2018年10月の制限改定判明!ついに奴が帰って来た!・・・・・・1枚だけ

公開日: : 最終更新日:2018/09/17 遊戯王, 遊戯王OCG ,

2018年10月のリミットレギュレーションが判明しました。

 

 

規制強化されたカード

・禁止

アマゾネスの射手
メガキャノン・ソルジャー
サモン・ソーサレス

 

・制限

トロイメア・ゴブリン
ヒーローアライブ
封印の黄金櫃

 

・準制限

オルターガイスト・マルチフェイカー
閃刀機-ウィドウアンカー
閃刀起動-エンゲージ
隣の芝刈り

 

規制緩和されたカード

・制限

Emダメージ・ジャグラー
嵐征竜-テンペスト

 

・準制限

ブリューナクの影霊衣
彼岸の旅人ダンテ
超融合
真竜皇の復活
破壊輪

 

・無制限

召喚師アレイスター
SPYRAL GEAR-ドローン
D-HERO ディスクガイ
イビリチュア・ガストクラーケ
エルシャドール・ネフィリム
エルシャドール・ミドラーシュ

 

 

新たに禁止されたカードが3枚

逆に禁止から復帰したカードが2枚と

中々に激しい変化が巻き起こっています。

順番にピックアップしていきましょう。

 

 

アマゾネスの射手(無制限→禁止)

メガキャノン・ソルジャー(無制限→禁止)

キャノンソルジャーが禁止されてから

その代替パーツとして使われていた2枚のカードも禁止になりました。

やはりこの手の禁止パーツの対応には厳しいようですね。

根本的な原因でいえばファイアウォール・ドラゴンだと思うのですが

現在アニメ化されている主人公エースを禁止にしてしまうのは

色々と問題があるのかもしれません。

アニメスタッフに絶対禁止にするなとか言われてるのかもしれません。

 

 

サモン・ソーサレス(無制限→禁止)

トリックスターやABCをはじめとする様々な種族統一デッキにおいて

高い利便性を持っていたこのカードが禁止となりました。

多くのデッキで採用されていただけに

ある意味今回で最も影響の大きい制限改定と言えるかもしれません。

 

 

 

閃刀機-ウィドウアンカー(無制限→準制限)

閃刀起動-エンゲージ(無制限→準制限)

現在の環境トップにいた閃刀姫からは2つの魔法が準制限となりました。

これでホーネットビットと合わせて3つのカードが規制されている事になります。

ただどちらも準制限止まりでありそこまで致命的な規制というわけではありません。

それでもエンゲージは強力なドローソースであっただけに影響は確実に出るでしょう。

 

 

トロイメア・ゴブリン(無制限→制限)

汎用性の非常に高いリンクモンスターであるトロイメアからは

ゴブリンが制限カードとなりました。

個人的にはトロイメアで規制されるとすればフェニックスかなと思っていましたが

対象耐性を付与できるゴブリンこそが危険視された感じですね。

 

 

封印の黄金櫃(無制限→制限)

デッキから好きなカードを除外できる封印の黄金櫃が制限です。

現在の環境では特に【サンダー・ドラゴン】が大きな影響を受けるでしょう。

それにしてもこのカード、制限になったり無制限になったりと

環境に応じて制限改定の影響を強く受けやすいですね。

 

 

オルターガイスト・マルチフェイカー(無制限→準制限)

オルターガイストにおけるキーカードの1つである

マルチフェイカーが準制限です。

 

 

隣の芝刈り(無制限→準制限)

60枚デッキの救世主として非常に高い墓地肥やし能力を持ち

特に【インフェルノイド】で人気だった隣の芝刈りが準制限です。

芝刈りを目当てとした60枚デッキは少し組みづらくなった感じですね。

自分は芝刈りメタで芝刈り抜き60枚デッキとか組んでたりしたので

メタ対象が減るのはちょっと寂しい気持ちはありますね。

 

 

嵐征竜-テンペスト(禁止→制限)

かつて制限カードになってもなお環境に君臨し

結局禁止になるまで環境に居座り続けた征竜ですが

ついにこの度禁止解除される事になりました・・・テンペストだけ

まあ4体全部解除したらまたやばい事になりそうですし

比較的おとなしいテンペストだけまずは解除してみたって感じなのでしょうね。

さすがにテンペスト1枚だけではどうにもならないとは思いますが

これでも征竜がのし上がってきたら笑うしかないですね。

風属性サポートとしては普通に優秀なカードなので

風征竜-ライトニングと共にドラグニティあたりに入れてみると面白そうです。

 

 

超融合(制限→準制限)

強力な除去兼融合カードであった超融合が準制限へと緩和です。

E-HEROをはじめ、シャドール、サクリファイス、召喚獣、

それからアンデットワールドやサイバース・クロック・ドラゴン等

超融合を融合活用できるデッキは数多く存在しており

これまた多くのデッキに影響を与える制限改定と言えるでしょう。

 

 

破壊輪(制限→準制限)

エラッタされてもなお優秀な除去性能を持っていた破壊輪が

準制限へと緩和されました。

特に破壊輪を素材に要求するデストロイ・ドラゴンには

ありがたい緩和と言えるでしょう。

 

エルシャドール・ネフィリム(準制限→無制限)

エルシャドール・ミドラーシュ(準制限→無制限)

シャドールの融合モンスター2体がまとめて無制限です。

これでついにシャドールは完全開放される事となりました。

超融合が緩和されている事もシャドールにとって追い風であり

今のシャドールがどれだけ活躍できるかは見物ですね。

 

召喚師アレイスター(準制限→無制限)

出張パーツとして人気だったアレイスターも無制限です。

これまた超融合と相性のいいカードであり

一時期流行っていた閃刀姫召喚獣とかいうリア充テーマも

また人気が出てくるかもしれませんね。

 

Emダメージ・ジャグラー(禁止→制限)

 

 

 

 

総評

規制強化、規制緩和ともに中々激しい変化がありました。

アマゾネスの射手を利用していた1キルデッキは大きな打撃を受けましたが

他の環境デッキである閃刀姫、オルターガイストあたりは

影響こそ受けていますがいずれも致命的な規制ではなく

まだまだ十分戦える感じになっています。

それ以外にもトロイメアやサモン・ソーサレス、隣の芝刈りなど

汎用性の高いカードが規制を受けており現在の環境デッキで

まったく影響を受けなかったというのもかなり少ないのではないでしょうか。

逆に緩和されてきたSPYRAL、シャドール、召喚獣あたりが

どこまで勢力を伸ばしてくるかが見物といった所でしょうか。

関連記事

竜巻竜(トルネードラゴン)/Tornado Dragon:遊戯王カード考察  新しい汎用ランク4登場、魔法罠除去ならこいつの出番

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:月光(ムーンライト)

ランサーズの逆ハーレム紅一点にして融合次元代表のセレナの扱うムーンライト、 アニメで活躍してい

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:トラミッド “ザ・ダーク・イリュージョン”

メタルフォーゼに引き続きザ・ダーク・イリュージョンに 新しいテーマとして「トラミッド」が登場す

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)考察:第1話時点での謎とその予測について、サイバース世界は危険?

遊戯王VRAINS、いよいよ放送開始しました。 ディエルこそありませんでしたがその分世界観の紹

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第68話『密会』感想

遊戯王ヴレインズ68話の感想です。     前回のあら

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:銀河眼の光波竜(ギャラクシー・アイズ・サイファー・ドラゴン)

え?そこまで再現しちゃっていいの?   今日は私用によりアークファイブの感想は

記事を読む

遊戯王カード考察:天融星(てんゆうせい)カイキ 何度も自己再生して何度も融合召喚

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:銀河の修道師(ギャラクシー・プリースト) EXデッキを補充しつつ2枚ドロー

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:嵐竜の聖騎士(ナイト・オブ・ストームドラゴン) サイバース・ウィッチから簡単に出せます

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第50話『転校生 穂村 尊』感想

遊戯王ヴレインズ50話の感想です。 前回のあらすじ:不霊夢が思った以上にポンコツ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    閃刀姫使ってるけど、資産の関係で最初からアンカーとエンゲージ2枚体制だったから大した問題は無かったw(寧ろエンゲージ制限すら想定してた)

    そしてサモソと射出系はやはり許されなかった(´・ω・`)

  2. 匿名 より:

    長きに渡る禁止で30円に落ちていた征竜がまた蘇るとは…

  3. 匿名 より:

    テンペスト制限でも手札二枚で9000バーンの1キルルート確立してましたネー
    とは言えエアトス2枚始動と言う事故率が高いので、注目するほどではないと思いますが

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:死霊王 ドーハスーラ 何気にアンデット族以外でも有用

本日9月22日、ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-が発売され

ソード・ワールド2.5ルールブックⅡ登場!新種族「メリア」やバードやフェアリーテイマーなどの仕様変更など

ソード・ワールド2.0のバージョンアップとなるソード・ワールド2.5。

遊戯王カード考察:コード・ジェネレーター マイクロ・コーダーやコード・ラジエーターの仲間が増えました

Vジャンプ11月号が9月21日に発売されます。 今回紹介するのは

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第69話『果たすべき使命』感想

遊戯王ヴレインズ69話の感想です。  

遊戯王カード考察:ヴェンデット・アニマ 除外された他のヴェンデットを再利用

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

→もっと見る

    • 5,646,432 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑