遊戯王カード考察:E・HERO(エレメンタルヒーロー) コスモ・ネオス これがクワドラプルコンタクト融合だ!

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。

 

 

 

E・HERO コスモ・ネオス
融合・効果モンスター
星11/光属性/戦士族/攻3500/守3000
「E・HERO ネオス」+属性が異なる「N」モンスター×3
自分フィールドの上記カードをデッキに戻した場合のみ、
EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:このカードがEXデッキからの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このターン相手はフィールドで発動する効果を発動できない。
この効果の発動に対して、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
②:エンドフェイズに発動する。
このカードをEXデッキに戻し、相手フィールドのカードを全て破壊する。

 

 

ネオスの新しい形態となる光属性戦士族のレベル11融合モンスターです。

カオス・ネオス、マグマ・ネオス、ストーム・ネオスと

トリプルコンタクト融合体のネオスのパーツを随所にあしらえた

左右非対称の姿を持つネオスです。

まさにコンタクト融合の最終系といった感じの全部乗せです。

 

 

「E・HERO ネオス」+属性が異なる「N」モンスター×3
自分フィールドの上記カードをデッキに戻した場合のみ、
EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。

融合素材をデッキに戻してEXデッキから特殊召喚する

いわゆるコンタクト融合と呼ばれる召喚形式です。

このカードはネオスと属性の全て違うネオスペーシアン3体を素材に要求しており

トリプルコンタクト融合ならぬクワドラプルコンタクト融合とでもいうべき代物です。

合計4体もの融合素材を普通に揃えるのは相当に大変なので

融合素材を全て墓地に用意しつつミラクル・コンタクトで特殊召喚したり

一緒に収録されるNEXTで融合素材4体を並べたりするのが基本となるでしょう。

 

 

①:このカードがEXデッキからの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このターン相手はフィールドで発動する効果を発動できない。
この効果の発動に対して、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

①の効果はEXデッキから特殊召喚した場合に

そのターン、相手のフィールドで発動する効果を封じるというものです。

さらにこの効果に対して相手のチェーンを封じる効果もあり

特種召喚時した直後に効果を発動するといった逃げ道も許しません。

神の警告のような特殊召喚そのものを無効化するカードや

手札や墓地から発動する系の効果以外の大体の効果を封じる事が可能であり

このカードの攻撃を通しやすくするだけでなく

その後の展開を妨害される危険性も大幅に減らす事が可能となります。

 

 

②:エンドフェイズに発動する。
このカードをEXデッキに戻し、相手フィールドのカードを全て破壊する。

②の効果はエンドフェイズに自身をエクストラデッキに戻し

相手の場のカードを全て破壊する共通効果です。

エンドフェイズに戻ってしまうのはコンタクト融合共通の制約ですが

このカードの場合その際に相手のカードを一掃する事が可能です。

除去としての性能事態はデッキバウンスを行うストーム・ネオスよりは下ですが

あちらと違い相手のカードだけを除去できるというのが大きなポイントで

安心して他のカードを出しつつ除去効果を存分に活かす事が可能です。

また①の効果で相手の効果の発動も封じているのも強力で

セットされた魔法罠などの発動を許さずにそのまま破壊できるケースも多いです。

一応インスタント・ネオスペースなどでデッキに戻るのを防ぐ事が可能ですが

特に場に残して役に立つ効果もなく耐性の類もないので

どうしても打点を残したい場合以外は素直にデッキに戻すのがいいでしょう。

 

 

素材が重くかつ1ターン限りの命というピーキーなカードではあるものの

カードの発動を封じつつつまとめて除去できるというのは文句なしに強力です。

前述した通りミラクル・コンタクトやNEXTを利用して出すのが基本となる為

おろかな埋葬やネオスペース・コネクターなどを利用し

いかに迅速に墓地に素材を揃えられるかが鍵を握ってきます。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:チューニングガム

②の効果だけでも便利!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこの

記事を読む

遊戯王アークファイブ第87話『野獣の記憶』感想

遊戯王ARC-V87話の感想です。今年最後の遊戯王アークファイブですね。 突如ナイターで始まる

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:サイバー・エンジェル-美朱濡(ビシュヌ)-

融合モンスター以外もメタれるぞ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴ

記事を読む

遊戯王カード考察:調弦の魔術師(ちょうげんのまじゅつし)

手札からのペンデュラム召喚を狙え!   今回紹介するのはディメンション・ボック

記事を読む

遊戯王OCG、2016年1月の制限改定判明!コナミさん最近サボってません?

2016年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 10月の時点ではEMEmにノータッチ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)37 希望織竜(きぼうしきりゅう)スパイダー・シャーク

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ラーの翼神竜-球体形(スフィア・モード)

初代遊戯王のボス敵存在であり多くのファンを持つ人気カードであるラーの翼神竜。 ですが今までOC

記事を読む

遊戯王カード考察:素早きは三文の徳 さてどうやって3枚揃えます?

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバー・エタニティ・ドラゴン 殺意高いのに耐性まで付与させちゃって・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:剛竜剣士ダイナスターP(パワフル)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,750,158 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑