遊戯王カード考察:ネオスペース・コネクター コンタクト融合の他にエクシーズ召喚やリンク召喚にも

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。

 

 

 

ネオスペース・コネクター
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻 800/守1800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札・デッキから「N(ネオスペーシアン)」モンスター
または「E・HERO ネオス」1体を守備表示で特殊召喚する。
②:このカードをリリースし、自分の墓地の、
「N(ネオスペーシアン)」モンスター
または「E・HERO ネオス」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 

 

ネオスペースの新しい仲間となる光属性戦士族のレベル4です。

ネオスペース・コンダクターを小さくしたような見た目をしています。

コンダクターの部下とか弟分的な存在なのかもしれませんね。

ちなみに攻撃力守備力はコンダクターの数値を逆転させたものとなっています。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札・デッキから「N(ネオスペーシアン)」モンスター
または「E・HERO ネオス」1体を守備表示で特殊召喚する。

①の効果は通常召喚した時に手札かデッキから

ネオスペーシアンかE・HEROネオス1体を特殊召喚するというものです。

ネオスをデッキから特殊召喚できる貴重な手段の1つであり

コンタクト融合のサポートは勿論の事

レインボー・ネオスの布石としても活躍してくれます。

またN・アクア・ドルフィンかネオスを特殊召喚する事で

聖騎士の追想 イゾルデのリンク召喚を狙う事も可能です。

むしろこの使い方が主流になる気がしないでもない

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードをリリースし、自分の墓地の、
「N(ネオスペーシアン)」モンスター
または「E・HERO ネオス」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、自身をリリースする事で

ネオスペーシアンかE・HEROネオスを墓地から守備表示で特殊召喚する蘇生効果です。

①の効果と合わせて墓地に何かしらの蘇生対象がいれば

2体のモンスターでコンタクト融合を狙っていく事が可能です。

特にネオスが墓地にある場合は好きなネオスペーシアンをデッキから呼んで

状況に合わせたコンタクト融合が狙えます。

 

 

また墓地とデッキにそれぞれネオスが存在していれば

カード1枚からランク7のエクシーズ召喚を狙う事も可能です。

他にもN・グラン・モールを2体用意すればゴルゴニック・ガーディアンを出せますし

N・エア・ハーミングバードやN・ブラック・パンサー、N・アクア・ドルフィンも

それぞれの効果を発動しつつランク3のエクシーズ召喚を狙えます。

また前述の聖騎士の追想イゾルデの他にも

N・グロー・モス2体でアロマセラフィー・ジャスミンを、

N・フレア・スカラベ2体で甲虫装機 ピコファレーナを出せますし

ネオスペーシアンは6属性揃っている為

ミセス・レディアントのような各種属性指定のLINK-2全てに対応していたりと

コンタクト融合のサポートのみならず

エクシーズ召喚やリンク召喚の布石としても非常に優秀なカードとなっています。

 

 

墓地に蘇生対象がいればこのカード1枚でコンタクト融合が可能となり

コンタクト融合を軸とするE・HEROにはまさに救世主といえる存在でしょう。

海外にも新たなコンタクト融合であるE・HERO ネビュラ・ネオスが登場したりと

ここにきてコンタクト融合に大きな光明が見えてきましたね。

関連記事

遊戯王OCG新カード解説:マジェスペクター・ユニコーン

今回からちょっとカードのテキストを種類ごとに色分けしてみようかと思います。 不評だったら今まで

記事を読む

遊戯王アークファイブ第138話『暗翼の竜』感想

遊戯王ARC-V138話の感想です。 黒咲、カイトがズァークに敗れ去り今度は権現坂とジャックが

記事を読む

【剛鬼(ごうき)】:遊戯王テーマ考察  プロレスらしい脳筋テーマだ!相手の攻撃力を下げて物理で殴れ!

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)に登場するカリスマデュエリスト、鬼塚豪。 恐らくアークファイブ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第125話『烈火の竜』感想

遊戯王ARC-V125話の感想です。 寄生虫に操られた瑠璃、セレナとデュエルを行う遊矢とユート

記事を読む

クリア・エフェクター:遊戯王カード考察

ドローしつつ耐性付与!   今回紹介するのは20th ANNIVERSAR

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:アモルファージ

シャイニング・ビクトリーズに登場する新しいテーマが判明しました。 その名も「アモルファージ」、

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第52話『名ばかりの英雄』感想

遊戯王ヴレインズ52話の感想です。 前回のあらすじ:剛鬼ぃ?誰それぇ?俺ダイナレスラー

記事を読む

遊戯王カード考察:インヴェルズ・オリジン 激流葬あたりと組み合わせよう

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

マスター・オブ・ペンデュラムと一緒に揃えておきたいカードは?財布と相談だ!

6月20日土曜日、いよいよマスター・オブ・ペンデュラムの発売ですね。 数多くの魅力的な新カード

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    >むしろこの使い方が主流になる気がしないでもない
    イゾルデ効果も含めてリンク3、あともう1体どこかから確保できればあっという間にリンク4
    コンタクト融合よりこっちの方が間違いなく強いですね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,986,897 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑