遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)セカンドンキー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。

 

 

EMセカンドンキー
効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1000/守2000
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「EMセカンドンキー」以外の「EM」モンスター1体を墓地へ送る。
自分のPゾーンにカードが2枚存在する場合、
墓地へ送らず手札に加える事ができる。

 

 

フレンドンキーと比べると目つきがぱっちりしているのが特徴的です。

アークファイブで榊遊矢が素良戦で使用したエンタメイトであり、

アニメではEM用のカゲトカゲとも言うべき効果を持っていましたが、

OCG化の際になんかえらい魔改造されてます

というか原形をまったく留めていません、一体何があった。

 

 

その効果は召喚・特殊召喚に成功した時にデッキから

自身以外のエンタメイトを1体墓地に送れる効果です。

EMフレンドンキーとの連携を意識していると思われる効果であり、

セカンドンキーで墓地に落としたエンタメイトをフレンドンキーで蘇生できます。

能動的にペンデュラムのエンタメイトを墓地に落とす事が出来るのが特徴であり

セカンドンキーで墓地に落としたEMペンデュラム・マジシャンを

フレンドンキーで蘇生、ペンデュラムマジシャンの効果で2体を破壊してサーチすれば

ペンデュラム召喚の手はずを整える事が可能です。

ペンデュラム召喚の準備を整える1つの手順となるでしょう。

 

 

また既にペンデュラムゾーンに2枚ともカードがセッティングされている場合、

墓地に落とすのではなくそのまま手札に加える事も可能です。

スケールをセッティングするという準備こそ必要になりますが

通常召喚、特殊召喚どちらにも対応しているのは美味しい点です。

 

 

エンタメイトをサーチする事が出来るカードの1枚ですが。

このカード自体はペンデュラムモンスターではない為、

ペンデュラム召喚によって繰り返し効果を使用できない点は残念な所です。

場に出した後は素直にランク4のエクシーズ召喚に繋げるのがいいでしょう。

またエンタメイトはペンデュラム召喚が中心であるが故に、

死者蘇生をはじめとする蘇生カードを採用しにくかった点もありますが

フレンドンキーのおかげで蘇生カードもいくらか採用しやすくなると思います。

 

ロバ

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

エアーズロック・サンライズ

墓地のフレンドンキーを蘇生しつつ効果を発動する事が出来る他、

フレンドンキーの効果で墓地に落としたシルバークロウ等を蘇生できます。

エンタメイトにはシルバークロウやフレンドンキーの他にも、

獣族のモンスターがいくつか存在しているので

攻撃力の減少効果も上手く活用する事が出来るでしょう。

 

 

地獄の暴走召喚

EMフレンドンキーの効果は1ターンに1度の制約が無く、

スケールが揃っている状態で地獄の暴走召喚を発動できれば

その数だけエンタメイトをサーチする事が可能です。

フレンドンキーで蘇生も出来る為発動条件も満たしやすいです。

サーチした後はランク4のエクシーズ召喚に繋げるといいでしょう。

関連記事

遊戯王アークファイブ第131話『常闇に射す光』感想

遊戯王ARC-V131話の感想です。 エドとカイトが倒れながらも2人の想いを受け継ぎ 暴

記事を読む

覇王門零(はおうもんゼロ):遊戯王カード考察

レベル1ペンデュラムを愛用している人達へ・・・   今回紹介するのはマキシマム

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:クリボール

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超重武者ツヅ-3(ミ)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:デニス・マックフィールドと榊遊勝の繋がりについて他

新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかこのMUGEN次元をよろしくお願いします。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ディバインガイ

満足状態にして2枚ドロー   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズよりこの

記事を読む

絶縁の落とし穴:遊戯王カード考察  相手がリンクモンスター使わない?自分でリンク召喚すればいいじゃない!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:苦渋の決断

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ブレード・バーナー・ファルコン

降り注ぐ火玉 舞い降りるアカデミア エクシーズとかっとビングと未来の街、ハートランドが燃える

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:涅槃の超魔導剣士(ニルヴァーナ・ハイ・パラディン)

前代未聞のシンクロペンデュラムモンスター!   今回紹介するのはザ・ダーク・イ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    まだ未収録のディメンションオブカオスですよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,301,291 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑