遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第74話『囚われのイグニス』感想

公開日: : アニメ感想, 遊戯王, 遊戯王ヴレインズ

遊戯王ヴレインズ74話の感想です。

 

 

前回のあらすじ:当然闇属性ィ!

 

 

謎実験

体にケーブルをつなぎ実験らしきものをしているフードのGo鬼塚。

どうやらこれはSOL社が行っているテストのようで

仮想プレイメーカーとのデュエルに勝ったところのようです。

果たして鬼塚はどうなってしまうのでしょうか。

 

ある倉庫に財前晃が顔を出していました。

どうやらプレイメーカーが晃を呼びつけたようで

わざわざボイスチェンジャーまで用意している徹底ぶりです。

プレイメーカーはまだ晃や葵に正体明かす気は全くなさそうですね。

プレイメーカーの要件はイグニス2体が人類を支配しようとしている事を

SOL社に連絡してかつ警戒を促す為にあり

自分に何かあった時リンクヴレインズを救えるのはお前だけだと言っています。

これはSOL社ではなく晃個人を信頼しているのでしょうね。

 

プレイメーカーから情報提供を受けた晃は早速その事を葵とエマにも伝えました。

現状ライトニングとウィンディが敵、Aiと不霊夢が味方であり

残る中立状態である2人のイグニスは行方知らずという状態です。

晃はリンクヴレインズのセキュリティ見直しに動き、

葵とエマは中立の2人のイグニス、アースとアクアを探す事にしました。

 

アースとアクアを探そうとしていたのはプレイメーカー達も一緒でした。

彼らがライトニングの味方をしないとなればライトニングは野放しにはしないだろうと考え

そのままでは危険であると考えたためです。

で、草薙さんが言うにはどうやらアースは度々リンクヴレインズに来ているようで

その痕跡も発見しているのですが・・・多いんですその痕跡が。

どうやら必死になってアクアを探しているみたいですね。

 

 

アクアは見た!

そしてアースは今もまたアクアを探しにリンクヴレインズを駆け回っていました。

アースが何やらスキャンをすると隠されていた謎の建造物が見つかります。

その中には牢に囚われていたアクアの姿が。

どうやら鉄格子にはウイルスが仕込まれているようで掴むと電撃が発生していますが

アースは構うもんかとばかりに鉄格子を無理やりこじ開けてアクアを救出します。

アースの手はどす黒く変色してしまいアクアが頑張って治療する中、

アクアの口から今までの経緯が語られます。

やはりアクアを捕えていたのはライトニングであり、

早々に計画に気づいたアクアを口封じするためにずっと閉じ込めていたようです。

それを知ったアースはライトニングに大激怒、

特に「そんなイグニスがサイバース世界を滅ぼしたなんて・・・」とか悩んでもいません。

アクアがそういったのだからそれが真実なんだろうぐらいの思考してますねこれは。

 

そんな中アクアはフードの男、Go鬼塚に追われている事を感づきます。

そしてアースの所在をプレイメーカー達も嗅ぎつけました。

ソウルバーナーは現在位置から遠すぎるという事でプレイメーカーが向かいます。

そしてGo鬼塚から逃げきれないと悟ったアースはアクアを突き飛ばし、

自分がその間Go鬼塚を引き付ける事を決意します。

Go鬼塚は先にアクアを相手しようとしましたがやむなくアースの相手をします。

そこでGo鬼塚が言うんですよ。「楽な方から相手しようと思ったが」って

エンタメや強さを求めていた鬼塚からはあまりにもかけ離れたセリフです。

さてそんな所でプレイメーカーも合流します。

アースを追いかけるフードの男にお前は誰だと問いかけますが

フードの中から出てきたのは

以前とはあまりにもかけ離れた、痩せ細り何かに取りつかれたような目をした鬼塚でした。

わざわざアバターまで痩せる必要あるのかと思いますが

恐らくリンクヴレインズと現実で体格に違いが無い方が色々都合がいいんでしょうね。

Go鬼塚は既にアースとデュエルを始めたためプレイメーカーの相手は後だと言いつつ

アースとGo鬼塚のスピードデュエルが始まりました。

晃が言うにはこのGo鬼塚は万全の状態ではないようで

クィーンが無理やり出動を要請したようです。

この会話からもナニカサレタのは確実なようですね。

 

所でプレイメーカーさん。

鬼塚の声を聞いて「この声はまさか・・・!」って察しましたけど

同じノリでブルーガールの声は察せれなかったんですか?

 

 

クリスタルハート絶対守るマン

先行はGo鬼塚。

モンスターを1枚伏せてターンエンドです。

Go鬼塚が使う剛鬼もダイナレスラーも守備力は0のはずですが

それを守備表示でセットしてターンエンドとは中々不気味です。

 

アースのターン、ドロー。

まずコストダウンを発動してレベルを4に下げたロックハンマーを通常召喚、

すぐさまリリースしてトークン3体を生成します。そしてその内2体を素材に

LINK-2、Gゴーレム・スタバン・メンヒルをリンク召喚、

さらに残ったトークンとスタバン・メンヒルを素材に

LINK-2、Gゴーレム・クリスタルハートをリンク召喚です。

わざわざ素材3体を使ってLINK-2を出した理由は

クリスタルハートの効果を最大限に利用する為で

その効果で墓地のスタバン・メンヒルを蘇生してカウンターを1つ乗せ

さらにメンヒルの効果で墓地のロックハンマーを蘇生し

メンヒルとロックハンマーでインヴァリット・ドルメンをリンク召喚、

クリスタルハートのカウンターはさらに1つ増えて

ドルメンの攻撃力は3400まで上昇させました。

結果として直接インヴァリット・ドルメンを出した場合よりも

カウンターが2つ乗ったクリスタルハートも追加で用意できる形となりました。

 

そしてドルメンで伏せカードを攻撃、伏せカードの正体は守備力0のカパプテラ、

ドルメンには貫通効果がありこのままでは3400の貫通ダメージを受けますが

Go鬼塚は手札からマーシャルアンキロを捨てる事で

カパプテラの破壊を無効にして戦闘ダメージも半分にしました。

アースはこれでターン終了です。

 

さて晃からリンクヴレインズの映像を送ってもらった葵、

分かり合えるかもしれないイグニスをSOLに渡すわけにはいかないと

エマに状況報告をお願いしつつ自分もイントゥザヴレインズする事にしました。

 

 

新たなる力

鬼塚のターン、ドロー。

カパプテラは相手モンスターが自分モンスターの数より多い場合に

墓地送り効果を発動できますがドルメンの効果により耐性があり発動できません、

それならばと手札からダイナレスラー・パンクラトプスを特殊召喚しつつ

ダイナレスラー・エスクリマメンチをリリースなしで通常召喚します。

名前の由来はフィリピンの武術エスクリマとマメンチサウルスからでしょう。

そして3体を素材にダイナレスラー・キングTレッスルをリンク召喚し

カパプテラの効果により攻撃力を4000まで上昇させます。

そしてキングTレッスルでクリスタルハートを攻撃、

ドルメンが代わりに戦闘破壊されるもその効果でキングTレッスルの効果を無効にします。

さらに通常罠「重力幻影(グラビティ・ビジョン)」を発動、

破壊されたドルメンのリンク数3×600の守備力を持つトークンを生成し、

それと同じ数値、つまり2400分キングTレッスルの攻撃力を下げます。

これで実質的にキングTレッスルを無力化出来たと言えるでしょう。

 

しかし新たな力を見せてやるといい思考領域拡張と叫びます。

字面を考えれば高速思考とかそのあたりでしょうか。

まず墓地のエスクリマメンチの効果により相手の場にモンスターが特殊召喚された際に

手札に戻しつつ墓地のダイナレスラー、この場合カパプテラを蘇生させます。

そして速攻魔法「タイラント・ダイナ・フュージョン」を発動、

感じるぞ・・・力の高まりを!
目覚めよTレッスル!すべてを喰らう暴君となれ!
現れよ!ダイナレスラー・キメラ・Tレッスル!!

融合モンスター、ダイナレスラー・キメラ・Tレッスルを融合召喚です。

Go鬼塚はいいます。これこそが人間の領域を超えた力だと。

 

 

 

 

 

というわけですっかり変わり果ててしまったGo鬼塚が衝撃的でした。

EDの立ち絵も変わっており体の痩せ具合がより見て取れます。

果たしてかれがエンタメデュエリストに戻る時は来るのでしょうか。

そしてGo鬼塚も融合召喚を使いだしましたね。

これでヴレインズで融合召喚を扱うのは4人目です。

 

 

 

次回予告 75話『心に取り付く鬼』

もがき苦しむ男は禁断の選択をした

墜ちるところまで墜ちたかもしれないが

屈辱に塗れた自分をこれ以上見て居られない

プレイメーカーという頂はすぐそこ

鬼塚は念願の力を手に入れた

どうやら鬼塚は無理やりこうなったというわけではなく

分かってて自分から実験を受けてこうなった感じのようですね。

「予想だにしない驚愕の戦法」という事ですが

もしかしてエクシーズ召喚でもするのでしょうか。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:ブンボーグ009(ゼロゼロナイン)

脳筋の彼方へ・・・・・・     シャイニング・ビクトリーズの

記事を読む

遊戯王カード考察:アンデット・ネクロナイズ 緩い条件でコントロール奪取!

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-アンデットワールド-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ジェット・オーガ 繋ぎとして最適なLINK-2剛鬼

今回紹介するのはLINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)よりこのカードです。

記事を読む

究極伝導恐獣(アルティメットコンダクターティラノ):遊戯王カード考察

さあ恐竜族の時代がやってきた!   2月25日に「ストラクチャーデッキ-恐竜の

記事を読む

旋風機(せんぷうき)ストリボーグ:遊戯王カード考察  リリース素材を手札に戻す新時代のアドバンス召喚!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第54話『シンクロ次元「シティ」』感想

遊戯王ARC-V54話です。 いよいよシンクロ次元の様子が見れますね。  

記事を読む

遊戯王カード考察:カラテ魂(スピリット) KURO-OBI(クロオビ) デメリットなしスケール9!

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械要塞(アンティーク・ギアフォートレス)

アンティーク・ギアの耐性を大きく強化!   今回紹介するのはストラクチャーデッ

記事を読む

RR(レイド・ラプターズ)-エトランゼ・ファルコン:遊戯王カード考察

レイド・フォースやデス・ダブル・フォースと高相性!   今回紹介するのはマキシ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:旧神(きゅうしん)ヌトス

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,869,018 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑