遊戯王カード考察:ロスタイム いっその事相手のライフ増やしてから発動してみる?

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。

 

 

 

ロスタイム
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:相手のLPが4000以上の場合、
自分のLPは相手より1000少ない数値になる。

 

 

汎用の通常罠です。

 

「野郎ども!俺たちの特技は何だっ!?」

「目だ!耳だ!鼻!」

「この試合の目的は何だっ!?」

「目だ!耳だ!鼻!」

「俺達はドリルを愛しているか!?ゲッター線を愛しているかっ!?クソ野郎ども!!」

「ゲッター!!ゲッター!!ゲッター!!」

「OK!行くぞっ!!」

 

ロスタイムとはサッカーやラグビーに存在するルールの1つで

試合時間中、交代や負傷者の搬送などに時間が費やされた場合に

試合時間終了後にその費やされた時間分試合を延長するルールです。

イラストは名前の通り試合のロスタイム中なのでしょう。

ファンタジスタ、カストディアン、フィールドゼネラル、ストロングブロッカーといった

U.A.達がここぞとばかりに猛攻をしかけようとしており

相手チームはビビりまくっています。

特にカストディアンなんかバイザーが怪しく光っておりヤる気マンマンです。

サッカーゴールが確認できる為サッカーの試合だと思われますが

アメフト選手であるフィールドゼネラルやストロングブロッカーの姿も確認できます。

別にアメフト特化というわけでなくアイアンリーガーみたいに

結構色んな競技に参加するスタイルなのかもしれませんね。

試合は1-2と一点差でありまさにこのロスタイムが勝負の決め手となる状況です。

本来ゴールキーパーであるはずのカストディアンがこうして前に出てきている為、

相手チームが1点リードしている状況なのでしょう。

それはそれとしてウルトラアスリートの新規はまだですか?

 

 

その効果は1ターンに1度、相手のライフが4000以上の時に

自分のライフを相手のライフから1000低い数値にするというものです。

相手のライフが4000の場合は自分のライフは3000、

相手のライフが8000の場合は自分のライフが7000になるといった具合ですね。

 

 

このカードの使い道は主に2つ。

1つはデビル・フランケンのように多大なライフコストを支払うカードを使った後に

このカードを発動してある程度ライフを元通りにするといった使い方です。

効果の性質上相手のライフが減ってからでは上手く機能しない為

出来るだけ相手のライフが初期値の8000である序盤に発動できるのが望ましいです。

3枚積みした上でトラップトリックでのサーチも考慮していくなど

出来るだけ初手に持ってきやすいような工夫をするといいでしょう。

 

 

もう1つは活路エクゾなどそもそも相手のライフを減らさないようなデッキで

ギフトカードや成金ゴブリンなどで相手のライフを増やした上で

このカードで自分のライフも一気に上昇させてしまうという使い方です。

活路への希望は相手とのライフ差が開いていた方が有効活用できるのですが

ライフが減りすぎて相手の攻撃を耐える事が出来なかったり

そもそも活路への希望を発動できるライフすら残っていない場合などに

非常用のライフ回復手段として用いる事が可能です。

この場合まさに「ライフで受ける!」といったことも可能になる上に

相手のライフ次第ではエンシェント・リーフによるドローも狙う事ができるでしょう。

このカードがあれば活路への希望とエンシェント・リーフを

同じデッキに採用するという事も可能になるわけです。

 

 

中々に扱いの難しいカードではありますが

こういうカードを上手く使いこなせたら格好いいですね。

関連記事

遊戯王カード考察:閃刀姫(せんとうき)-カイナ ハヤテと合わせて左下と右下にリンクマーカー

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:応戦するG

サイトを立ち上げた時期の関係上、クラッシュ・オブ・リベリオンの看板カードである オッドアイズ・

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アークブレイブドラゴン

対ペンデュラム決戦兵器!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-巨神竜復

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:HSR(ハイスピードロイド)マッハゴー・イータ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第10話『衝撃!サイバース消失』感想

遊戯王ヴレインズ第10話の感想です。 ストームアクセスによってトポロジック・ボマー・ドラゴンを

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第47話『帰って来たPlaymaker』感想

遊戯王ヴレインズ48話の感想です。 前回のあらすじ:第一部完!大トリはデコード・トーカ

記事を読む

衛生兵マッスラー:遊戯王カード考察  切り込み隊長投げ飛ばしてたあの人が変則的なデメリットアタッカーとして登場

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

『タイミングを逃す』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説、キーワードは「時」と「できる」!あと「その後」!

遊戯王に新しく導入されるリンク召喚、そして新マスタールール。 今回のルール変更はあまりにも今ま

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ゴヨウ・キング

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:ダイナミスト

ブレイカーズ・オブ・シャドウにも様々な新テーマが登場しています。 そのうちの1つがこのゾイドや

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,170,983 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑