・ドラゴンなどは

「先に除外先の方をドローしてしまって損をする」という事故に繋がりましたが

このカードの登場でそれも解消できるようになりました。

フィールド魔法さえあれば1枚でシンクロ召喚が狙えるというのも単純に強く

あらかじめレベル10のシンクロを墓地に送っていれば

Sin・パラドクス・ドラゴンの効果で蘇生する事で

このカード1枚からランク10のエクシーズ召喚も狙えます。

2体のSinをデッキから引っ張ってこれる点は

Sin Selectorの使い勝手を上げてくれる意味もあり

様々な方面でSinをサポートしてくれるカードです。

いやほんとSin強化されてますね。

関連記事

DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー:遊戯王カード考察  相手の妨害に専念する?それとも積極的に攻撃力上げる?

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛-五光-(カーディアン ごこう)

カーディアンの切り札、ついに登場!   今回紹介するのはレイジング・テンペスト

記事を読む

2018年度遊戯王OCG検定テスト、気になった問題の解説など

毎年このぐらいの時期になるとやってくる遊戯王OCG検定。 今年も4月の間行われていました。

記事を読む

調星(ちょうせい)のドラッグスター:遊戯王カード考察  レベル1チューナーとして普通に優秀

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:星遺物(せいいぶつ)への抵抗 上手く相互リンクしてハラキリだ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・デザイア 使いやすい効果から選べます

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGリンク召喚解説:「リンク・スパイダー」と「ハニーボット」でエクストラデッキから特殊召喚する枠を作ろう

新マスタールールにおける一番の変更点、EXモンスターゾーン。 このエクストラデッキ専用のモンス

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:DDD怒濤壊薙王(どとうかいちおう)カエサル・ラグナロク

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第67話『シティの光と影』感想

遊戯王ARC-V67話の感想です。 次回予告からして不穏な気配が全開です。 どんどん評議

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)98 絶望皇ホープレス

これぞ真のアンチホープ!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,282,675 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑