遊戯王カード考察:魔獣皇帝(まじゅうカイザー)ガーゼット やっぱり攻撃力を合計します

新年明けましておめでとうございます。

今年もこの遊戯王考察好きMUGEN次元をよろしくお願いします。

自分は夜型なのでこのまま起きたまま初日の出を迎えます。

今回紹介するのはDARK NEOSTORMより

新年と共に公開されたこのカードです。

 

 

 

魔獣皇帝ガーゼット
特殊召喚・効果モンスター
星9/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドのモンスター3体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
①:このカードの攻撃力は、このカードを特殊召喚するために
リリースしたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手はバトルフェイズ中に魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

 

 

ガーゼットの系譜となる闇属性悪魔族のレベル9特殊召喚モンスターです。

白紫の体毛に金色の骨を持つガーゼットです。

巨大な剣を携えているのが特徴的ですね。

ガーゼットはいずれもマジンガーシリーズをモチーフにしていますが

このカードもまた名前からしてあからさまにマジンカイザーがモチーフになっています。

剣を持っているのもマジンガーブレードを意識しているのでしょう。

ただ翼の形などはむしろマジンエンペラーに近い印象です。

 

 

このカードは通常召喚できない。
自分フィールドのモンスター3体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。

特殊召喚モンスターであり

自分のモンスター3体をリリースする事で特殊召喚が可能です。

丁度D-HERO Bloo-Dと同じ特殊召喚条件ですが

効果を考えるとリリース要員は何でもいいというわけではなく

出来るだけ攻撃力の高いモンスターをリリースしたい所です。

元々の攻撃力を参照するので聖刻やカイザー・シースネークのように

攻撃力を0にして特殊召喚したモンスターをリリースしても

0になる前の攻撃力を参照して攻撃力を高める事が可能です。

 

 

①:このカードの攻撃力は、このカードを特殊召喚するために
リリースしたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。

①の効果はこのカードの特殊召喚の為にリリースした

3体のモンスターの元々の攻撃力の総合計と同じ攻撃力になるというものです。

合成魔獣ガーゼットや真魔獣ガーゼットが持つ効果と同じものであり

ラーの翼神竜のOCGでは再現されなかった効果、

「生贄に捧げた3体の攻撃力を合計した攻撃力になる」

というのをある種再現した効果と言えます。

例えば聖刻あたりで青眼の白龍3体を特殊召喚し

それらをリリースして特殊召喚できれば攻撃力を9000にまで高められます。

ただ必ず3体リリースしなければいけない関係上、

ある程度リリース枚数を調整できる真魔獣 ガーゼットの方が使い勝手では上でしょう。

差別化には②の効果が重要になってきます。

 

 

②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手はバトルフェイズ中に魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

で、その②の効果ですがこのカードがフィールドに存在していれば

相手はバトルフェイズの間は効果の発動を禁じられます。

希望皇ホープ・ザ・ライトニングあたりに通ずる効果であり

攻撃反応罠やオネストなどのコンバットトリックを封じられるので

①の効果で攻撃力を高めた一撃を通すのに貢献してくれるでしょう。

またこのバトルフェイズの間ずっと相手の効果の発動を封じられる為

他のモンスターも安全に攻撃できるようになりますし

バトルフェイズ中に発動できるカードがあれば

相手の手札誘発やカウンター罠などを恐れずに発動していけます。

 

 

3体の攻撃力を合計して相手の効果の発動を封じた上でぶん殴るという

中々に豪快な性能を誇る脳筋モンスターです。

使いやすさでは真魔獣ガーゼットに劣りますが

やはり相手の効果を封じれるのは強力でロマンがあります。

むしろ4000ぐらいの攻撃力でも十分に活躍はできるので

あまり高い攻撃力を目指すのではなく

そこそこの攻撃力のモンスターを3体並べるというのもいいでしょう。

例えは【ゴゴゴ】であればゴゴゴジャイアントから

ゴゴゴゴースト、ゴゴゴゴーレムと蘇生していく事で

3体の合計攻撃力は5700になります。

またペンデュラム召喚したモンスターをリリースする事でも

ある程度まとまった攻撃力は確保できるでしょう。

 

 

しかしまさかガーゼットの新規がこの時代に来るとは予想外でした。

そのうち髑髏(スカル)魔獣ガーゼットとか零(ゼロ)魔獣ガーゼットとか

無限(インフィニティ)魔獣ガーゼットとかも来るんでしょうか。

関連記事

2019年4月の制限改定判明! サンダー・ボルトが帰ってくる上にスターターデッキにも収録される

2019年のリミットレギュレーションが判明しました。     規制

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重忍者(ちょうじゅうにんじゃ)シノビ-A・C(ア・シー)

意外と超重武者以外でも使えるぞ   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王カード考察:HSR(ハイスピードロイド)-GOMガン サーチも出来るし墓地も肥やせるし展開もできる

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。   &

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超重武者ヒキャ-Q(ク)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

絶縁の落とし穴:遊戯王カード考察  相手がリンクモンスター使わない?自分でリンク召喚すればいいじゃない!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第111話『ペンデュラムハート』感想

遊戯王ARC-V110話の感想です。 絶対エンタメなんかに負けたりしないと意気込むエド総司令官

記事を読む

天岩戸(アマノイワト):遊戯王カード考察  エスプリットと相性ばっちり!他にもフィールドに維持する手段あるよ

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:F.A.(フォーミュラアスリート)ホームトランスポーター まずはレベルを11にしよう

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:デーモンの招来 今度はシンクロでリメイク、シンプルにありがたい対象耐性

OCG20周年記念イベントとなるSPECIAL PACK 20th ANNIVERSARY EDIT

記事を読む

遊戯王カード考察:星遺物-『星櫃』(せいいぶつ せいひつ) 効果から考える7つ目の星遺物テーマの特徴とは

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,390,858 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑