遊戯王カード考察:エキストラケアトップス 相手のモンスターを破壊するか自分のモンスターを破壊されるか

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。

 

 

 

エキストラケアトップス
効果モンスター
星1/地属性/戦士族/攻 100/守 100
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在し、
EXモンスターゾーンのモンスターがメインモンスターゾーンの
モンスターとの戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
このカードをその破壊されたEXモンスターゾーンのモンスターの
持ち主のフィールドに守備表示で特殊召喚する。
②:このカードの①の効果で特殊召喚したこのカードが
破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

 

 

地属性戦士族のレベル1モンスターです。

フィールド魔法ジェラシックワールドを背景に

ダンボール製のトリケラトプスの仮装をつけて演技をしています。

背景の後ろには何やらショートして倒れたトリケラトプスがおり

本来撮影に使うはずだったこれが故障してしまい

急遽このダンボールを使った撮影をするハメになったのでしょう。

監督はサムズアップしてますがいいのかそれで

名前の由来はエキストラ+ケア+トリケラトプスからでしょうか。

効果の方は「エクストラをこのモンスターがケアする」という形ですが

イラストの方は「トリケラトプスをエキストラがケアする」という形であり

イラストと効果で反対の意味になっているという中々面白い名前です。

ちなみにエクストラもエキストラもアルファベットにすると「extra」であり

どちらも「外」や「臨時」、「追加」を意味する言葉なのですが

日本語において「エクストラ」ではなく「エキストラ」と表記する場合

大体はテレビや演劇などにおける端役を意味する言葉として使われます。

この辺りは日本語の妙ですね。

 

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在し、
EXモンスターゾーンのモンスターがメインモンスターゾーンの
モンスターとの戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
このカードをその破壊されたEXモンスターゾーンのモンスターの
持ち主のフィールドに守備表示で特殊召喚する。

その効果は1ターンに1度、EXモンスターゾーンのモンスターが

メインモンスターゾーンに戦闘破壊されて墓地へ送られた場合、

その倒されたモンスターが自分のカードだった場合は自分の場に

相手のカードだった場合は相手の場に

このカードを守備表示で墓地から特殊召喚する自己蘇生効果です。

②:このカードの①の効果で特殊召喚したこのカードが
破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

そしてこの効果で蘇生したカードが破壊されて墓地へ送られた場合に

1枚ドローする事が可能となります。

自分のモンスターが倒された場合には

下手に破壊するとドローをさせてしまういやらしい壁として、

相手のモンスターを倒した場合には

破壊すれば1枚ドローできるボーナス対象としてそれぞれ活用が可能です。

 

 

ただ条件となる「EXゾーンのカードがメインゾーンのカードに戦闘破壊される」

というのが少々厄介です。

自分のモンスターが戦闘破壊される場合、ミセス・レディエントなど

攻撃力のさほど高くないモンスターをEXモンスターゾーンに置けば

戦闘破壊される事自体は難しくありませんが

問題は墓地にこのカードが存在しているという公開情報であり

警戒している相手であれば迂闊に戦闘破壊はしてくれないでしょう。

というか可能ならEXモンスターゾーンのカードで戦闘破壊してくるでしょう

戦闘破壊を誘うにしても相手のEXモンスターゾーンのカードに対して

何かしらの対策を講じておかなければ狙うのは難しいでしょう。

 

逆に相手のEXモンスターゾーンのカードを倒そうと考えた場合には

多くの場合攻撃力の高いエースモンスターがそこに居座っていると思うので

それをどう戦闘破壊するかがカギとなってくるでしょう。

これに関してはEXモンスターゾーンにリンクリボーなどマーカー要員を置いて

メインモンスターゾーンに本命のモンスターを用意するなどで

戦闘破壊を狙いやすくなるでしょう。

この場合マーカー要員が蘇生させたエキストラケアトップスを

戦闘破壊してドロー効果を発動させる役も担ってくれます。

相手がエクストラデッキに依存しないデッキである可能性こそあるものの

自分のカードを戦闘破壊されるよりはこちらの方が狙いやすいでしょう。

 

 

中々に癖のあるカードですが蘇生した後に墓地へ送られても除外はされない為

上手くいけば毎ターン発動を狙う事も可能です。

また墓地に存在するだけで効果のあるカードであり

発動できなくとも相手の動きをけん制出来れば十分と割り切った運用もアリです。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:ホールディング・レッグス

今回紹介するのはMILLENNIUM PACKよりこのカードです。   &nb

記事を読む

亡龍の戦慄(ぼうりゅうのせんりつ)-デストルドー  単純にレベル7チューナーとしても便利な上に自己蘇生効果つき

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバース・クロック・ドラゴン ザ・脳筋効果 パラサイトフュージョナーの新しい融合先にも

7月14日にSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)が発売されます。 今回紹介するのはそ

記事を読む

ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-と一緒に揃えておきたいカードは? 禁止令のテキスト変わってます

今日3月10日にストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-が発売されました。 収録されているカー

記事を読む

遊戯王カード考察:ドラグニティナイト-アスカロン 強い上に結構簡単に出せる

今回紹介するのはサイバネティック・ホライゾンよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

無差別崩壊:遊戯王カード考察  ギャンブルカードの中でもかなり使いやすいです

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバネット・フュージョン サイバース族専用融合魔法、サーチしやすいのが魅力

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。 新規カード以外では超電磁

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブンボーグ007(ゼロゼロセブン)、ブンボーグ008(ゼロゼロエイト)

ブレイカーズ・オブ・シャドウ、とうとう今日発売ですね! 今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シ

記事を読む

幻煌龍(げんおうりゅう):遊戯王テーマ考察

通常モンスターである幻煌龍(げんおうりゅう) スパイラルを主軸にする新しいテーマ、 それがマキ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,164,717 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑