遊戯王カード考察:サイコウィールダー 特にレベル3中心のデッキにどうぞ、ゴヨウも出せるぞ

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。

 

 

 

サイコウィールダー
チューナー・効果モンスター
星3/地属性/サイキック族/攻 600/守 0
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「サイコウィールダー」以外の
レベル3モンスターが存在する場合、
このカードは手札から守備表示で特殊召喚できる。
②:このカードがS素材として墓地へ送られた場合、
このカードをS素材としたSモンスターより低い攻撃力を持つ
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 

 

地属性サイキック族のレベル3チューナーです。

まるでジャックのホイール・オブ・フォーチュンやザンスカール製モビルスーツのような

大きな一輪のホイールと一体化したようなロボットです。

余談ですがホイール・オブ・フォーチューンのようなバイクは

モノホイールバイクと呼ばれるもので割と古くから開発されており実現もしています。

ちなみにウィールダーとは「剣や権力などを振るう者」を意味します。

暴走族か何かでしょうかね?

 

 

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「サイコウィールダー」以外の
レベル3モンスターが存在する場合、
このカードは手札から守備表示で特殊召喚できる。

①の効果は1ターンに1度、同名カード以外のレベル3モンスターがいる場合に

手札から守備表示で特種召喚できる自己展開効果です。

一緒に収録されるサイコトラッカーが同じ効果を持っており一緒に並べて

ハイパーサイコライダーのシンクロ召喚を狙うようにデザインされているのでしょう。

手札から特殊召喚できるレベル3モンスターは数多く存在していますが

チューナーで汎用性の高いものとなると結構貴重だったりします。

レベル3モンスターを軸とするデッキであれば条件を満たすのは容易でしょう。

 

 

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードがS素材として墓地へ送られた場合、
このカードをS素材としたSモンスターより低い攻撃力を持つ
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

②の効果は1ターンに1度、シンクロ素材として墓地へ送られた場合に

そのシンクロ召喚したモンスターより

低い攻撃力のモンスター1体を破壊できるというものです。

①の効果からレベル3のモンスターと合わせてレベル6のシンクロ召喚が狙いやすく

クレーンクレーンから蘇生してシンクロ召喚しても効果が発動できるので

主にレベル6のシンクロ召喚から効果の発動を狙うのが基本となるでしょう。

丁度このカードは地属性なのでゴヨウ・ガーディアンのシンクロ召喚が可能であり

2800未満のモンスターまでは除去を狙っていく事が可能です。

また一緒に収録されるサイコトラッカーと相性がよく

一緒にシンクロ素材になってゴヨウ・ガーディアンのシンクロ召喚をすれば

攻撃力3400未満まで破壊圏内に納める事が可能です。

 

 

特にレベル3モンスターを軸とするデッキにおいて重宝するチューナーです。

サイキック族なので緊急テレポートにも対応しており

デッキからも手札からも展開のしやすい上に

シンクロ素材にするだけでアドバンテージを稼いでいける便利な奴です。

マックス・テレポーターでサイコトラッカーと一緒に特殊召喚してもいいでしょう。

2体並べてレベル6のシンクロ召喚を狙うのは勿論の事、

レベル3を3体並べて氷結界の龍トリシューラや

水晶機巧-グリオンガンドのシンクロ召喚を狙う場合にも重宝します。

シンクロ素材にしてこそ真価を発揮するカードですが

水晶機巧-ハリファイバーのリンク素材にしてしまうのもいいでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:魔神儀(デビリチャル)-ブックストーン、魔神儀-ペンシルベル

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバー・ドラゴン・フィーア サイバー流に展開要員が増えました

エイプリルフールです。 ヴレインズの公式サイトではAiがサイトを乗っ取っていたり デュエ

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:方界(ほうかい) ”ムービーパック”

2016年4月23日! とうとう劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIME

記事を読む

遊戯王カード考察:円融魔術(マジカライズ・フュージョン) まあクインテット・マジシャンとセットで

今回紹介するのは2月23日に発売される ザ・ヴァリュアブル・ブック20の付録となるこのカードで

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:魔装戦士 ドラゴディウス

今回紹介するのはクラッシュ・オブ・リベリオンよりこのカードです。   魔装戦士

記事を読む

遊戯王カード考察:プランキッズ・ロック メインデッキに入るモンスターが1種類増える事の意味

SAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)が10月13日に発売されます。 今回紹介する

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ディメンション・ガーディアン

モンスターを守りたい場合にうってつけ!   今回紹介するのはTHE DARK

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:銀河眼の光波竜(ギャラクシー・アイズ・サイファー・ドラゴン)

え?そこまで再現しちゃっていいの?   今日は私用によりアークファイブの感想は

記事を読む

遊戯王アークファイブ第124話『蘇る幻影騎士団』感想

遊戯王ARC-V124話の感想です。 狂気に目覚めたユーリの前に敗北した明日香、 ユーリ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超戦士カオス・ソルジャー、超戦士の儀式

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,986,897 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑