遊戯王VRAINS考察:今現在残っている謎や今後の展開など

公開日: : アニメ考察, 遊戯王, 遊戯王ヴレインズ

いよいよ2018年も終わりを迎えます。

今日までなんとか更新を続ける事ができ

おかげ様でこのブログのアクセス数が600万を超える事となりました。

2018年を締めくくる記事としてはせっかくなので

遊戯王ヴレインズについての考察をしてみたいと思います。

 

 

ハルについて

個人的に現在一番気になる存在はハルです。

第2部の最初からボーマンを従える形で登場、

その後ライトニングの陣営だと判明した後も謎が多く残る彼です。

まずハルはライトニング陣営で唯一デュエルを行っていません。

ライトニングも「私達の戦力は私とウィンディとボーマンの3人」

と発言しており(ビッドブートが完全に戦力外扱いされてるのはともかく)

ハルもまたデュエルを行う存在ではない事を示唆しています。

でもこの見た目でデュエルしないって嘘だと思うんですよね

「自分を従える存在(ボーマン)を生み出す過程で作った試作機」

とライトニングは言っていましたが本当にそれだけかは非常に怪しいです。

少なくともただのボーマンのサポートキャラで終わるとは考えにくいです。

 

まずハルの名前の由来ですが恐らく

SF小説「2001年宇宙の旅」に登場する人工知能、HAL9000と思われます。

作中にはデビット・ボーマン船長という登場キャラもいますし

「人工知能が人類に叛逆する」という要素もVRAINSと共通しています。

その叛逆する人工知能こそがHALであり

そのHALの暴走を止めようと奮起するのがボーマン船長です。

もしかしたらただ単に元ネタというだけでなく

ライトニングが意図的に2001年宇宙の旅から名前をつけたのかもしれませんね。

あいつ自分のテーマといい妙に人類の文化や歴史に興味あるみたいですし。

 

で、もしそうだとするならライトニングは

ハルにもボーマン同様何か重要な役割を与えている可能性があります。

ライトニングはボーマンを自分を従える存在として作成してたと言っていますが

それはフェイクで本当はハルこそがその支配者として作った存在かもしれません。

もしくは2001年宇宙の旅のHALと同様に

HALはライトニングにも予想外のAIとなり

ライトニングやボーマンを裏切るような存在になっているのかもしれません。

もしかしたら遊戯王VRAINS第2部のラスボス的存在は

ライトニングでもボーマンでもなくこのハルかもしれませんね。

ライトニングの野望を食い止めたと思ったら

満を持して本性を現すとかストーリー的には王道ですし。

いずれにしても今後のハルの動向には非常に気になる所です。

 

 

アースの今後

次に気になるのはSOLに捕まり解体されてしまったアースの事です。

作中ではGo鬼塚に埋め込まれて彼の支配下になってしまいましたが

今後の展開を考えるとGo鬼塚がこのままずっと敵というのも考えづらいです。

恐らくどこかで鬼塚がまた改心して味方になってくれると思うのですが

その場合彼に埋め込まれたアースはどうなるのでしょうね。

もしその後鬼塚に埋め込まれたままとなるのであれば

今後自我も復活してブルーメイデンにおけるアクアのように

鬼塚を支えるパートナー的存在になるのかもしれません。

アストラルならぬアーストラルですね

 

また今後アースが復活する事になれば

本来のパートナーであるスペクターとも何らかの絡みがあるでしょう。

パートナー同士の対決が一番ありえるとしたらこの2人なんですよね。

そういう意味でも今後アースが復活してくれる事を願うばかりです。

 

結局ウィンディのパートナーって

作中で次々とイグニスとそのパートナーが判明し

存在が謎なのはウィンディのパートナーを残すのみとなりました。

そのパートナーはウィンディが意図的に自己を引き起こして排除していますが

死亡しているのかそれとも一命は取り留めているのかは

作中でも意図的にぼかされているので不明です。

まあウィンディの性格からすると生きていたとしても無事ではないでしょうが

もしまだ生きているのであれば今後登場する可能性は高いですね。

リボルバーがロスト事件被害者の情報は突き止めたと言っていますし

今後入院している病院に訪問するみたいな展開もあるかもしれません。

 

あと詳細が判明する前にブラッドシェパードが退場してしまいますたが

やはり状況を考えるとウィンディが引き起こした事故に

道順健碁とその母親が巻き込まれた可能性は高いですね。

健碁が復活するのがいつになるかは分かりませんが

もし復活した場合同じ事故に巻き込まれたものとして

ウィンディのパートナーと絡む展開はありそうです。

 

 

ブラッドシェパードの現在

で、気になるのはその道順健碁の事もです。

ライトニングに敗れて最後に妹のエマを気遣うように退場していった彼。

恐らくは草薙仁のように意識データを奪われ

植物人間状態になってしまったと予測されますが・・・

それとっても危険な状態じゃないでしょうか

というのも一匹狼を信条とする彼の事なので

意識を失った後どこかのアジトで1人意識を失っている可能性が高く

それが隠れ家のようなものであれば

誰も彼の所在を突き止められず発見していないという事がありえます。

となると仁くんと違い適切な処置がされていない可能性が非常に高く

そうなるとつきまとってくるのが餓死の危険性です。

エマはリアルの兄の居場所を突き止めている様子がありませんでしたが

まだであれば一刻も早く彼の捜索をするべきです。

関連記事

スーパービークロイド-モビルベース:遊戯王カード考察  ちゃっかり新マスタールールに対応しとる・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

アカシック・マジシャン:遊戯王カード考察  バウンスにデッキトップサーチにと結構使いどころが多いです

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

ドリトル・キメラ:遊戯王カード考察 今度のリンクは炎属性!今回もいつも通りの効果です

なんで10月なのに30度超えるんですか! 今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクスト

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第79話『光速のライトニング』感想

遊戯王ヴレインズ79話の感想です。   前回のあらすじ:リボルバーの懐

記事を読む

遊戯王カード考察:九尾の狐 中々に使いやすいレベル6アンデット族

12月16日に開催されるジェンプフェスタ2018において PREMIUM PACK 20が先行

記事を読む

遊戯王OCG:2018年7月の制限改定を個人的に予想してみる

6月になりました。 だんだんと暑くなってきてしんどいです。 自分はとにかく冬型の人間なの

記事を読む

遊戯王カード考察:エターナル・エヴォリューション・バースト 相変わらず殺意全振りなサイバー流

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッド・ライジング・ドラゴン

ジャックデッキを組みたいあなたに!   今回紹介するのは20th ライバル・コ

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:マジェスペクター

クラッシュ・オブ・リベリオンにおいて新しいテーマ「マジェスペクター」の情報が公開されました。

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:霊魂(エスプリット)

史上初のスピリットテーマにして儀式テーマでもるエスプリット、 前回に一度霊魂鳥神-彦孔雀につい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,148,303 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑