遊戯王カード考察:アップデートジャマー 攻撃力0の相手モンスターをカモにしろ

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。

 

 

 

アップデートジャマー
リンク・効果モンスター
風属性/サイバース族/攻2000/LINK-2
【リンクマーカー:上/左】

  →
/ ↓ \
レベル2以上のサイバース族モンスター2体
①:自分のサイバース族モンスターが戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
ダメージステップ終了時まで、
このカード以外のフィールドのカードの効果は無効化され、
その戦闘のダメージ計算は元々の攻撃力・守備力で行う。
その戦闘で相手モンスターが破壊され墓地へ送られた時、
相手に1000ダメージを与える。
②:このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードをリンク素材としたリンクモンスターはこのターン、
1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 

 

風属性サイバース族のLINK-2です。

VRAINSにおいてプレイメーカーがボーマン戦で使用し

その効果で裁きの矢の攻撃力上昇を無効化し

更にデトネイト・デリーターのリンク素材となり2回攻撃を付与しました。

またサイバース族のカードを手に入れる為の詰めデュエルにも登場しました。

ハノイの騎士はこのカードを駆使して詰めデュエルを解こうとして失敗しましたが

実は一旦墓地にサイバース族を送る事さえできれば

リンク・リスタートでカオス・バーストを無効化できるので

アップデートジャマーで戦闘破壊してダメージを与える、という事も可能でした。

 

背中に巨大なアンテナを背負ったダウナー気味な少年です。

ジャマーとは妨害電波発信機の事なので背中のアンテナがそれなのでしょう。

攻撃力や守備力の変更をアップデートに見立ててそれを妨害するのでしょう。

 

 

【リンクマーカー:上/左】
レベル2以上のサイバース族モンスター2体

リンク素材にはレベル2以上のサイバース族2体を指定しています。

ドラコネットからビットロンやバイトロンを特殊召喚するのが手っ取り早いでしょうか。

リンクモンスターを素材にできない点には注意してください。

トークンの多くはレベル1な為リンク素材にする事はできませんが

サイバネット・リチューアルやワンタイム・パスコードで生成できるトークンは

レベル4な為リンク素材として活用可能です。

リンクマーカーは上と左に存在しています。

メインモンスターゾーン向けのリンクマーカーですが

すぐにリンク素材にしてしまうのであれば

EXモンスターゾーンに出しても特に問題はないでしょう。

 

 

①:自分のサイバース族モンスターが戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
ダメージステップ終了時まで、
このカード以外のフィールドのカードの効果は無効化され、
その戦闘のダメージ計算は元々の攻撃力・守備力で行う。
その戦闘で相手モンスターが破壊され墓地へ送られた時、
相手に1000ダメージを与える。

①の効果はサイバース族が戦闘を行うダメージ計算時に

そのダメージステップの間自身以外のフィールドのカード効果を無効化しつつ

攻撃力守備力が変動している場合はそれも元に戻すというものです。

さらにこの効果が発動している状態で相手モンスターを戦闘破壊して墓地に送った場合には

1000ダメージを与えるバーン効果も豪華特典としてついてきます。

アニメの詰めデュエルでも指摘されていましたが

相手だけでなく自分のカードの効果も無効になる点には注意してください。

 

特にワイトキングなど元々の攻撃力が0のモンスターを相手にする場合に美味しく

このカード自体の攻撃力が2000ある為そういったモンスターを戦闘破壊できれば

3000ものダメージを与える事が可能です。

時械神など戦闘破壊耐性のあるモンスターに対しても効果的です。

 

サイバース族が戦闘破壊する度に1000ダメージを与えられるというのも結構強力で

シューティングコード・トーカーなど連続攻撃が出来るカードと組み合わせれば

相手に与えるバーンダメージもえぐいものとなってきます。

またデュアル・アセンブルムやセグメンタル・ドラゴンなど

特定条件で攻撃力が半減してしまうカードの攻撃力を元に戻す事も可能です。

 

 

②:このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードをリンク素材としたリンクモンスターはこのターン、
1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

②の効果はこのカードをリンク素材にしたモンスターは

そのターンの間2回攻撃できるというものです。

①の効果とは逆に攻撃力を上昇させる事の出来るカードと相性がよく

特にエンコード・トーカーであれば相手の攻撃力を上乗せした上で

2回殴る事も可能です。

またヴァレルロード・ドラゴンであればコントロール奪取を2回行えます。

上記のカード以外でも単純に攻撃回数が増えるのはありがたいでしょう。

 

 

①と②の効果それぞれでモンスターの戦闘を支援できる優秀なカードです。

特に②の効果はリンク召喚の繋ぎにするだけでも発動を狙える為、

何かと活用できる場面は多いでしょう。

①の効果も特定のモンスター相手には非常に有用であり

サイバース族デッキであればEXデッキに1枚は入れておきたいカードです。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-武藤遊戯-よりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:九十九スラッシュ

耐えて、耐えて、耐えて……耐えて耐えて、耐えた甲斐あった!! 耐えた、耐えた、耐えた耐えた、耐えた

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-五月雨のソハヤ

期待のレベル5BFシンクロ!     今回紹介するのはザ・ダー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛(カーディアン)-雨四光(あめしこう)-

エンジョォォォォォォォイ!   5月14日にコレクターズパック「閃光の決闘者編

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超重武者ツヅ-3(ミ)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青眼の双爆裂龍(ブルーアイズ・ツイン・バースト・ドラゴン)

今回紹介するのはVジャンプの2月号に付録されるこのカードです。    

記事を読む

究極宝玉神(きゅうきょくほうぎょくしん) レインボー・オーバー・ドラゴン:遊戯王カード考察 未来融合で7体墓地肥やし

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

闇の進軍:遊戯王カード考察  ライトロードに墓地回収カード登場、除外効果を活かせるかがカギを握る

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:マジシャン・オブ・カオス ようやく出てきたレベル7カオス儀式モンスター

今回紹介するのは20th ANNIVERSARY DUELIST BOXよりこのカードです。

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    実は元々の攻守で計算行うってのは実際に攻守変動をリセットする効果でもモンスターに与える効果でもないので、ヴァレルソードのような後だしスキドレで解除されないようなステータス変動はこの効果中効果後も維持されたままだし、ヴェノミナーガのような効果を受けないモンスターも元々の攻守である0としてダメージ計算と戦闘破壊が行われるようになってる。
    処理としては禁じられた聖典と同じ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,164,717 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑