遊戯王カード考察:ファイアウォール・X(エクシード)・ドラゴン (禁止から)逃げたのか!?自力で脱出を!?

2019年1月12日にDARK NEOSTORMが発売されます。

今回紹介するのはそのダークネオストームよりこのカードです。

 

 

 

ファイアウォール・X・ドラゴン
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/サイバース族/攻2500/守2000
レベル4モンスター×2体以上
①:X召喚したこのカードの攻撃力は、
このカードとリンク状態になっている
リンクモンスターのリンクマーカーの数×500アップする。
②:このカードのX素材を2つ取り除き、
自分の墓地のリンク4のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードとリンク状態となるように
自分フィールドに特殊召喚する。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できず、直接攻撃できない。

 

 

ルールが大きく変わるとき
ファイアウォールはその姿を現す
始めにはリンクとして
リンクはその力を以って大地に無限ループを降注ぎ
やがて死ぬ
しばしの眠りの後、ファイアウォールは再び現れる
エクシーズとして現れる

 

 

禁止カードになったファイアウォール・ドラゴンが

ランク4エクシーズになって帰ってきました。

ダークネオストームの看板を務めるモンスターでもあります。

元のファイアウォールと攻撃力は一緒ですが

属性が光属性から闇属性に変更されています。

まず間違いなく融合モンスターであるサイバース・クロック・ドラゴン、

シンクロモンスターであるサイバース・クアンタム・ドラゴンに続く

プレイメーカーが使うエクシーズモンスターのポジションだと思われますが

上記2枚と違い「サイバース・○○」といったネーミングではありません。

リンクモンスターによって自信を強化する効果といい

エースモンスターに召喚法のイニシャルをつけたネーミングといい

リボルバーのヴァレルロード・S・ドラゴンを強く意識したカードです。

 

ファイアウォール・ドラゴンをベースに全体的に突起の目立つデザインとなり

翼がX状のブースター風になっているのが特徴的です。

頭部も円の形になっていたのがXの形になっています。

エクシードとは卓越するとか超越するといった意味であり

概ねエクシーズと同じ意味と考えて問題ありません。

 

 

レベル4モンスター×2体以上

エクシーズ素材に特に指定はなくレベル4モンスター2体で出せる

汎用のランク4エクシーズとなっています。

ただし効果の関係上リンクモンスターを扱うデッキでの運用が前提となり

リンク召喚を行いつつランク4のエクシーズ召喚も狙えるデッキで

採用をする事になるでしょう。

サイバース族においては召喚権を増やせるバランサーロードを使う事で

エクシーズ素材を揃えやすいでしょう。

レスキューラビットでライドロン2体を出すのも手です。

 

 

①:X召喚したこのカードの攻撃力は、
このカードとリンク状態になっている
リンクモンスターのリンクマーカーの数×500アップする。

①の効果はエクシーズ召喚してる状態の時、

自身の攻撃力をこのカードとリンク状態にある

リンクモンスターのLINK数×500だけ上げる自己強化効果です。

②の効果が狙える状況であれば4500打点は確保可能ですが

それ以上を狙う場合は斜め上にマーカーを持つリンクを用意するなり

メインモンスターゾーンにこのカードを出すなりの工夫が必要です。

 

 

②:このカードのX素材を2つ取り除き、
自分の墓地のリンク4のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードとリンク状態となるように
自分フィールドに特殊召喚する。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できず、直接攻撃できない。

②の効果はオーバーレイユニットを2つ消費する事で

発動したターン直接攻撃とモンスターの特殊召喚が封じられる制約と引き換えに

墓地からリンク4のサイバース族リンクを

このカードとリンクするように特殊召喚する蘇生効果です。

該当するリンクモンスターはファイアウォールが禁止になってしまったので

トポロジック・ボマー・ドラゴンと

トポロジック・ガンブラー・ドラゴンの2体が当てはまります。

どっちもリボルバーのカードですね

プレイメーカーがOCGでこのカードを使う場合リボルバーの手を借りる必要があります。

どちらも攻撃力が3000あり①の効果による・X・の自己強化も組み合わせれば

総攻撃力は7500に到達します。

直接攻撃こそできませんが多くの場合において

モンスター2体を戦闘破壊するのに十分な攻撃力を確保できるでしょう。

効果の方も無効にならずに発動可能ですが特殊召喚に制約が発生するので

実際に効果を活かせるのは次のターンからになるでしょう。

 

 

予めリンク4のサイバース族を墓地に置いておく必要こそありますが

レベル4モンスター2体で攻撃力4500と攻撃力3000を並べられるのは

中々な脳筋っぷりを発揮しています。

またこのカードのエクシーズ召喚を行う前に

EXモンスターゾーンに見習い魔嬢あたり置いておくことで

・X・の攻撃力は6000、トポロジックの攻撃力は3500とさらに高まります。

見習い魔嬢の代わりにフレイム・アドミニスターでも

・X・の攻撃力5500、トポロジックの攻撃力3800を確保できるので

より攻撃力を高めたい場合には視野に入れておくといいでしょう。

もっとロマンを求めるならLINK-3のサイバース・アクセラレータです。

・X・の攻撃力が6000になった上で2回攻撃を付与できます。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:レプティアの武者騎兵、ディノンの鋼鉄騎兵、シュルブの魔導騎兵

ペンデュラム以外には結構強い   今回紹介するのはEXTRA PACK 201

記事を読む

遊戯王OCG、2015年の制限改定発表!だがしかし・・・

とうとう今年7月のリミット・レギュレーションが判明しました。 どのカードが規制強化されるのか、

記事を読む

遊戯王カード考察:無限起動(むげんきどう)アースシェイカー かなり久々となる汎用ランク9、シンプルに優秀

今回紹介するのはデッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズよりこのカードです。 &nbs

記事を読む

超重蒸鬼テツドウ-O(ちょうじゅうじょうきてつどうおう):遊戯王カード考察  シンプルに打点が強い!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・メタル・クロウ

元祖「融合」が活きる融合モンスター!   遊戯王ARC-V 最強デュエリスト遊

記事を読む

遊戯王カード考察:屍界(しかい)のバンシー アンデットワールド最重要カードと言ってもいいです

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-アンデットワールド-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第55話『未知なる世界へ』感想

遊戯王ヴレインズ55話の感想です。 前回のあらすじ:この作品交通事故で不幸になる人多す

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバース・クアンタム・ドラゴン 戦闘した相手をバウンスしてさらに攻撃

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー:遊戯王カード考察  相手の妨害に専念する?それとも積極的に攻撃力上げる?

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:リバース・リユース

コレクターズパック-運命の決闘者編-の発売も間近になって来ました。 新しいカードの情報も次々来

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ファイアウォールと同じ守備力だと!?

  2. 匿名 より:

    サブリミナルミッフィー
    FWDがついに収監されたのはこのおかげだったのか。
    ②の効果はいろんな意味でFWDの事意識してるけど(特殊召喚不可とか)。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,390,858 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑