2019年1月の制限改定判明!主人公エース補正ついに破れる

2019年1月のリミットレギュレーションが判明しました。

 

 

 

規制強化されたカード

 

・禁止

グローアップ・バルブ
ダンディライオン
トロイメア・ゴブリン
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン
ファイアウォール・ドラゴン
BF-隠れ蓑のスチーム
M.Xセイバーインヴォーカー
神剣-フェニックスブレード

 

・制限

オルターガイスト・マルチフェイカー
水晶機巧-ハリファイバー
クロノグラフ・マジシャン
閃刀姫-カガリ
マスマティシャン

 

・準制限

トリックスター・キャンディナ
パーソナル・スプーフィング

 

規制緩和されたカード

 

・準制限

Emダメージ・ジャグラー
源竜星-ボウテンコウ
妖精伝姫-シラユキ
ルドラの魔導書
停戦協定

 

・無制限

彼岸の旅人ダンテ
ブリューナクの影霊衣
真竜皇の復活
破壊輪

 

一気に8枚ものカードが禁止カードになっています。

制限にいったカードも比較的多くここまで規制の手が入るのは

ここ最近では珍しいのではないでしょうか。

それではいくつかピックアップしていきましょう。

 

ファイアウォール・ドラゴン(制限→禁止)

まずなんといっても一番の注目はこれでしょう。

現在放送中の遊戯王VRAINS、

その主人公エースであるファイアウォール・ドラゴンが禁止となりました。

まあでも今まで禁止になってなかったのはまさに「主人公エースだったから」で

そうでなければもっと早く禁止になっていたぐらいには妥当なカードですからね。

数多くの無限ループの土台として使われたカードであり

今でもガンドラ1キルで使われてたりもしました。

こいつの影響で禁止になったといっていいカードはかなりの数にのぼります。

というわけで公式も元凶放置はさすがにまずいと思ったのでしょう。

でも正直放送中は禁止にはならないだろうとは思っていました。

とはいえ逆に考えれば一度禁止にしてしまえばエラッタもしやすくなるというものです。

もしかしたらターン1制限ついてまたひょっこり戻ってくるかもしれませんね。

 

 

グローアップ・バルブ(無制限→禁止)

水晶機巧-ハリファイバー(無制限→制限)

植物族の頼れるチューナー、グローアップ・バルブが禁止です。

レベル1に加えて自己再生効果も有しており

特にハリファイバーのリンク素材として重宝されました。

で、そのハリファイバーも制限行きです。

とはいえ元々1枚しか採用していないデッキも多く存在するので

ハリファイバー自体の影響はそこまで大きくないかもしれません。

 

 

トロイメア・ゴブリン(制限→禁止)

汎用リンク集団トロイメアの1つ、ゴブリンが禁止カードとなりました。

元々制限カードでしたがEXデッキのカードは1枚だけ採用という事も多く

制限では不十分であると判断されたのでしょう。

これによりトロイメアでエキストラリンクを作るには

少し工夫が求められるようになりました。

 

 

M.Xセイバーインヴォーカー(無制限→禁止)

デッキから特定のレベル4を特殊召喚できるランク3エクシーズが禁止です。

六武衆やマドルチェでよく利用される有力なエクシーズであり

ランク3のエクシーズ召喚を狙う目的の1つであったカードです。

このカードのお世話になっていたデッキは多く存在しており

このカードが禁止になった影響は結構広く影響すると思われます。

 

No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン(無制限→禁止)

同じくエクシーズからランク8のダークマタードラゴンが禁止です。

ドラゴン族用の墓地肥やしとして非常に優秀なカードであり

特に守護竜の影響でドラゴン族の評価が高まった影響が大きいのでしょう。

 

 

神剣-フェニックスブレード(無制限→禁止)

戦士族用の装備魔法であるフェニックスブレードが禁止です。

墓地から手札に持ってこれる為手札コストとして優秀なカードであり

特に聖騎士の追想 イゾルデで墓地へ送る候補として人気でした。

このカードの禁止化はそのイゾルデの弱体化が主目的だと思われます。

これによりイゾルデで墓地へ送るカードをまた考える必要が生まれました。

 

 

BF-隠れ蓑のスチーム(制限→禁止)

ダンディライオン(制限→禁止)

マスマティシャン(無制限→制限)

トークン生成能力に優れた隠れ蓑のスチームとダンディライオンが禁止です。

どちらも制限カードでしたがリンク召喚に適した性能をしており

こういったリンク召喚に適したカードをありったけ詰め込んだ

【グッドスタッフリンク】なるデッキが大会で成績を残していました。

高い単体性能を誇る故に制限でもまだ不十分と判断されたのでしょう。

同じくグッドスタッフリンクでよく採用されるマスマティシャンも制限行きです。

グローアップ・バルブなんかもそうですね。

 

 

閃刀姫カガリ(無制限→制限)

オルターガイスト・マルチフェイカー(準制限→制限)

パーソナル・スプーフィング(無制限→準制限)

クロノグラフ・マジシャン(無制限→制限)

トリックスター・キャンディナ(無制限→準制限)

それぞれ閃刀姫、オルターガイスト、トリックスター、Em魔術師用のカードですね。

いずれも大会で結果を出していたテーマ達でありそれを考慮しての弱体化でしょう。

Em魔術師はもうどれだけカード規制されたんだって感じですね。

むしろそれでもまだ環境に名を残しているのがすごいのですが。

 

 

停戦協定(制限→準制限)

長らく(なんと2001年から)制限カードだった停戦協定が準制限に緩和されました。

高いバーン性能を持つカードですが海外では制限解除されており

日本でも遅れて追従したような形となっています。

 

 

総評

今までに比べてがっつりと規制が入っています。

大会で成績を残していた大半のデッキは影響を受けたと考えていいでしょう。

それだけでなく今回は汎用性の高いカードも多数規制が入っており

他のにも禁止カード8枚というのは少なくない影響を与えるでしょう。

そんな中【魔弾】や【サンダードラゴン】、【サブテラー】あたりは

受けた影響が少なくこれからの活躍が見物です。

関連記事

RR(レイド・ラプターズ)-レヴォリューション・ファルコン-エアレイド

素良戦の原作再現が可能になりました   今回紹介するのはザ・ヴァリュアブル・ブ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜脈の魔術師

もうすぐマスター・オブ・ペンデュラムが発売されますが そういえばまだ紹介していないカードも残っ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第92話『大いなる試練』感想

遊戯王ヴレインズ92話の感想です。 前回のあらすじ:慈悲(無慈悲)  

記事を読む

無差別崩壊:遊戯王カード考察  ギャンブルカードの中でもかなり使いやすいです

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

ダイナミスト・ハウリング:遊戯王カード考察

どちらか片方だけでもすごい強化なのに・・・   今回紹介するのはマキシマム・ク

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン

ダークリベリオンの正統進化!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第67話『シティの光と影』感想

遊戯王ARC-V67話の感想です。 次回予告からして不穏な気配が全開です。 どんどん評議

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青眼の亜白龍(ブルーアイズ・オルタナティブ・ホワイト・ドラゴン)

20周年を記念して発表された劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSION

記事を読む

遊戯王カード考察:BF(ブラックフェザー)-フルアーマード・ウィング かなり出しやすい完全耐性持ち

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:トラミッド・フォートレス

普通のピラミッド形態!(なんか砲台ついてるけど)   今回紹介するのはザ・ダー

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    七英雄コラと各画像のチョイスがツボでした。+4423点
    今回禁止多いけどなんで今まで禁止じゃなかったんだ?ってメンツばかりで不満はないです

  2. 匿名 より:

    展開系にこれだけ禁止出すならカガリフェイカー導師も禁止にしろよ

  3. 匿名 より:

    ゾンキャリ「バルブがまたやられたようだな…」
    ジェット「フフフ…奴は自己蘇生チューナーの中でも極めて優秀…」
    デストルドー「禁止制限を往復するとは哀れなものよ…」

  4. 匿名 より:

    カガリ規制ならハーキュリーベースの回収効果や追加効果のドローをフル活用なりサルベージに魔法石の採掘採用なりして満足するしかねぇ!

    と即座に思考を切り替えた純閃刀姫の1プレイヤーの感想でした

  5. 匿名 より:

    カガリ制限なら徹底的にカガリ使い回す形に変更しようかなと思う純閃刀姫使いです。

    ドロソガン積みでカガリワンショットとかにしようとかも考えてます

  6. 匿名 より:

    バルブよりハリファイバー殺して欲しかったですね
    てかさっさとエラッタするべきでは

  7. 匿名 より:

    ハリファイバーではなくバルブ
    イゾルテではなくインヴォーカーとブレード
    ガンドラではなくダークマター

    根本原因ではなくコンボ要因を先に禁止にする方式
    いい加減やめてほしい
    結局後々原因も禁止になるのに、先に罪が軽い方が裁かれるのは納得いかない気持ちがあります

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,379,664 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑