遊戯王カード考察:マドルチェ・プティンセスール マジョレーヌ1枚から4体並びます

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。

 

 

 

マドルチェ・プティンセスール
効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1400/守1400
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地にモンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「マドルチェ・プティンセスール」以外の
「マドルチェ」モンスター1体を特殊召喚する。
そのモンスターのレベルは1つ下がる。
このターン、自分は「マドルチェ」モンスターしか特殊召喚できない。
③:このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
このカードをデッキに戻す。

 

 

マドルチェの新規となる地属性天使族のレベル4モンスターです。

マドルチェ・プディンセスを幼くしましたって感じの外見ですね。

髪型はホイップクリームを意識した感じでしょうか。

ややこしいですが「マドルチェ・プディンセスール」ではなく

「マドルチェ・プティンセスール」なので間違えないようにしましょう。

名前の由来はお菓子のプディングと

妹を意味する「プティット・スール」からだと思われます。

プーティンというお菓子もあるのですが見た目からすると関係なさそうです。

名前から外見から考えて恐らくプディンセスの妹なのでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地にモンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、自分の墓地にモンスターが存在しない場合に

手札から特殊召喚できる自己展開効果です。

②の発動条件になる点も含めて特にクイーンマドルチェ・ティアラミスの

エクシーズ召喚をするのに非常に役立ちます。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「マドルチェ・プティンセスール」以外の
「マドルチェ」モンスター1体を特殊召喚する。
そのモンスターのレベルは1つ下がる。
このターン、自分は「マドルチェ」モンスターしか特殊召喚できない。

②の効果は1ターンに1度、特殊召喚した場合に

マドルチェしか特殊召喚できなくなる制約と引き換えに

手札からデッキから同名カード以外のマドルチェを

レベル1を1下げた状態で特殊召喚するというものです。

自身の①の効果で特殊召喚すれば発動が狙える他、

エンジェリーやホーットケーキなどからも発動が狙えます。

最大のポイントはマドルチェ・プディンセスをレベル4で出せる事であり

このカードとプディンセスでティアラミスをエクシーズ召喚した後に

マドルチェ・プディンセス・ショコ・ア・ラ・モードにランクアップすれば

②の効果に必要な「プディンセスをオーバーレイユニットにしている」

という発動条件を容易に満たす事が可能です。

墓地にマドルチェを置きたい場合はエンジェリーも特殊召喚する候補となるでしょう。

 

 

③:このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
このカードをデッキに戻す。

③の効果は相手によって破壊されて墓地へ送られた場合にデッキに戻す強制効果です。

マドルチェではお馴染みとも言える効果ですね。

このカードの場合①の発動条件に関係してきます。

 

 

露骨です。露骨に強いです

このカードが登場したおかげでエンジェリー1枚が手札にあれば

そこからこのカードとプディンセスを特殊召喚して

クィーンマドルチェ・ティアラミスのエクシーズ召喚、

そこからさらにショコ・ア・ラ・モードのランクアップまで繋げて

デッキからさらにもう1体マドルチェの特殊召喚まで狙えます。

 

この展開はプティンセスール1枚が手札にある状態でも可能ですが

その場合はティアラミスやショコ・ア・ラ・モードの効果発動に必要な

マドルチェを墓地に置く手段が別途必要になるので注意しましょう。

もし墓地にマドルチェを用意できない場合は

プディンセスの代わりにエンジェリーを特殊召喚するといいでしょう。

 

また墓地にモンスターがいない状態でマジョレーヌ1枚が手札にあれば

マジョレーヌ→プティンセスール→エンジェリー

→ホーットケーキ→メッセンジェラートと繋げていく事で

マドルチェ・シャトーやマドルチェ・チケットをサーチしつつ

フィールドに4体のマドルチェを揃える事も可能です。

手札1枚からシャトーやチケットを発動した状態で

ティアラミスとフレッシュマドルチェ・シスタルトを並べる事が出来るという

強力な布陣を敷く事が可能です。

 

 

とにかくマドルチェの展開力を大幅に上げてくれるカードであり

特にティアラミスのエクシーズ召喚が非常に狙いやすくなりました。

ティアラミスはランク4の中でも特に強力なエクシーズな事もあり

簡単にエクシーズ召喚できるようになるのはとっても強力です。

またこのカードのおかげでプディンセスの価値も大きく高まりました。

姉を引き立ててくれるよくできた妹と言えるでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:神の摂理(Ultimate Providence)

解放のアリアドネと組み合わせると一気に凶悪カードに   今回紹介するのはEXT

記事を読む

遊戯王カード考察:セグメンタル・ドラゴン 「一定期間だけ除外」のルールを把握しておこう

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク- よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第9話『追い求めてきた敵』感想

遊戯王ヴレインズ第9話の感想です。 ついにプレイメーカーの前に姿を現したリボルバー。 リ

記事を読む

アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン:遊戯王カード考察 最高峰のロマンカード、コピーなんて甘えは許しません

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:星遺物の醒存(せいいぶつのせいぞん) クローラー以外でも十分使える

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械飛竜(アンティーク・ギアワイバーン)

アンティーク・ギアなら何でもサーチ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第68話『B・F(ビー・フォース)一斉蜂起』感想

遊戯王ARC-V68話の感想です。 シンジVS月影、これほど勝敗が読めない対戦カードも中々あり

記事を読む

沼地のドロゴン:遊戯王カード考察  初の幻竜族融合、簡易融合から出せて様々な素材に

今回紹介するのはデュエリストフェスティバル2017で配布されるこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:白闘気一角(ホワイト・オーラ・モノケロス) シンプルに使いやすい蘇生効果

闇黒の呪縛と一緒にPREMIUM PACK 20も一般販売が開始されました。 今回紹介するのは

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第59話『ハノイ再始動』感想

遊戯王ヴレインズ59話の感想です。   前回のあらすじ:息子の友達を拉

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ついにマドルチェもマジョレーヌ一枚から4体並ぶ展開力を得てしまったか(`・ω・´)

    自己特殊召喚にも効果使用後にも縛りがあるから変に悪用され難いし見た目もGoodだしと最高のガードだ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,978,511 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑