遊戯王カード考察:DDD深淵王(しんえんおう)ビルガメス 赤馬社長ついにリンク召喚まで網羅

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。

 

 

 

DDD深淵王ビルガメス
リンク・効果モンスター
闇属性/悪魔族/攻1800/LINK-2
【リンクマーカー:左下/右下】
\ ↑ /
←   →

「DD」モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからカード名が異なる「DD」Pモンスター2体を選んで自分のPゾーンに置き、
自分は1000ダメージを受ける。
この効果を発動したターン、自分は「DD」モンスターしか特殊召喚できない。
②:リンク召喚したこのカードが
相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分のEXデッキ・墓地から
「DD」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

 

 

ブラック企業「ディファレント・ディメンション社」に

新たにリンク課が設立されました。

右手に槍、左手に大剣、さらに背中にも多数の武器を背負った

青色の肌の筋肉ムキムキマッチョマンの戦士です。

ビルガメスとは「祖先の英雄」を意味する古代メソポタミアの伝説的な王です。

「ギルガメッシュ」という呼び名であれば聞いた事ある人も多いでしょう。

メソポタミア神話の1つ「ギルガメシュ叙事詩」の主人公であり

「深淵を覗き見た」「知恵を極めた」「全てを味わい全てを知った」

と言われる半神半人の英雄です。

 

 

【リンクマーカー:左下/右下】
「DD」モンスター2体

リンク素材にはDD2体を指定しています。

DDナイト・ハウリングを使えば容易にリンク素材を揃える事が出来ますし

ペンデュラム召喚でリンク素材を展開するのもいいでしょう。

 

リンクマーカーは斜め下に2つというEXモンスターゾーン向きの配置です。

融合、シンクロ、エクシーズ、ペンデュラムと

多種多様な召喚法を使いこなすDDにとってこの配置はありがたいです。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからカード名が異なる「DD」Pモンスター2体を選んで自分のPゾーンに置き、
自分は1000ダメージを受ける。
この効果を発動したターン、自分は「DD」モンスターしか特殊召喚できない。

①の効果は1ターンに1度、特殊召喚した場合に

ダメージ1000を受けるデメリットやDDしか特殊召喚できない制約と引き換えに

デッキからDDペンデュラム2種類をPゾーンに置けるというものです。

この効果の発動には「Pゾーンが両方とも開いている」事が条件なので

片方だけペンデュラムがセットされている場合などには気を付けましょう。

リンクマーカーと合わせてペンデュラム召喚に大きく貢献してくれる効果であり

この時DDD壊薙王アビス・ラグナロクをPゾーンに置けば

リンク素材に用いたDDをそのまま蘇生させる事が可能です。

ペンデュラムを素材にした場合はDDD運命王ゼロ・ラプラスを置く事で

エクストラデッキから手札に回収する事もできます。

またこの効果でDDD反骨王レオニダスをPゾーンに置いた場合

即座にダメージを受けたという条件を満たしてペンデュラム効果を発動できます。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:リンク召喚したこのカードが
相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分のEXデッキ・墓地から
「DD」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、リンク召喚しているこのカードが

相手モンスターの攻撃か相手の効果で破壊された場合に

EXデッキか墓地からDD1体を守備表示で特殊召喚できます。

戦闘か相手の効果で破壊という発動条件はよく見かけるものですが

このカードの場合は攻撃に関しても相手の攻撃に限定しており

自爆特攻では発動できない点には注意してください。

相手依存ながらも裏側表示のDDもEXデッキから特殊召喚できるのがポイントで

除去効果と高いステータスを持つDDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドンや

更なる展開に繋がるDDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー、

相手ターンに効果を発動できて妨害を行えるDDD呪血王サイフリートなどが

特に特殊召喚する候補となるでしょう。

相手が警戒している場合どうしても発動を狙いづらくなってしまいますが

攻撃力が1800と心もとないこのカードの攻撃に対する牽制としては効果的です。

 

 

悪魔族やDDしか特殊召喚できなくなる制約が発生しやすい【DD】にとって

それらの制約をクリアできるリンクであるこのカードの存在はまさに待望です。

その上で効果とリンクマーカーの両方でペンデュラム召喚をサポートしてくれますし

ペンデュラム・フュージョンを使う事で融合召喚もサポートしてくれると

実にありがたいカードです。

 

ちなみにリンク先を埋めた後にこのカードを融合素材にする事で

アニメでやったように融合、シンクロ、エクシーズをそろい踏みにする事が可能です。

というか②の効果もリンク先を埋めた後に自身が破壊される事で

融合シンクロエクシーズの揃い踏みを実現できるように設計された効果ですね。

そういう意味では非常にニクいカードであると言えるでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)59 背反の料理人(バック・ザ・コック)

史上初の真炎の爆発対応ナンバーズ!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:慧眼の魔術師

Vジャンプ6号の付録としてつく新カード、慧眼の魔術師の考察をしていきたいと思います。 &nbs

記事を読む

紫毒の魔術師(しどくのまじゅつし):遊戯王カード考察

破壊したら君のカードも道連れにするからね   今回紹介するのはペンデュラム・エ

記事を読む

ミキサーロイド:遊戯王カード考察 露骨すぎるスピードロイド対策、でも意外とスピードロイドでも活用できる?

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ロングフォーン・ブル

ワグナス!ペンデュラムサーチできなくなってた!   今回紹介するのは今回紹

記事を読む

遊戯王アークファイブ第60話『地獄の沙汰もカード次第』感想

遊戯王ARC-V60話の感想です。 ロジェ長官の手腕によって一網打尽とされてしまったランサーズ

記事を読む

遊戯王カード考察:ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者- ロード・オブ・ドラゴンさんがさらにはっちゃけました

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)ヒグルミ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバース・クアンタム・ドラゴン 戦闘した相手をバウンスしてさらに攻撃

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花積み、超こいこい、イカサマ御法度

カーディアン本領発揮!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムより

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,978,511 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑