遊戯王カード考察:TG(テックジーナス) スター・ガーディアン TG第2のシンクロチューナーは…僕だ!

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。

 

 

 

TG スター・ガーディアン
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/光属性/戦士族/攻 100/守2200
チューナー+チューナー以外の「TG」モンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の「TG」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
②:自分メインフェイズに発動できる。
手札から「TG」モンスター1体を特殊召喚する。
③:相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

 

 

テックジーナスの新規となる光属性戦士族のレベル5シンクロチューナーです。

アンチノミーだこれーーーー!

左手にレーザーブレード、背中にブースターをとりつけたアンチノミーそっくりの戦士です。

正義の使者カイバーマンなどから続く本人カード化系の1つですね。

何気に右腕部分がアンチノミーのDホイール、デルタ・イーグルによくにた形状をしています。

ブルーノ、お前(もDホイールと合体勢)だったのか・・・。

ちなみに名前を直訳すると「星の守護者」ですが

アンチノミーは遊星を守る事を使命としており

そこから遊星の守護者、スター・ガーディアンと名付けられているのかもしれません。

 

 

 

チューナー+チューナー以外の「TG」モンスター1体以上

シンクロ素材にはチューナーとテックジーナス1体以上を指定しています。

効果の方もテックジーナスに関係する者ばかりなので

基本的にテックジーナスデッキでシンクロ召喚を狙う事になるでしょう。

丁度TG スクリュー・サーペントでTGブースター・ラプトルを蘇生すれば

それでシンクロ召喚を狙う事が可能です。

チューナーの方はテックジーナスでなくてもいいので

ジャンク・シンクロンでTGカタパルト・ドラゴンを蘇生するなどでもいけます。

シンクロ召喚でなくとも特殊召喚すれば効果の発動が可能であり

例えばTGトライデント・ランチャーの効果で蘇生した場合にも発動が狙えます。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の「TG」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、特殊召喚に成功した場合に

墓地のテックジーナス1体を手札に加える墓地回収効果です。

特殊な状況でもない限りこのカードのシンクロ召喚が出来ていれば

自然と回収対象は墓地に送られているでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
手札から「TG」モンスター1体を特殊召喚する。

②の効果は自分メインフェイズ時に1度、

手札からテックジーナス1体を特殊召喚するというものです。

①の効果で手札に回収してそのままそれを特殊召喚できますし

TGワーウルフが手札にあればその特殊召喚トリガーにする事も可能です。

 

 

③:相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

③の効果は相手メインフェイズにこのカードを含む自分の場のモンスターで

フリーチェーンでシンクロ召喚を行えるというものです。

いわゆるアクセルシンクロ効果であり

野太い声(TGワンダーマジシャン)と同様の効果となっています。

相手ターンにシンクロ召喚を狙える事は除去の回避に役立つ事は勿論ですが

TGトライデント・ランチャーの効果で発生する

TGしか特殊召喚できなくなる制約を回避する上でも意味があります。

 

 

同じくTGのシンクロチューナーである野太い声とはレベルも5と同じであり

ついでに言えばシンクロ素材もまったく同じだったりします。

あちらがシンクロ召喚時に魔法罠の除去が行えるのに対し

こちらは更なる展開に繋げるのに特化した効果となっているので

状況に応じて使い分けていく事になるでしょう。

更なるシンクロ召喚に繋げやすいので

特にTGハイパーライブラリアンと一緒に並べられるような時は

こちらを出して次のシンクロ召喚にも繋げられるようにすると

アドバンテージを積極的に得る事が可能です。

関連記事

遊戯王カード考察:鋼鉄の襲撃者(ヘビーメタル・レイダース)

いよいよ今日、デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-の発売です。 今回紹介するのはそ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破滅竜ガンドラX(クロス)

とりあえず二回出して殴れば大体勝てると思う   劇場版遊戯王の公開日も近づいて

記事を読む

遊戯王カード考察:古代の機械蘇生(アンティーク・ギアリボーン)

何度もアンティーク・ギアの蘇生を狙える!   今回紹介するのはレイジング・テン

記事を読む

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)ガトリングール

凶悪なバーン効果で相手をハチの巣だぁ!   今回紹介するのはマキシマム・クライ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重魔獣(ちょうじゅうまじゅう)キュウ-B(ビー)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)バンブー・ホース

展開と墓地肥やし両方で活躍する優等生!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

『蘇生制限』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説  召喚条件無視って聞くと出来るって思っちゃうよね

「何このカードゲーム難しい・・・」 そんな感想をいだく遊戯王初心者の為の解説コーナー、

記事を読む

プチラノドン:遊戯王カード考察

手札からでもデッキからでも破壊されまくるある意味可哀想な子   今回紹介するの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察: 古代の機械合成竜(アンティーク・ギアヒドラ)

全体攻撃!勝てない相手にも相打ち上等!   今回紹介するのはストラクチャーデッ

記事を読む

遊戯王カード考察:ドラグニティ-クーゼ アスカロンとセットでどうぞ

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ブルーーーーーーーノォーーーーーー!!!!!!!
    (うれしくて叫んでしまいましたごめんなさい)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,949,393 総合計アクセス数
  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑