遊戯王カード考察:死霊王 ドーハスーラ 何気にアンデット族以外でも有用

本日9月22日、ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-が発売されます。

今回紹介するのはそのアンデットワールドRよりこのカードです。

 

 

 

死霊王 ドーハスーラ
効果モンスター
星8/闇属性/アンデット族/攻2800/守2000
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「死霊王 ドーハスーラ」以外の
アンデット族モンスターの効果が発動した時に発動できる。
以下の効果から1つを選んで適用する。
このターン、自分の「死霊王 ドーハスーラ」の効果で同じ効果を適用できない。
●その効果を無効にする。
●自分または相手の、フィールド・墓地のモンスター1体を選んで除外する。
②:フィールドゾーンに表側表示でカードが存在する場合、
自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。
このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。

 

 

闇属性アンデット族のレベル8モンスターです。

下半身がヘビになっている髑髏の装飾を各所にあしらった黒い怪物です。

ヘビの部分はまるで∞を描くような形になっています。

ドーハスーラとはケルト神話に登場する魔神バロールのあだ名の1つで

「悪しき眼」という意味を持ちます。

 

 

①:「死霊王 ドーハスーラ」以外の
アンデット族モンスターの効果が発動した時に発動できる。
以下の効果から1つを選んで適用する。
このターン、自分の「死霊王 ドーハスーラ」の効果で同じ効果を適用できない。

①の効果は同名カード以外のアンデット族の効果が発動下時に

2つある効果からいずれかを1ターンに1度ずつ発動するというものです。

 

●その効果を無効にする。

1つ目の効果は発動したアンデット族の効果を無効にするというものです。

相手アンデット族の効果を封じる為に用いるのが基本となり

アンデットワールドやDNA改造手術の発動状況下であれば

最大限に効果を発揮できます。

破壊こそしませんが妨害性能は非常に高く

アンデットワールドとセットで用意する事が出来れば

相手の動きを大きく制限させる事が可能です。

またアンデットワールドが無い状態であっても

灰流うららに対するメタとしては機能します。

 

●自分または相手の、フィールド・墓地のモンスター1体を選んで除外する。

2つ目の効果はフィールドか墓地のモンスター1体を選んで除外するというものです。

こちらの方の効果は自分のアンデット族をトリガーに発動してもまったく問題ない為

アンデットワールドが無い状態であっても積極的に発動を狙えます。

対象に取らない除外という数多くの耐性を突破できる強力な除去効果であり

屍界のバンシーや浮幽さくらあたりを活用すればフリーチェーンでの発動も可能です。

また相手の場にモンスターがいない状態であっても

墓地のモンスターを除外する事も出来る為非常に腐りづらいです。

こちらも相手のカードを除外する事が基本となりますが

不知火など除外をトリガーとする効果を発動する場合、

自分のモンスターを除外してしまうのも効果的です。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:フィールドゾーンに表側表示でカードが存在する場合、
自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。
このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、

自分か相手のフィールド魔法が発動している状態の場合に

お互いのスタンバイフェイズ時に自身を

墓地から守備表示で特種召喚する自己蘇生効果です。

これまたアンデットワールドとのコンボを想定した効果ですが

他のフィールド魔法と併用した場合でも蘇生が可能です。

特に相手がフィールド魔法を活用するデッキであった場合、

相手が自分でそのフィールド魔法をどかさない限り

毎ターン蘇生させる事が可能となります。

 

 

とにかくアンデットワールドさえ発動していれば毎ターン沸いてくるわ

対象に取らない除外してくるわモンスター効果封じてくるわで

相手からすればたまったものじゃありません。

このカードに限った事ではないですがアンデットワールドRのカードは

どれだけアンデットワールドを維持できるかがカギを握ってきます。

特に②の効果で自分のターンで蘇生を狙うには

その時までフィールド魔法が除去されずに残っている必要があるので

屍界のバンシーやメタバースなどを上手く使い、

相手ターンにフィールド魔法を発動できるカードも積極的に活用したい所です。

 

 

ちなみに②の効果だけを見ても

フィールド魔法があれば毎ターン自己蘇生が出来るレベル8として

アンデット族以外でも問題なく採用出来るスペックを持っています。

いわばフィールド魔法がある時に使える黄泉ガエルのようなもので

毎ターンリリース要員が欲しいけれどフィールド魔法を活用するが故に

黄泉ガエルの採用が難しかったデッキにとっては朗報でしょう。

レベル8なのでランク8のエクシーズ素材としても有用ですし

リンク素材としても非常に使いやすいです。

守備表示でしか蘇生できないもの攻撃力も2800と高いので

偉大魔獣 ガーゼットのリリース要員にする手もあります。

ちなみに相手がフィールド魔法を使ってきた場合

黄泉ガエルと併用も可能です。

 

 

とにかくアンデットワールドのみならず

様々なデッキで採用できる余地のある頼りになるへびさんです。

関連記事

遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?その2

前回に引き続き「禁止カード達をどうエラッタすれば復帰しても大丈夫になるか?」 というのに個人的

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:昇竜剣士マジェスターP(パラディン)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:真紅眼の遡刻竜(レッドアイズ・トレーサードラゴン)

レジェンダリーコレクションから結構時間経ってますけど気にせずいきます。 今回紹介するのはこのカ

記事を読む

遊戯王OCG:2017年10月の制限改定を個人的に予想してみる

9月になりました。涼しくなってきたという声もあるようですが ぶっちゃけここら辺はまだまだめっち

記事を読む

星遺物-『星盾』(せいいぶつ せいじゅん):遊戯王カード考察 ザ・壁要因といえる実に盾らしい盾

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:トラミッド “ザ・ダーク・イリュージョン”

メタルフォーゼに引き続きザ・ダーク・イリュージョンに 新しいテーマとして「トラミッド」が登場す

記事を読む

遊戯王カード考察:アイアンドロー 機械族デッキの新たなドローソース

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:セグメンタル・ドラゴン 「一定期間だけ除外」のルールを把握しておこう

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク- よりこのカードです。  

記事を読む

マジックアブソーバー/Magical Something:遊戯王カード考察  結構いろんなデッキに入りそう

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:アンデット・ネクロナイズ 緩い条件でコントロール奪取!

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-アンデットワールド-よりこのカードです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,986,897 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑