遊戯王カード考察:サイバース・ウィキッド 効果破壊耐性を付与したい時に

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。

 

 

 

サイバース・ウィキッド
リンク・効果モンスター
闇属性/サイバース族/攻 800/LINK-2
【リンクマーカー:下/右下】
\ ↑ /
←   →
↓ \
サイバース族モンスター2体
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:リンク召喚したこのカードは戦闘・効果では破壊されない。
②:このカードのリンク先のサイバース族モンスターは効果では破壊されない。
③:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合、
自分の墓地からサイバース族モンスター1体を除外して発動できる。
デッキからサイバース族チューナー1体を手札に加える。

 

闇属性サイバース族のLINK-2です。

VRAINSにおいてプレイメーカーがボーマン戦で使用し

その効果でサイバース・シンクロンをサーチしつつ耐性を付与しました。

アニメではモンスター効果を受けない耐性を付与していましたが

OCG化に伴い破壊耐性に変わっています。

 

半ズボンとサスペンダーとフードが眩しい杖を持ったショタっ子です。

これもある種のアイドルカードと言えるでしょう。

太ももにあたる部分が緑色に機械化されたような状態になっています。

名前の由来は悪いを意味する「ウィキッド」と「キッド」から来ているのでしょう。

案外悪戯好きな子供なのかもしれません。

所でこのカード、チューナーに関する効果を持っていますが

プレイメーカーはデュエル中にネオ・ストームアクセスで

シンクロモンスターであるサイバース・クアンタム・ドラゴンを手に入れたのですよね。

もしかしたらそれ以前からプレイメーカーのデッキにはシンクロモンスター、

例えばサイバース・インテグレーターあたりが入っていたのかもしれませんね。

 

 

【リンクマーカー:下/右下】
サイバース族モンスター2体

リンク素材にはサイバース族2体を使用しています。

効果からもサイバース族デッキでリンク召喚するのが基本となるでしょう。

リンクマーカーは下と右下にあります。

EX召喚枠の確保に優れ相互リンクもしやすいという優秀な向きです。

 

 

①:リンク召喚したこのカードは戦闘・効果では破壊されない。
②:このカードのリンク先のサイバース族モンスターは効果では破壊されない。

①と②の効果はリンク召喚した自身に戦闘破壊耐性と効果破壊耐性を付与し

リンク先のサイバース族に効果破壊耐性を付与するというものです。

特に戦闘に強いサイバース・クアンタム・ドラゴンをリンク先に出せば

飛躍的に場持ちを高められるでしょう。

自身も破壊には滅法強いですが攻撃力が800しかない為、

サンドバッグにされる危険性は常に気を付けておく必要があります。

ジャガーノート・リーベあたりに殴られたら目も当てられません。

このカードが殴られるのを防ぐという意味でも

サイバース・クアンタム・ドラゴンと相性がいいです。

 

 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合、
自分の墓地からサイバース族モンスター1体を除外して発動できる。
デッキからサイバース族チューナー1体を手札に加える。

③の効果は1ターンに1度、

このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に

墓地からサイバース族1体を除外し

サイバース族チューナーをデッキから手札に加えるサーチ効果です。

現在サイバース族チューナーはサイバース・シンクロン1体のみの為

実質的にサイバース・シンクロン専用のサーチカードと言えるでしょう。

コストとして除外するサイバース族ですが

ドットスケーパーあたりであれば効果のトリガーにもなるのでお得です。

 

 

サーチできるサイバース・シンクロン自体に特殊召喚効果の類はないので

このカードを出したターンの内にシンクロ召喚を行うのであれば

召喚権を残しておくか別の方法で特殊召喚する方法があります。

幸いサイバース族は展開手段に優れたカードが多い為、

召喚権を使わずにこのカードをリンク召喚するのはさほど難しくはないでしょう。

また③の効果でバランサーロードを除外していれば

そのままあちらの効果でサイバース・シンクロンを特殊召喚可能です。

バランサーロードは召喚権を増やす効果も持っている為

そういう意味でもお世話になるでしょう。

関連記事

インスペクト・ボーダー:遊戯王カード考察 ロック性能は十分!ステータスも十分!

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第58話『レプリカの魂』感想

遊戯王ヴレインズ58話の感想です。 先週は休みだったので久しぶりですね。 前回の

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:妖精伝姫(フェアリーテイル)-シンデレラ

装備魔法を使いまわせ   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカード

記事を読む

遊戯王カード考察:プロトロン 予想GUYなどからガベージコレクターでドングルドングリに

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

マスター・ボーイ:遊戯王カード考察 バハムートシャーク救済カード、安心してください皆さんの予想通りの効果です

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:ミレニアム・アイズ・イリュージョニスト 相手ターンにも発動を狙いたい所

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第67話『シティの光と影』感想

遊戯王ARC-V67話の感想です。 次回予告からして不穏な気配が全開です。 どんどん評議

記事を読む

遊戯王アークファイブ第141話『ジュニアユース選手権』感想

遊戯王ARC-V141話の感想です。 見事ズァークに打ち勝った零羅。 しかしズァークを封

記事を読む

遊戯王カード考察:電網(でんもう)の落とし穴 腐るケースはかなり少ないと思います

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

醒めない悪夢:遊戯王カード考察

メタとしても優秀だし悪用も効く   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,869,018 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑