遊戯王OCG新カード考察:イグナイト・デリンジャー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。

 

 

 

イグナイト・デリンジャー
ペンデュラム・通常モンスター
星5/炎属性/戦士族/攻2400/守1200
【Pスケール:青2/赤2】
①:もう片方の自分のPゾーンに「イグナイト」カードが存在する場合に発動できる。
自分のPゾーンのカードを全て破壊し、
自分のデッキ・墓地から戦士族・炎属性モンスター1体を選んで手札に加える。
【モンスター情報】
仲間たちからちやほやされているイグナイトの紅一点。
自慢の武器は敵よりも味方を射止める事の方が多いが、
文句を言える者は誰もいない。

 

 

イグナイトの新しい仲間です。

イグナイトとしてはいつも通りのペンデュラム効果といつも通りのスケール。

そしていつも通りちょっとアレなフレーバーテキストですね。

いくら紅一点といってもさすがに誤射したら文句言っていいと思うんです。

イラストを見る限り武器は飛苦無や棒手裏剣の類でしょう。

これを仲間にぶっ刺すとか鬼畜の極みですね。

それでもちやほやされているというのですから驚きです。

もしかしたらイグナイトはドMの集団なのかもしれません。

 

 

デリンジャーというのは手のひらサイズに収まる非常に小型の銃の名称です。

ポケットに簡単に収まるサイズなので護身用として人気が高い銃です。

また隠し持つにも最適でリンカーン大統領の暗殺に使われたりもしました。

ちなみに小型な分命中精度は悪いそうです。つまりそういう事ですね。

TRPGのソードワールド2.0にも登場しており最強の1Hガンとして名高いです。

SW2.0におけるガン最強伝説の原因の半分を担っていると言っても過言じゃないです。

その強さはもう他の1Hガンいらないんじゃないかな?ってレベルです。

正直すこしくらい弱体化させてもすいません話が逸れました。

 

 

ペンデュラム効果なんですが正直今更語るような事がありません。

だっていつものイグナイトのペンデュラム効果なんですもの

両方のPゾーンのイグナイトを破壊して戦士族炎属性をサーチ、サルベージというあれです。

 

 

特筆すべき点としてはイグナイトのペンデュラムとしては最高の攻撃力を持っている点です。

ああ文句を言えるものが誰もいないってそういう・・・

2400打点は中々魅力で繰り返し使えるアタッカーとして活躍させる事も出来ます。

それ以外には特に目新しい事が書いてあるカードではないのですが

【イグナイト】デッキにとっては初手にイグナイトが多いほど安定する傾向がある為、

単純に7体目のイグナイトペンデュラムというだけでも嬉しい点と言えます。

またイグナイト・ライオットに続くレベル5のイグナイトである為

ランク5のエクシーズ召喚も狙いやすくなるでしょう。

 

 

レベル5のペンデュラムモンスターも大分増えて来ました。

そろそろレベル5メインのペンデュラムデッキも組めそうな感じではあるんですが

現状では高スケールのレベル5ペンデュラムが不足しています。

まだまだ他のレベルのペンデュラムモンスターの協力が必要ですね。

 

うさぎ

だからうさぎさん誤射やめてください

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

ターレット・ウォリアー

戦士族をリリースして特殊召喚できるカードであり

イグナイト・デリンジャーをリリースすれば攻撃力は3600に到達します。

イグナイト・デリンジャーは戦士族のペンデュラムの中で最高攻撃力であり

繰り返し使えるリリース要因として重宝するでしょう。

召喚権こそ必要としますが偉大魔獣 ガーゼットもお勧めです。

こちらはデリンジャーをリリースすれば4800打点になります。

関連記事

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第63話『捕獲者の王「ゴヨウ・キング」』感想

遊戯王ARC-V63話の感想です。 前回黒咲が「貴様、丸腰で逃げる気か?」と言って渡すものが

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超カバーカーニバル

さあカバよ!今こそお前が輝く時だ!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:フレンドリーファイア

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:蛇神(じゃしん)ゲー

随分とコンパクトなカードになりました。   6月24日に遊戯王アニメコンプリー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・スピノス

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ドラマチックシアター

脳筋こそエンタメイトの本質だと思うあなたへ・・・   3月19日に2016年度

記事を読む

遊戯王カード考察:エンドレス・オブ・ザ・ワールド 直接墓地へ送っちゃってもいいんじゃないかな

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:グローアップ・ブルーム アンデットワールドがなくても強い、あればもっと強い

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-アンデットワールド-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)ドロソフィルム・ヒドラ

相手モンスターを生贄にしろ   今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサーズ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,869,018 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑