遊戯王カード考察:天空神騎士(セレスティアルナイト)ロードパーシアス 輪廻のパーシアスで出せる選択肢が増えました

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。

 

 

 

天空神騎士ロードパーシアス
リンク・効果モンスター
光属性/天使族/攻2400/LINK-3
【リンクマーカー:左下/下/右下】
\ ↑ /
←   →
/ ↓ \
天使族モンスター2体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
「天空の聖域」のカード名が記された
カードまたは「天空の聖域」1枚をデッキから手札に加える。
フィールドに「天空の聖域」が存在する場合には
その1枚を天使族モンスター1体にできる。
②:自分フィールドの表側表示の天使族モンスターが墓地へ送られた場合、
自分の墓地から天使族モンスター1体を除外して発動できる。
除外したモンスターよりレベルが高い天使族モンスター1体を手札から特殊召喚する。

 

 

パーシアスの新規となる光属性天使族のLINK-3です。

ケンタウロス型の武装した天使という点では

天空騎士パーシアスや神聖騎士パーシアスと共通しているものの

このカードの場合八本足である事が大きな特徴です。

北欧神話におけるオーディンが乗る軍馬スレイプニルが8本足であり

恐らくこれをモチーフにしていると思われます。

あと足や装備に緑色の宝珠がいくつもあるのも特徴的です。

 

 

【リンクマーカー:左下/下/右下】
天使族モンスター2体以上

リンク素材には天使族2体以上を指定しています。

効果的にも天使族デッキにおいてリンク召喚を狙う事になるでしょう。

創造の代行者 ヴィーナスで神聖なる球体を特殊召喚するのが楽です。

また天使族以外のカードであっても光属性やレベル3であれば

ハイパースター彼岸の黒天使 ケルビーニを経由する事で

リンク素材にする事も可能です。

フォトン・サンクチュアリやSRベイゴマックスを素材にできるので

意識しておくとリンク召喚がぐっと狙いやすくなります。

でもやっぱりリンクルベルは日の目を見ない気がします。

 

リンクマーカーは下方向に3つとEXモンスターゾーン向けです。

ペンデュラム召喚を狙いたい場合でも十分なEX召喚枠を確保できます。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
「天空の聖域」のカード名が記された
カードまたは「天空の聖域」1枚をデッキから手札に加える。
フィールドに「天空の聖域」が存在する場合には
その1枚を天使族モンスター1体にできる。

①の効果は1ターンに1度、手札を1枚すてる事で

天空の聖域、もしくは効果テキストに「天空の聖域」の文字があるカードを

デッキから手札に加える手札交換効果です。

サーチできるカードは結構種類がありますが

特に天空の聖域として扱いかつ魔法罠や天使族の場持ちを高めてくれる

パーシアスの神域は天空の聖域を扱うどのデッキでも有用です。

 

また既に天空の聖域やパーシアスの神域が存在している場合には、

天使族全般をサーチする事が可能となります。

特に大天使クリスティアをデッキから引っ張ってこれるのは見逃せません。

戦闘補助としてオネストをサーチするのもいいでしょう。

それ以外だと【エンジェルパーミッション】であればカウンター罠の天罰や

カウンター罠を回収できる天空賢者ミネルヴァあたりが、

【代行者】であればマスター・ヒュペリオンのサーチに繋げられる

神秘の代行者 アースあたりも候補になってくるでしょうか。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドの表側表示の天使族モンスターが墓地へ送られた場合、
自分の墓地から天使族モンスター1体を除外して発動できる。
除外したモンスターよりレベルが高い天使族モンスター1体を手札から特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、自分の場の天使族が墓地へ送られた場合に

墓地の天使族1体を除外する事で

それよりレベルの高い天使族を手札から特殊召喚できるというものです。

破壊の他、リンク素材やシンクロ素材にした場合にも発動できるので

発動機会は結構多いです。

堕天使アスモディウスや幻奏の音姫ローリイット・フランソワなどの

上級、最上級の天使族を展開する手段として重宝します。

また戦闘破壊されるなど相手ターンで発動を狙える場合には

アーティファクトを手札から特殊召喚するのもいいでしょう。

 

 

このカードの一番のポイントはカード名にパーシアスとついている事で

輪廻のパーシアスの効果でEXデッキから直接特殊召喚できる点です。

リンク召喚しないと発動できない効果というのもないので

輪廻のパーシアスから出しても問題なく活躍させる事ができます。

また輪廻のパーシアスからリンク3を引っ張ってこれるという意味でもあり

このカードを素材にLINK-4を出すといった動きも可能になってきます。

この使い方をするのであれば輪廻のパーシアスと一緒に

カウンター罠を複数採用しているデッキであれば

天使族以外のデッキにも採用を検討する事が可能です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:肥大化

コンボ用だけど単体でも結構使える   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

遊戯王カード考察:ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム ペンデュラム救済カードです

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:死霊王 ドーハスーラ 何気にアンデット族以外でも有用

本日9月22日、ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-が発売されます。 今回紹介するのは

記事を読む

ペンデュラム・フュージョン:遊戯王カード考察

融合召喚の新しい可能性!   今回紹介するのはPREMIUM PACK 19よ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超量士(ちょうりょうし)グリーンレイヤー

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ラーの翼神竜-球体形(スフィア・モード)

初代遊戯王のボス敵存在であり多くのファンを持つ人気カードであるラーの翼神竜。 ですが今までOC

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:シンクローン・リゾネーター

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王テーマ考察:【魔妖(まやかし)】 byヒドゥン・サモナーズ

本日8月4日、ヒドゥン・サモナーズの発売日となります。 そんなヒドゥン・サモナーズに登場する3

記事を読む

遊戯王カード考察:煉獄の狂宴(れんごくのきょうえん)

召喚条件無視で3体もとかちょっとやりすぎじゃ・・・   今回紹介するのはレイジ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)ヘルプリンセス

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,390,858 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑