遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)セカンドンキー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。

 

 

EMセカンドンキー
効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1000/守2000
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「EMセカンドンキー」以外の「EM」モンスター1体を墓地へ送る。
自分のPゾーンにカードが2枚存在する場合、
墓地へ送らず手札に加える事ができる。

 

 

フレンドンキーと比べると目つきがぱっちりしているのが特徴的です。

アークファイブで榊遊矢が素良戦で使用したエンタメイトであり、

アニメではEM用のカゲトカゲとも言うべき効果を持っていましたが、

OCG化の際になんかえらい魔改造されてます

というか原形をまったく留めていません、一体何があった。

 

 

その効果は召喚・特殊召喚に成功した時にデッキから

自身以外のエンタメイトを1体墓地に送れる効果です。

EMフレンドンキーとの連携を意識していると思われる効果であり、

セカンドンキーで墓地に落としたエンタメイトをフレンドンキーで蘇生できます。

能動的にペンデュラムのエンタメイトを墓地に落とす事が出来るのが特徴であり

セカンドンキーで墓地に落としたEMペンデュラム・マジシャンを

フレンドンキーで蘇生、ペンデュラムマジシャンの効果で2体を破壊してサーチすれば

ペンデュラム召喚の手はずを整える事が可能です。

ペンデュラム召喚の準備を整える1つの手順となるでしょう。

 

 

また既にペンデュラムゾーンに2枚ともカードがセッティングされている場合、

墓地に落とすのではなくそのまま手札に加える事も可能です。

スケールをセッティングするという準備こそ必要になりますが

通常召喚、特殊召喚どちらにも対応しているのは美味しい点です。

 

 

エンタメイトをサーチする事が出来るカードの1枚ですが。

このカード自体はペンデュラムモンスターではない為、

ペンデュラム召喚によって繰り返し効果を使用できない点は残念な所です。

場に出した後は素直にランク4のエクシーズ召喚に繋げるのがいいでしょう。

またエンタメイトはペンデュラム召喚が中心であるが故に、

死者蘇生をはじめとする蘇生カードを採用しにくかった点もありますが

フレンドンキーのおかげで蘇生カードもいくらか採用しやすくなると思います。

 

ロバ

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

エアーズロック・サンライズ

墓地のフレンドンキーを蘇生しつつ効果を発動する事が出来る他、

フレンドンキーの効果で墓地に落としたシルバークロウ等を蘇生できます。

エンタメイトにはシルバークロウやフレンドンキーの他にも、

獣族のモンスターがいくつか存在しているので

攻撃力の減少効果も上手く活用する事が出来るでしょう。

 

 

地獄の暴走召喚

EMフレンドンキーの効果は1ターンに1度の制約が無く、

スケールが揃っている状態で地獄の暴走召喚を発動できれば

その数だけエンタメイトをサーチする事が可能です。

フレンドンキーで蘇生も出来る為発動条件も満たしやすいです。

サーチした後はランク4のエクシーズ召喚に繋げるといいでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:魔界大道具「ニゲ馬車」

三十六計逃げるが勝ちだ!   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズよりこの

記事を読む

トワイライトロード・ファイター ライコウ:遊戯王カード考察  破壊じゃなくて除外になった!しかも通常召喚でも発動できる!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第142話『あふれる記憶』感想

遊戯王ARC-V142話の感想です。 失われた柚子、赤ん坊の姿になった零羅。 再生された

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ラーの翼神竜-不死鳥(ゴッドフェニックス)

今回紹介するのはMILLENNIUM PACKよりこのカードです。   &nb

記事を読む

ヴァレルロード・ドラゴン:遊戯王カード考察  チェーン封じにコントロール奪取とライバルエースの風格十分!

7月8日に第10期2つ目のパック「サーキット・ブレイク」が発売されます。 今回紹介するのはその

記事を読む

切れぎみ隊長:遊戯王カード考察

隊長おこなの?   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカー

記事を読む

覇王眷竜(はおうけんりゅう)クリアウィング:遊戯王カード考察  シンクロ召喚すれば相手モンスター全破壊、覇王眷竜どれも強いぞ!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)98 絶望皇ホープレス

これぞ真のアンチホープ!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者

記事を読む

遊戯王アークファイブ第57話『黒い旋風 クロウ・ホーガン』感想

遊戯王ARC-V57話の感想です。 今更ですが自分録画環境無かったりします。 その為記憶

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)ドロソフィルム・ヒドラ

相手モンスターを生贄にしろ   今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサーズ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    まだ未収録のディメンションオブカオスですよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ザ・マスター・オーガ アタッカーと制圧役どっちも行ける

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:LAN(ラン)フォリンクス 効果なし!その代わり素材指定も一切なし!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:甲虫装機(インゼクター) ピコファレーナ 超進化の繭が使いやすくなりました

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:ジェムナイト・ファントムルーツ ジェムナイトの持ち味である連続融合のサポートに

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:魔導原典(まどうげんてん) クロウリー

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

→もっと見る

    • 4,803,191 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑