遊戯王カード考察:TG(テックジーナス) トライデント・ランチャー ハルバード・キャノンを使う大きな意味が生まれました

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。

 

 

 

TG トライデント・ランチャー
リンク・効果モンスター
地属性/機械族/攻2200/LINK-3
【リンクマーカー:左下/下/右下】
\ ↑ /
←   →
/ ↓ \
「TG」チューナーを含む効果モンスター2体以上
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「TG」モンスターをそれぞれ1体ずつ選んで、
このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「TG」モンスターしか特殊召喚できない
②:相手はこのカードのリンク先の「TG」モンスターを効果の対象にできない。

 

 

テックジーナスの新規となる地属性機械族のLINK-3です。

5D’s組のキャラクターテーマとしては遊星のジャンク・コネクターに続き

アンチノミーが2人目のリンク召喚使いとなります。

その名の通りトライデント(三叉槍)を携えた

金、白、黒を基調とするヒロイックな外見のロボットです。

奥から飛び出してくるようなアングルをしており実にスピード感があります。

またハルバード(斧槍)とトライデント、キャノンとランチャーと

TG ハルバード・キャノンを意識した名前となっています。

あちらと違ってちゃんと名前通りの獲物持ってますね

 

 

【リンクマーカー:左下/下/右下】
「TG」チューナーを含む効果モンスター2体以上

リンク素材にはテックジーナスチューナー1体を含む

2体以上の効果モンスターを指定しています。

テックジーナスにはチューナーが数多く存在しており

まずは水晶機巧-ハリファイバーをリンク召喚して

その効果でTGチューナーを特殊召喚すればリンク召喚を狙えます。

実質的に墓地に1枚テックジーナスがあれば

TG スクリュー・サーペント1体からリンク召喚が狙えます。

他には聖騎士の追想 イゾルデをリンク召喚して

TGストライカーを特殊召喚するという手もあります。

 

リンクマーカーは下側3つとシンクロ召喚を軸とするTGには非常にありがたく

デルタアクセルシンクロも問題なく狙う事が可能です。

 

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「TG」モンスターをそれぞれ1体ずつ選んで、
このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「TG」モンスターしか特殊召喚できない

①の効果は1ターンに1度、リンク召喚した場合に

手札から1体、デッキから1体、墓地から1体TGモンスターを選び

このカードのリンク先に守備表示で特種召喚するというものです。

効果の発動には手札、デッキ、墓地全てにTGが存在している必要がありますが

マクロコスモスなどが無い限りはこのカードのリンク召喚時に墓地にTGがあるはずなので

手札1枚TGを残していれば効果の条件を満たせます。

 

一気にモンスターを3体展開できる非常に強力な効果ですが

TGしか特殊召喚できなくなる制約が発生する為、

基本的にはTGのシンクロ召喚を狙っていく形となります。

逆に言えばこの制約があるからこそTGハルバード・キャノンに大きな価値が生まれました。

ただこの効果だけだとデルタアクセルシンクロを狙うのは難しい為

TG以外のモンスターを展開しておきたい場合はこの効果を発動する前に

予めフィールドに並べておきましょう。

墓地からはシンクロモンスターを蘇生できる事も意識しておくといいでしょう。

 

ちなみにあらかじめTGワンダー・マジシャンをシンクロ召喚しておくことで

制約のなくなった相手ターンに自由な形でシンクロ召喚を狙う事も可能です。

 

 

②:相手はこのカードのリンク先の「TG」モンスターを効果の対象にできない。

②の効果はリンク先のテックジーナスに対象耐性を付与するというものです。

このカード自身に対象は付与しないものの、

他のTGを対象にするには先にこのカードを処理しなければいけない為、

実質的に1回分他のTGに対象耐性を付与する感じとなるでしょう。

なんだかんだでTG ハルバード・キャノンと一緒に並べていると

相手からすると存外いやらしい布陣になると思います。

 

 

効果もそうですがリンクマーカーも非常にありがたいカードであり

テックジーナスにとって救世主になってくれる存在です。

それにしてもここにきてテックジーナスにテコ入れが入るとは思いませんでした。

テックジーナスにどれだけ新規が追加されるか非常に興味深いです。

ところでアンチノミーのシンクロ召喚口上、自分大好きなのですが

リンク召喚はどんな口上を言ってくれるのか妄想が捗ります。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:DDD極智王(きょくちおう)カオス・アポカリプス

とうとう今年もあと1ヶ月です。 ペンデュラム・ドミネーションのCMが発表されましたね。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第63話『捕獲者の王「ゴヨウ・キング」』感想

遊戯王ARC-V63話の感想です。 前回黒咲が「貴様、丸腰で逃げる気か?」と言って渡すものが

記事を読む

ランカの蟲惑魔(こわくま):遊戯王カード考察  ほらほら、セットカード破壊してもいいんだよ?

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

六武衆の影忍術(ろくぶしゅうのかげにんじゅつ):遊戯王カード考察 展開手段でもあり再利用手段でもある

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:カオス・ベトレイヤー この手のカードはやっぱりエクシーズ素材にしたい

今回紹介するのはDARK NEOSTORMよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバース・クロック・ドラゴン ザ・脳筋効果 パラサイトフュージョナーの新しい融合先にも

7月14日にSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)が発売されます。 今回紹介するのはそ

記事を読む

遊戯王カード考察:鉄騎龍(てっきりゅう)ティアマトン 条件満たせば手札からフリーチェーンで万能除去

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:墓守の霊術師(はかもりのれいじゅつし) やっぱりいた融合内蔵墓守!

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

イーバ:遊戯王カード考察 手札コストにしてもいいしエクシーズ素材にしてもいい

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-神光の波動-よりこのカードです。  

記事を読む

アスポート:遊戯王カード考察 星遺物を巡る戦いやポジションチェンジとの差別点を把握しよう

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,281,355 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑