遊戯王カード考察:幻想龍ファンタズメイ 相手がリンク召喚すれば手札から出て来て手札交換

公開日: : 最終更新日:2018/10/13 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。

 

 

幻想龍ファンタズメイ
効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守1800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手がリンクモンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分は相手フィールドのリンクモンスターの数+1枚を
デッキからドローし、相手フィールドのリンクモンスターの数だけ
自分の手札を選んでデッキに戻す。
②:自分フィールドのモンスターを対象とする
相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
手札を1枚捨てて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

 

闇属性ドラゴン族のレベル7モンスターです。

背中にブースターのような翼をもつ青紫と金を基調とする二足の龍です。

右腕に取り付けられたレーザーブレードがイカしてますね。

幻想龍って名前ですが幻竜族ではなくドラゴン族です。

名前の由来は亡霊を意味する「ファンタズマ」+「ズメイ」からでしょう。

ズメイとは東方や中欧を代表するドラゴンの名前で

ロシアでは悪役の竜として伝わっていますが

逆にバルカン地方では守護竜として伝わっていたりと

複数の地域によって伝えられておりまた地域によって伝えられ方も異なります。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手がリンクモンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分は相手フィールドのリンクモンスターの数+1枚を
デッキからドローし、相手フィールドのリンクモンスターの数だけ
自分の手札を選んでデッキに戻す。

①の効果は相手がリンクモンスターを特殊召喚した場合に

手札から特殊召喚する自己展開効果です。

さらにこのカードの場合豪華特典として特殊召喚した後に

相手のリンクモンスターの数+1枚をデッキからドローし

そこから1枚引いた数の手札をデッキに戻す手札交換もついています。

相手依存になりますが現在の環境ではリンク召喚を活用するデッキは数多く

メインデッキから投入できるぐらいには発動機会に恵まれているでしょう。

単純に特殊召喚できるだけでアドバンテージを確保しつつ手札も交換できるので

発動できる機会があれば積極的に発動していきたい所です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドのモンスターを対象とする
相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
手札を1枚捨てて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

②の効果は1ターンに1度、

自分の場のモンスターを対象にする相手の効果が発動した時に

手札を1枚捨てる事でそれを無効にして破壊する妨害効果です。

手札コストこそ必要なもののモンスターと魔法罠全てに有効であり

実質的に自分のモンスターに1回分の対象耐性を付与できるような感じになります。

対象を取る除去手段に頼る相手であればかなり効果的でしょう。

このカード自身の攻撃力も2400と

下級モンスター程度なら戦闘では突破されない数値の打点はあります。

相手が対象に取る効果持ちのモンスターを出してきた場合に

フリーチェーンの蘇生カードで墓地から蘇生してやるのもいいでしょう。

 

 

リンク召喚が多用される現在の環境向きのカードであり

相手依存ながらも出しやすさと打点、妨害性能がバランスよくまとまっています。

特にカードのダブりを防ぎたいデッキなど

①の効果による手札交換がありがたいデッキにオススメと言えるでしょう。

それ以外のデッキであってもリンク召喚を積極的に狙ってくる相手であれば

採用して問題ないくらいの汎用性を持っています。

関連記事

遊戯王カード考察:E・HERO オネスティ・ネオス

攻撃力上昇数値、脅威の2500なコンバットトリック   今回紹介するのは20t

記事を読む

遊戯王テーマ考察:【オルフェゴール】 やっぱりニンギルスお兄さん闇堕ちしてました

星杯、クローラー、ジャックナイツ、トロイメア、パラディオン。 星遺物を巡る戦いを広げる世界に新

記事を読む

パラレルポート・アーマー:遊戯王カード考察 攻撃にも防御にも

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:電子光虫(デジタル・バグ)

以前電子光虫-ライノセバスの記事を書いた時 「電子光虫というテーマが出てくるんじゃないか?」と

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバー・ドラゴン・ネクステア サイバー流の展開力さらに強化、ビッグ・ワン・ウォリアーの互換としても

7月21日にVジャンプ9月号が発売されます。 今回紹介するのはその付属としてついてくるこのカー

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSYフレームロード・Ω

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG:2018年1月の制限改定を個人的に予想してみる

12月になりました。今年もいよいよあと一か月ですね。 遊戯王的にはルールそのものが一気に変わっ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第140話『魂のペンデュラム』感想

遊戯王ARC-V140話の感想です。 沢渡とクロウも倒され零王も倒され 沢渡からペンダン

記事を読む

No.(ナンバーズ)29 マネキンキャット:遊戯王カード考察  壊獣やDNA改造手術あたりと一緒に使ってみる?

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバース・クロック・ドラゴン ザ・脳筋効果 パラサイトフュージョナーの新しい融合先にも

7月14日にSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)が発売されます。 今回紹介するのはそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,750,158 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑