遊戯王カード考察:PSY(サイ)フレームロード・Λ(ラムダ) モンスターがいたら発動できないなんてもはや過去

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。

 

 

 

PSYフレームロード・Λ
リンク・効果モンスター
光属性/サイキック族/攻1700/LINK-2
【リンクマーカー:左下/右下】
\ ↑ /
←   →

トークン以外のモンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は手札の「PSYフレームギア」モンスターの効果を
自分フィールドにモンスターが存在する場合でも発動できる。
②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカード以外の自分フィールドの表側表示の
サイキック族モンスターが除外された場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、
デッキから「PSYフレーム」カード1枚を手札に加える。

 

 

PSYフレームの新規となるLINK-2です。

例によってエメラルドな色合いな爽やかな笑顔のPSYフレームです。

おっさんっぽいPSYフレーム・ドライバー、

女性っぽいPSYフレーム・マルチスレッダーに対して

このカードは若いイケメンといった印象です。

 

 

【リンクマーカー:左下/右下】
トークン以外のモンスター2体

リンク素材はトークン以外のモンスター2体とかなり緩いです。

【PSYフレーム】は特に自分ターンに展開をするのが得意ではない為、

展開用のモンスターを別に用意してそちらでリンク召喚できるのはありがたいです。

例によってトークンであってもリンク・スパイダーあたりを経由する事で

このカードのリンク素材にする事が可能です。

おジャマ・トリオを送り付けられた場合の対策にもなるので覚えておきましょう。

 

リンクマーカーは斜め下に2つあるEXモンスターゾーン向けの配置です。

PSYフレームは元々モンスターをメインモンスターゾーンに移しやすいですが

それでもシンクロモンスターを複数展開しやすくなるのはありがたいです。

 

 

①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は手札の「PSYフレームギア」モンスターの効果を
自分フィールドにモンスターが存在する場合でも発動できる。

①の効果はこのカードがモンスターゾーンにいれば

本来自分の場にモンスターがいると発動できないPSYフレームギアの効果を

モンスターがいても発動できるようにするというものです。

「フィールドにモンスターが存在していると機能しない」という

PSYフレームというテーマが持つ弱点の1つを根本から破壊する効果であり

モンスターの展開とPSYフレームが持つメタ効果の両立を可能とします。

1ターンに複数のPSYフレームの効果を発動しやすくなりますし

天敵の1つである底なし落とし穴をを撃たれてもフォローが効きます。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカード以外の自分フィールドの表側表示の
サイキック族モンスターが除外された場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、
デッキから「PSYフレーム」カード1枚を手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、このカードが場にある状態で

他のサイキック族が自分の場から除外された場合に発動、

エンドフェイズ時にデッキからPSYフレーム1枚を手札に加えるサーチ効果です。

あくまで発動タイミングは「サイキックが除外された場合」であり

発動さえしてしまえばこのカードが除去されてしまったとしても

エンドフェイズになればサーチ効果を発動できます。

PSYフレームギアをサーチした場合公開情報になってしまいますが

それでもモンスター効果に反応するγなどは大きな牽制となるでしょう。

まだ手札に無ければPSYフレーム・サーキットをサーチするのもいいです。

 

発動条件となるフィールドからサイキックを除外する事ですが

各種PSYフレームがフィールドから除外する効果やデメリットを持っている他

Kozmoや霊獣も積極的にフィールドから除外していけます。

相手ターンに除外出来れば相手ターンにもサーチ効果が発動可能であり

PSYフレームロードΣやΖ、異次元の探究者あたりで狙っていけます。

亜空間物質転送装置や星遺物を巡る戦いを使うのもいいでしょう。

 

 

どちらの効果もPSYフレームにとって非常に有用であり

PSYフレームが持つメタ性能を大幅に強化してくれる存在です。

何しろ場にモンスターがいても次々と手札誘発が発動される上に

ΩやΖが除外される度にPSYフレームが補充されるのです。

このカードが維持される事が相手にとって脅威なのは間違いないでしょう。

 

また場にモンスターがいてもPSYフレームギアの効果を発動できる点は

他のモンスターとの両立が非常にやりやすくなる事を意味します。

リンク素材が緩い点も含めて今までPSYフレームと相性が悪かったデッキにも

PSYフレームを出張させる意義が大きく増加した事になります。

もしかしたら様々なテーマにPSYフレームを混ぜたデッキが

今後活躍してくるかもしれませんね。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:マジック・ストライダー

マジック・ストライカーがイケメンになりました   今回紹介するのはザ・ダーク・

記事を読む

2018年度遊戯王OCG検定テスト、気になった問題の解説など

毎年このぐらいの時期になるとやってくる遊戯王OCG検定。 今年も4月の間行われていました。

記事を読む

遊戯王カード考察:ペンテスタッグ 実に汎用リンクしているカードです

今回紹介するのはSTARTER DECK(2018)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第98話『ひとつの道へ』感想

遊戯王ARC-V98話の感想です。 ジャックのレッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラントに対抗す

記事を読む

遊戯王カード考察:白翼の魔術師(はくよくのまじゅつし)

使いやすいペンデュラムチューナーが来ました   今回紹介するのはペンデュラム・

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青眼の亜白龍(ブルーアイズ・オルタナティブ・ホワイト・ドラゴン)

20周年を記念して発表された劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSION

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:旧神(きゅうしん)ヌトス

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:魔界劇団 ”デステニー・ソルジャーズ”

8月6日にブースターSP-デステニー・ソルジャーズ-が発売されます。 エド・フェニックスの新規

記事を読む

遊戯王カード考察:BF(ブラックフェザー)-毒風のシムーン 黒い旋風をサーチしてさらに2回効果発動できる

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前に敗れてしまったインヴェルズ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,271,874 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑