遊戯王OCG:2018年10月の制限改定を個人的に予想してみる

公開日: : 遊戯王, 遊戯王OCG

9月になりました。まだ死ぬほど暑いんですけど!

こんなの残暑じゃないよ!残酷暑だよ!

それはそれとしてそろそろ新しい制限改定の時期が近付いてまいりました。

 

 

前回の制限改定で閃刀機-ホーネットビットが制限カードになりましたが

案の定それだけで止まらないわけで今現在も閃刀姫が環境トップです。

ただ独走状態というわけでもなくオルターガイストや剛鬼HERO、

果てはベイゴマックスが規制緩和された影響もあり

グッドスタッフリンクなる代物まで環境に顔を出しています。

新しいテーマではサンダー・ドラゴンの活躍が中々目覚ましいでしょうか。

 

そのあたりを考慮しつつ10月の制限改定の予想をしたいと思います。

外れてたらこんな顔でもしてやってください

前回の予想も参考にどうぞ。

 

 

規制強化されそうなカード

アマゾネスの射手

案の定というかキャノン・ソルジャーが禁止になったあと

その代替として姿を現したカードです。

2体の生贄が必要ですが揃う事さえできれば

キャノン・ソルジャーよりもダメージ効率で優れており

やはり同じように1キルパーツとして大活躍しています。

基本的に制限改定は1キルパーツには厳しいですし

キャノン・ソルジャーが禁止になった事を考えると

このカードも禁止に送られる可能性は十分あるんじゃないかと思います。

まあそろそろファイアウォール・ドラゴン自体が許されないかもしれませんが。

 

 

閃刀起動-エンゲージ

閃刀姫を代表する魔法カードの1つです。

条件さえ揃えばドローとサーチを同時に行えるというだけでも強力ですが

このカードの場合1ターンに1度の制限がないのがやばさに拍車をかけてます。

閃刀姫でこのカードを3枚積みしてないデッキなんぞ見たことないレベルであり

閃刀姫に更なるメスを入れるのであれば規制される第一候補と思われます。

 

 

オルターガイスト・マリオネッター

罠セットに蘇生効果とオルターガイストにおける主軸の1つです。

オルターガイストは現在閃刀姫に次いで活躍しているデッキの1つであり

閃刀姫同様にメスが入る可能性は高いと思っています。

その場合どのカードが修正されるかですが

マリオネッター、メリシューク、マルチフェイカーあたりかなと

個人的には考えています。

 

 

トロイメア・フェニックス

剛鬼HEROをはじめグッドスタッフリンクやトリックスター、

果ては閃刀姫やオルターガイストにも採用される

非常に汎用性の高いリンクモンスターです。

トロイメア全般がリンクモンスターとして高い性能を持っていますが

とりわけフェニックスは魔法罠除去という使いやすい効果を持ち

そのトロイメアの中でも特に人気の高いカードとなっています。

トロイメアに何か規制が入る場合、

このカードに来る可能性が高いのではないでしょうか。

 

 

水晶機巧-ハリファイバー

シンクロ召喚の救世主・・・なんですが

単純にリンク召喚に繋げる場合にも大活躍しているカードです。

チューナーである事の強みがこのカードのリンク素材になれる事であり

数多くのデッキで採用されているパワーカードです。

さすがに強力すぎると判断された場合には規制も考えられます。

 

 

 

規制緩和されそうなカード

Emダメージ・ジャグラー

もう「緩和されそうな」というか「緩和してほしい」カードですね

海外よりも日本の方が規制が厳しいカードというのも珍しいです。

実際規制緩和された海外だとどういう扱いなんでしょうねこのカード。

 

 

ブリューナクのネクロス

ネクロスの儀式モンスターです。

前回影霊衣の術士 シュリットが無制限になりましたが

その後も特にネクロスが活躍している話は聞かないので

もう少し何かしらの緩和がされる可能性はありそうです。

 

D-HERO ディスクガイ

エラッタされて禁止解除されたカードです。

基本的にこの枠は禁止解除された後に様子見しつつ緩和される傾向にあるので

このカードも同じような感じで無制限になるのではないかと思ってます。

 

総評

まあ何か規制が入るとすれば筆頭候補は閃刀姫だと思われます。

その次に可能性があるのがオルターガイストでしょうか。

あとはハリファイバーやトロイメアなど

汎用性が高く様々なデッキに入るカードが規制されるかどうかが気になる所です。

この手のカードはどっちに転んでもおかしくありません。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・アンキロス

シンプルだけど嬉しい効果ですよ猿渡さん!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-ウィンター・ベル

レベル7までのモンスターを手札から簡単に特殊召喚!   今回紹介するのはレイジ

記事を読む

遊戯王カード考察:リンク・ストリーマー 効果を発動させる手段は色々あります

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第53話『賞金稼ぎ(バウンティハンター) ブラッドシェパード』感想

遊戯王ヴレインズ53話の感想です。   前回のあらすじ:早見くんの貴重

記事を読む

城塞クジラ、潜海奇襲(シー・ステルス・アタック):遊戯王カード考察  原作再現度かなり高い!

6月3日に「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-」が発売されます。 城之内がパッケー

記事を読む

スローライフ:遊戯王カード考察  通常召喚一切活用しないデッキって結構少ないんですよ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:エーリアン・ソルジャー M(マイティ)/フレーム 初の爬虫類族リンク、カウンターを大量にばらまけ

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。   &

記事を読む

遊戯王アークファイブ第148話(最終回)『ペンデュラムが描く奇跡』感想

遊戯王ARC-V148話の感想です。 3年続いたアークファイブもついに最終回を迎える事になりま

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:HSR(ハイスピードロイド)チャンバライダー

早速魔術師が大会で結果を残しているみたいですね。 まあサーチ手段も豊富でレベル7出しやすいとな

記事を読む

覇王白竜(はおうはくりゅう)オッドアイズ・ウィング・ドラゴン:遊戯王カード考察 Pゾーンにいってからが本番だ

4月28日にマスターガイド5が発売されます。 今回紹介するのはその付属カードとしてついてくるこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,379,664 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑