遊戯王カード考察:希望皇(きぼうおう)オノマトピア ヒャッハーカード名全部乗せだぁ!

歴代主人公のエースカードや特性のカードプロテクターなどが収録された

20th ANNIVERSARY DUELIST BOXが12月22日に発売されます。

今回紹介するのはそのデュエリストボックスよりこのカードです。

 

 

 

希望皇オノマトピア
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1500/守1500
このカード名はルール上
「ズババ」、「ガガガ」、「ゴゴゴ」、「ドドド」カードとしても扱う。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
手札から「希望皇オノマトピア」以外の
以下のモンスターをそれぞれ1体まで守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
●「ズババ」モンスター
●「ガガガ」モンスター
●「ゴゴゴ」モンスター
●「ドドド」モンスター

 

 

光属性戦士族のレベル4モンスターです。

まさに希望皇ホープを小さくしましたって感じの見た目をしています。

セキュリティ・ドラゴンしかりデブリ・ドラゴンしかり

主人公エースのデフォルメバージョンというのは結構お約束です。

カード名は希望郷-オノマトピア-を意識したものとなっていますね。

ちなみにあちらの英語名はそのまま「Onomatopia」なのですが

こちらの英語はどうなるのかちょっと興味ありますね。

 

 

このカード名はルール上
「ズババ」、「ガガガ」、「ゴゴゴ」、「ドドド」カードとしても扱う。

さてこのカードの一番の特徴と言っていいのがこの効果外テキストです。

名称変更効果はまあ珍しいものでもないのですが

さすがに4種類のテーマ全てのカード名として扱うのは前人未到すぎます。

まさに遊馬が使ったカテゴリ全部乗せのような効果外テキストです。

ズァークさん風に言うなら

「我はズババにしてガガガ、ゴゴゴにしてドドド・・・」といった感じです。

え?アチャチャ?いやだってあれオノマトペじゃないし・・・。

この結果非常に多くのサポートに対応しており

特にオノマト連携、ドドドドロー、ガガガリベンジ、ガガガシスター

に対応しているのは美味しいです。

ガガガヘッドやゴゴゴアリステア&デクシアなど、

ガガガやゴゴゴのみという制約も問題なくクリアできます。

蘇生手段も実に豊富で上記のガガガリベンジの他、

ガガガヘッド、ガガガマンサー、ゴゴゴジャイアント、ドドドバスター、

といった多くのモンスターの効果で蘇生できます。効果無効なしで。

 

 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
手札から「希望皇オノマトピア」以外の
以下のモンスターをそれぞれ1体まで守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
●「ズババ」モンスター
●「ガガガ」モンスター
●「ゴゴゴ」モンスター
●「ドドド」モンスター

効果の方は1ターンに1度、オノマトピア以外の

ズババ、ガガガ、ゴゴゴ、ドドドと名の付くモンスターを

それぞれ1体ずつ手札から守備表示で特殊召喚できるというものです。

全部のカードをデッキに入れているような

まさに【遊馬デッキ】といえるようなデッキでこそ真価を輝く効果で

これらのカードを全部採用するロマン構成に価値を生み出しました。

まあさすがに全カテゴリ採用はロマンすぎるとしても

1種類や2種類採用したデッキでも専用の切り込み隊長として活用できます。

特に【ゴゴゴ】にとってありがたい効果であり

手札のゴゴゴゴーレムやゴゴゴゴーストを展開する手段として重宝します。

このカードのおかげで手札からゴゴゴゴーストの効果が発動しやすくなります。

 

ただ制約としてこの効果を発動したターンは

エクシーズモンスターしかEXデッキから特殊召喚できなくなってしまいます。

実際に5体並べたとしても活用できる手段は結構限られてくるでしょう。

一応このカードを使ってどんなエクシーズ召喚狙えるかをいくつか例に出してみます。

 

・ガガガシスター&ドドドウォリアーorドドドバスター:レベル6×3

CNo.5 亡朧龍 カオス・キマイラ・ドラゴンを出す布陣ですね。

どちらかというとガガガシスター通常召喚からオノマトピアを蘇生した方が

カード枚数的にお得ですしこの場合もう1体ガガガを出せるので

ガガガヘッドあたりを出せば素材4体も行けます。

 

・ガガガマジシャン&ドドドドライバー:レベル5×3

マジシャンとドライバーの効果を使う事で全部レベル5に調整可能です。

こちらは素材3つのNo.5 亡朧竜 デス・キマイラ・ドラゴンや

No.67 パラダイスマッシャーを出したい場合に選択肢に入ります。

直接CNo.101 S・H・Dark Knightをエクシーズ召喚して

CX 冀望皇バリアンに繋げるみたいな芸当も可能です。

 

・ガガガマジシャン&ドドドガッサー:レベル8×2

ギャラクシーとか出したい場合の布陣です。オノマトピアはフィールドに残ります。

 

・レベル4のガガガ&ドドド&ゴゴゴゴースト:レベル4×4

ゴゴゴゴーストの効果も合わせればレベル4が5体並びます。

十二獣ワイルドボウを直接エクシーズ召喚とか夢のある事は出来ますね。

そのままだとあまりうま味がありませんがDNA改造手術があるなら

素材5体のNo.86 H-C ロンゴミアントは出せたりします。

 

どれもそこまで実用的というわけではないですが参考までに。

とりあえずは無理してたくさん展開するよりも

1枚、2枚手札から出すだけで十分というケースは多いです。

 

 

個人的にはこのカードの最大の利点は何よりも

【ガガガ】や【ゴゴゴ】にオノマト連携を無理なく組み込める

点だと思っています。

オノマト連携を有効活用するには複数のテーマを同時に採用する必要があり

そのあたりの兼ね合いが必要となっていましたが

このカードのおかげで純粋な【ガガガ】や【ゴゴゴ】に

このカードを混ぜるだけで十分に活用していけるようになりました。

また実際に複数のテーマを混ぜる場合にもこのカードが潤滑油となってくれます。

例えば【ゴゴゴ】にこのカードと一緒にガガガシスターを出張させたり

【ガガガ】にゴゴゴジャイアントと一緒にこのカードを出張させたりと

2つのサポートを共有できるこのカードは色々と便利です。

もし今後4つのテーマのサポートカードが増えた場合

このカードは更に化ける事となるでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:水晶機巧(クリストロン)-リオン

除外されたカードを再利用!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ガガガヘッド

今回紹介するのは漫画版遊戯王ZEXAL9巻の付録になっているこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:聖珖神竜(せいこうしんりゅう)スターダスト・シフル

今回紹介するのはVジャンプの応募者全員サービスよりこのカードです。   &nb

記事を読む

燃え竹光(もえたけみつ):遊戯王カード考察 これから毎ターンメインフェイズ1スキップしようぜ

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG:自分なりのデッキの組み方について

前回の記事でデッキ枚数に関する話を少しさせていただきました。せっかくなので 今回は実際に自分が

記事を読む

遊戯王アークファイブ第114話『闇に輝く超銀河』感想

遊戯王ARC-V114話の感想です。 見事勝鬨相手のエンタメデュエルを成功に収めた遊矢。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:天帝アイテール

結構前から出ていた情報ですが9月19日に新しいストラクチャーデッキである 「ストラクチャーデッ

記事を読む

遊戯王カード考察:聖騎士の追想 イゾルデ ボールスに続くまとまった聖剣墓地肥やし手段

いよいよ今日、LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)の発売です。 今回

記事を読む

遊戯王カード考察:再臨の帝王 素直にリリース要員に使う以外ではエクシーズ素材とかにも

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前に敗れてしまったインヴェルズ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,978,511 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑