遊戯王アークファイブ第64話『デュエルキング ジャック・アトラス』感想

遊戯王ARC-V64話の感想です。

とうとうジャック・アトラスが登場する回ですね。

個人的には月影と零羅がデュエルする所も早く見たかったりします。

 

 

爆走フェイズ

ユーゴは柚子を載せて道路を駆け抜けていました。

柚子は悲鳴をあげています。やっぱりその座り方危ないと思うの

エキシビションマッチに乗り遅れる所で急いでいるみたいです。

ロジェ長官はそんな2人を補足していましたが今の所見逃すようです。

そんな彼の後ろには屈強な男の影が。

恐らく彼がロジェ長官の切り札的存在なのでしょう。

 

 

 裏切り者のジャック・アトラス

会場ではメリッサが場を盛り上げていました。

トップス・コモンズ共に多くの観客がいます。

皆このエキシビションマッチを、ジャックを楽しみにしているのでしょう。

メリッサも司会を務める大役に「あたしもってるわー」とちょっと本音漏れてました。

一方控え室ではライダースーツに着替えた遊矢がスタンバイをしていました。

表情が曇っています、ここに来る前に仲間達がどこかへ連れて行かれたためです。

評議会の人たちは「デュエルに勝ち続ける限り危害は加えない」と言っていました。

逆に言えば負けたら保障はしないと言っているように解釈できます。

やっぱり善玉には思えませんこいつら。

権現坂と沢渡が遊矢にエールを送る中クロウが遊矢にかけた言葉は

「裏切り者のジャック・アトラスを倒せ」というものでした。

裏切り者・・・はたしてこの言葉が何の意味を持つのでしょうか。

 

気になった遊矢は案内係の少年にジャックの事を聞いてみました。

しかし案内係はちょっと答えにくそうにしています。

一応質問に答えようとしていますがなんとも歯切れの悪いものでした。

どうも少年はジャックの純粋なファンというわけではないようです。

こうなるとますますジャックの事が気になってきますね。

 

 

ユーゴ到着

そして会場にユーゴと柚子がかけつけて来ました。

急いできた事もあってなんとかデュエル前に間に合ったようですね。

ライダースーツ姿の柚子が新鮮です。

恐らくこれもリンが着ていたものを拝借しているのでしょう。

そしていよいよデュエルが始まろうとしています。

会場は溢れんばかりのジャックコールが轟きます。

この事からもジャックがいかに皆から人気を集めているかが分かりますね。

ユーゴも一緒にジャックコールをしています、憧れって言ってましたもんね。

やっぱりというかミーハーな女の子達もたくさんいるようです。

ちょっとあのジャックうちわ欲しいと思いました。

 

 

遊矢をリリース!

しかしそのジャックコールをメリッサが少しの間制しました。

どうやらジャックより先に挑戦者の紹介をするようです。

そして幸運にも選ばれたという紹介で出場する榊遊矢。

いつもつけているゴーグルをヘルメット共に装着して現れます。

14歳がバイクらしきものに堂々と乗るアニメがあるらしい

ちょっと運転危なっかしく見えるんですけど大丈夫なんですかねぇ・・・。

初めてのライディングデュエルにはさすがの遊矢も戸惑いを隠せません。

Dホイールを「こんなの」言ってます。

まあいきなりバイクに乗れっていっても焦りますよね。

柚子は遊矢がこの場にいる事を驚きを隠せません。

そもそもシンクロ次元に来ていた事すら今が初めてしった所でしょうしね。

信じられないといった感じでしたがブレスレットが反応しています。

恐らく遊矢とユーゴが近くにいる為に反応しているのでしょう。

うっかり近寄るとまた別次元に飛ばされそうですね。

感極まって泣いている柚子の横でユーゴは遊矢を「生贄」と称しました。

なんでもこのエキシビションマッチはいつもジャックの力を見せ付ける為、

挑戦者は完膚無きまでに倒されるのが通例となっているのだとか。

 

 

キングのデュエルはエンターテイメントでなくてはならない!

そして遊矢の紹介も終わりとうとうジャック・アトラスの番です。

「キングは1人!この俺だ!」

颯爽と現れて決め台詞を言ってくれました。この台詞も随分と懐かしいです。

もう会場の熱気は最高潮です、まさに皆からのヒーローといった感じです。

そしてジャックは会場に向けてある問いかけをしました。

「俺は何ターンでこの挑戦者を倒すか?」

様々な予測をする観客の中ジャックは3ターンで倒すと宣言します。

相手の見せ場を作った上で叩き潰すという宣言です。

このやり取り、実にエンターテイメントしていますね。

遊矢はクロウからの言葉を引きずっている様子でした。

あまりコンディションはよろしくないようです。

 

 

バイクに乗りながらアクションデュエルだって!?

さていよいよ2人のデュエルが始まる所ですが

ここでメリッサから今回のライディングデュエルはいつもと違うとの宣言

なんとアクションデュエルの要素も取り入れるようです。

しかしメリッサも資料で聞かされただけなのかよく分かっていないようです。

その実態はフィールド魔法「スピード・ワールドーNEO」を発動した上で

さらにアクションフィールド「クロス・オーバー」というものでした。

お互いがフィールド魔法を発動できるようになった新ルールだからこそ出来る事です。

この新しいルールが活かされたのは今回が初めてですね。

オートパイロットでアクションデュエルできるものなんでしょうか。

 

 

第一コーナーを制したものが先行となる!

フィールド魔法も発動した事でデュエル開始です。

デュエル中はオートパイロットになる事を知り遊矢も少し安心した模様です。

そして予告どおりジャック・アトラスが第一コーナーを制し先行を取りました。

あ、そのルール生きてたんですね。

しかし5D’sの頃と違って先行はドローも出来ないしスピードカウンターもありません。

先行の利点が減っちゃっている感じですが後攻選びたい場合ぐだぐだな事になりそうです。

まあそれはともかくジャックのターンです。

ジャックは新カードであるレッド・スプリンターとレッド・リゾネーターを召喚します。

ついに新しいリゾネーターが出て来ましたね。

そしてそのままシンクロモンスター「レッド・ワイバーン」をシンクロ召喚です。

アークファイブのジャックは【レッド】テーマなのでしょうか?

そしてカードを1枚伏せてターン終了です。遊矢に力を見せろと煽ります。

 

 

融合、エクシーズ、そしてペンデュラム

続いて遊矢のターン、いきなり星読みと時読みでペンデュラム・スケールをセッティング、

新カードであるEMトランプガールをはじめ一気に4体をペンデュラム召喚。

最初から全力全開の模様です、手札6枚を全て使いきりました。

そしてここでトランプガールの効果発動、フィールドのペンデュラムモンスターと

融合召喚できるようでそのままペンデュラムドラゴンと融合、

ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴンの融合召喚を果たします。

トランプガール、どのような効果かは詳細は不明ですが相当強力ですねこれ。

そしてさらにダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンもエクシーズ召喚します。

大型モンスターを2体一気に並べました。これには会場もびっくりです。

評議会も様々な召喚を使いこなす遊矢に興味を寄せている様子です。

ジャックだけでなく遊矢にも観客の視線が集まりだしました。

柚子もこのペンデュラム召喚を見て彼が遊矢であると確信を持ちました。

まあ服も違うしヘルメットもしていたので確信が持てなかったのかもしれません。

 

 

遊矢の猛攻

大型のモンスターが2体並んだ所でレッド・ワイバーンの効果が発動します。

レッドワイバーンより攻撃力が高いモンスターが2体以上存在する時、

一番攻撃力の高いモンスターを破壊する効果でルーンアイズを破壊しようとします

しかしここで遊矢がアクションマジック、ミラーバリアを発動、

ルーンアイズの破壊を無効化します。ミラーバリアもすっかり御馴染みですね。

オートパイロットでもアクションカード拾えるんですね、かなり危なそうですが。

初めてのアクションマジックを見た観客の反応はあんまりよくないご様子。

まあ拾ったカードを使えるなんて設定、ズルいと言う人もいますよねそりゃ。

そしてそのままリベリオンドラゴンの効果も発動、

レッド・ワイバーンの攻撃力を半分の半分にしてその分攻撃力を上げます。

ちょっと半分の半分って言い方が可愛いです。

そしてリベリオンドラゴンの攻撃ですがジャックは慌てません。

冷静にアクションカードを拾います。

しかしレッドワイバーンは破壊されライフは残りわずか300、

そしてトドメとばかりにルーンアイズの攻撃です。

「ジャックが負ける!?」メリッサや観客達にはそんな思いがよぎりました。

しかし煙が立ち込める中未だに走り続けるジャック・アトラス。

彼はアクションマジック「魔回避」を発動、ルーンアイズの攻撃を防いでいました。

初めてのアクションデュエルに冷静に対応する様子はまさにキングです。

そして続くルーンアイズの2回目の攻撃も罠カード「リジェクト・リボーン」により

無効化、さらにモンスターを2体特殊召喚しライフまで回復しました。

遊矢の攻撃を完全に凌ぎきり、場も整えたジャック、観客も大興奮です。

王者としての貫禄を見せ付ける中、ここで遊矢のターンは終了です。

 

 

3ターンで決着を付ける!

猛攻を凌いだジャック・アトラス、そっと遊矢の元へ近づきます。

そして遊矢のエンターテイメントに対して「独りよがりに過ぎない」と烙印を押します。

今まで遊矢のエンターテイメントは「相手がノってくれる事」が前提でした。

そんな様子を指した遊矢の批判なのかもしれません。

ジャックのターン、予告の3ターン目がやってまいりました。

満を持してレッド・リゾネーターとレッド・ワイバーンをチューニングします。

王者の咆哮、今天地を揺るがす。
唯一無二なる覇者の力をその身に刻むがいい!
シンクロ召喚!荒ぶる魂、レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト!

ついに出て来ましたレッド・デーモンズ・ドラゴン。やはりジャックと来たらこいつですね。

アークファイブで装いも新たに登場です。

そしてスカーライトの効果、アブソリュート・パワーフレイム!

自分以下の攻撃力を特殊召喚されたモンスターを全て破壊、

さらにその数×500のダメージを与えます。これで遊矢のモンスターは全滅です。

そしてモンスターのいなくなった遊矢にジャックはダイレクトアタックを仕掛けます。

灼熱のクリムゾン・ヘル・バーニング!!

こうして遊矢のライフはきっかり0となり敗北してしまいました。

予告どおりの3ターンによる決着、王者としての強さをまざまざと見せ付けました。

 

 

次回予告『打ち砕かれたエンタメ』

ジャックから独りよがりの烙印を押されてしまった遊矢のエンタメ。

さすがに遊矢も怒りの感情を隠せないようです。

動揺を隠せていないロジェ長官の様子も気になります。

 

 

超熱血!デュエル塾

今回はジャック・アトラスの開設です。

ユーゴとっても興奮しています。

トップス、コモンズ双方から慕われている存在のようです。

フレンドシップカップに出場するのが16人であるとの説明もありました。

ジャックのカードの解説もありましたがどうやらスカーライトの効果、

OCG版とは若干の差異があるみたいですね。

 

レッド・スプリンター
効果モンスター
星4/炎属性/悪魔族/攻1700/守1200
①:フィールドのモンスターがこのカードのみの場合に発動できる。
手札からレベル3以下のチューナー1体を特殊召喚する。

 

レッド・リゾネーター
効果モンスター
星2/炎属性/悪魔族/攻 600/守 200
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドのSモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

 

レッド・ワイバーン
シンクロ・効果モンスター
星6/炎属性/ドラゴン族/攻2400/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:このカードの攻撃力よりも高い攻撃力を持つモンスターが
相手フィールドに2体以上存在する場合、相手ターンに1度、
相手フィールドの攻撃力が一番高いモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターを破壊する。

 

レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト
シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の、このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ
特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。
その後、この効果で破壊したモンスターの数×500ダメージを相手に与える。

 

リジェクト・リボーン
罠カード
①:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にし、その後バトルフェイズを終了する。
さらにその後、自分フィールドのモンスターを全て破壊する事で、
このターンのバトルフェイズ中に効果で攻撃を無効にした回数と同じ数だけ、
自分の墓地からモンスターを特殊召喚できる。

関連記事

星遺物-『星鎧』(せいいぶつせいがい):遊戯王カード考察 リバーステーマで特殊召喚を狙うかアドバンス召喚を狙うか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ジャンク・チェンジャー

ランク3にシンクロギミックを混ぜたい時に!   今回紹介するのはPREMIUM

記事を読む

遊戯王カード考察:F.A.(フォーミュラアスリート)ホームトランスポーター まずはレベルを11にしよう

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

魅幽鳥(みくらとり):遊戯王カード考察 デメリットなし2300打点ってだけでも強いのに

ようやくここら辺も夜あたりには涼しさが感じられるようになってきました。 暑がりな自分にとってこ

記事を読む

サイバー・ダーク・カノン:遊戯王カード考察  こいつを装備させれば2400打点の墓地肥やしドロー効果持ちが誕生!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界劇団のカーテンコール EXデッキから全員集合

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

リンクスレイヤー:遊戯王カード考察  ありふれた半上級?いえいえこいつにしかできない役割あります

今回紹介するのはスターターデッキ2017よりこのカードです。    

記事を読む

武力の軍奏(ぶりきのぐんそう):遊戯王カード考察 チューナーがチューナーを蘇生しさらにチューナーをシンクロ召喚

モンスターハンター:ワールドでニャンターが使えるのかが気になる今日この頃。 今回紹介するのはD

記事を読む

ドリトル・キメラ:遊戯王カード考察 今度のリンクは炎属性!今回もいつも通りの効果です

なんで10月なのに30度超えるんですか! 今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクスト

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,561,778 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑