遊戯王OCG新カード考察:ブンボーグ006(ゼロゼロシックス)

毎回少しずつ新カードが出ているブンボーグ。

やはりディメンション・オブ・カオスにも収録されているみたいです。

 

 

 

ブンボーグ006
ペンデュラム・効果モンスター
星6/地属性/機械族/攻 500/守 500
【Pスケール:青1/赤1】
①:自分は「ブンボーグ」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
【モンスター効果】
「ブンボーグ006」の③のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの表示形式を変更する。
②:このカードの攻撃力は、
自分のエクストラデッキの表側表示の「ブンボーグ」モンスターの数×500アップする。
③:このカードがPゾーンで破壊された場合、
自分の墓地の「ブンボーグ」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 

ブンボーグ006

 

新に登場したブンボーグシリーズの1体です。

やはり他のブンボーグと同じく攻撃力守備力が500で攻撃力増加効果を持っています。

モデルとなっているであろうサイボーグ006、張々湖は非常にコミカルな見た目をした

太ったおっさんという外見をしていましたがブンボーグ006は紫を基調とするカラー、

割り箸鉄砲にパンチ型のシールド、そしてホチキス型のウィングと

実に格好よくまとまった姿をしています、何気にかなり好みです。

輪ゴム、パンチ、ホチキスとどれも書類等を纏め上げる為の文房具ですね。

 

 

明らかにブンボーグ005とセットで運用する事を想定されているカードであり、

ブンボーグ005と共通する特徴や対になる特徴が多く存在します。

まずペンデュラム効果ですが005と同じくブンボーグしかP召喚できない制約です。

あちらがスケール10に対しこちらがスケール1とお互いをセッティングする事で

ブンボーグ001を除くブンボーグをペンデュラム召喚可能になります。

001だけペンデュラム召喚する事はできませんが、001は自分の効果で

墓地から特殊召喚可能である為、やはりペンデュラム召喚の恩恵は大きいです。

このカードのおかげでブンボーグだけでペンデュラム召喚が可能になりました。

 

 

モンスター効果の①は召喚、特殊召喚した時に1体の表示形式を変更するものです。

地味ながらも戦闘の補助として優秀であり、戦闘破壊できるカードも増えるでしょう。

 

 

②の効果は攻撃力増加効果であり、エキストラデッキのブンボーグの数が多いほど

自身の攻撃力を上昇させるというものでこれは005と共通の効果ですね。

今までペンデュラムのブンボーグが005しか存在せず

大して攻撃力が上げられる事が出来なかった中、ブンボーグ006の登場により

攻撃力を上昇させやすくなったといえます。

2000程度の攻撃力を確保する事は難しくないでしょう。

 

 

③の効果はペンデュラムゾーンの006が破壊された場合に

墓地のブンボーグを手札に回収できる効果です。

やはり005を意識した効果でありあちらが蘇生効果なのに対し、

こちらは手札に戻すという違いが現れています。

通常召喚する事で効果を発動するブンボーグ003と相性がいい効果です。

 

 

ブンボーグ005を保管するようなカードであり、このカードが出た事で

ブンボーグ005はようやく本領発揮できる形になります。

またブンボーグ004の①の効果でブンボーグ006を墓地に送る事で

ブンボーグ004の打点が3500にまで到達します。

表示形式の変更や手札回収効果、そしてペンデュラム召喚と合わせて

様々な方面でブンボーグをサポートできるカードです。

 

 

元ネタ的に考えれば残るブンボーグは3体、登場が楽しみですね。

 

 

006

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

連成する振動

自分のペンデュラムゾーンを破壊しつつ1枚ドローするカードです。

006の③の効果を能動的に使いたい場合に効果的です。

竜剣士ラスターPも同じように③の効果を能動的に使えますが

スケールが5の為006をペンデュラム召喚したい時に邪魔になります。

その場合にラスターPを処理する目的にも連成する振動は役立ちます。

 

 

メタモルポット

ブンボーグ006の①の効果は自分のモンスターも対象にする事ができ、

なおかつ裏側守備表示のモンスターも対象にする事ができます。

つまりリバース効果をセットした直後に発動する事も可能です。

メタモルポットのようにセットした直後にリバース効果を使いたい

モンスターも多く、それらのカードを使うのにも006は役立ちます。

006の①の効果は1ターンに1度みたいな制限も特に存在していない為、

上手くまわすことが出来れば悪用も出来そうですね。

関連記事

遊戯王カード考察:サイバース・ホワイトハット 戦闘補助にぴったりでしかも出しやすい

今回紹介するのはSTARTER DECK(2018) よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)ヒグルミ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:降竜の魔術師(こうりゅうのまじゅつし)

ドラゴン族絶対殺すマンのお供に   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王カード考察:円融魔術(マジカライズ・フュージョン) まあクインテット・マジシャンとセットで

今回紹介するのは2月23日に発売される ザ・ヴァリュアブル・ブック20の付録となるこのカードで

記事を読む

遊戯王カード考察:強靭!無敵!最強! カード名通りの耐性をブルーアイズに付与!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:F.A.(フォーミュラアスリート)ダークネスマスター F.A.の貴重な除去要員

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第21話『新たな闘いの火種』感想

遊戯王ヴレインズ21話の感想です。 財前晃とのデュエルに勝利したプレイメーカーは ハノイ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔帝(まてい)アングマール

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)ヘルプリンセス

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:ガベージコレクター 召喚効果の再利用をしつつアドバンテージ確保

本日の遊戯王ヴレインズは30分早めの17時55分から放映です。 皆さん間違えないようにしましょ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,655,842 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑