遊戯王カード考察:一族の結集 蘇生カードとしても地雷カードとしても使いやすい

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

 

 

 

一族の結集/Super Team Buddy Force Unite!
通常罠
①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと元々のカード名が異なり、
元々の種族が同じモンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。
②:魔法&罠ゾーンのこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
デッキから「一族の結集」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。

 

 

汎用の通常罠です。

おジャマ・イエロー、おジャマ・ブラック、おジャマ・グリーン、

おジャマ・レッド、おジャマ・ブルーが勢ぞろいしてポーズを決めています。

おジャマトリオでもおジャマデュオでもなくおジャマクインテットですね。

英語名にエクスクラメーションマークがついているのが印象深いです。

 

 

①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと元々のカード名が異なり、
元々の種族が同じモンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。

①の効果はフィールドの表側表示で存在するモンスターと元々の種族が同じで

かつ同名カードでないモンスターを手札か墓地から特殊召喚するというものです。

種族を統一したデッキでこそ最大限に活かせるのは一族の結束と同じですが

あちらと違いある程度他の種族が混じっていても問題なく活用できます。

蘇生効果として見た場合フィールドにモンスターが存在する必要こそあるものの

完全蘇生が可能であり同じく完全蘇生の戦線復帰と異なり

攻撃表示でも蘇生が出来るのでリンクモンスターも蘇生が可能です。

また手札からも特殊召喚できるのが特徴で

手札に目当てのカードがあれば一旦墓地に送るという手間を必要としません。

ただこのカードのチェーンして対象に選択したモンスターが除去されてしまうと

特殊召喚効果が不発になってしまう点には注意が必要です。

その一方で他の多くの蘇生カードと違い蘇生するカードは「選択」ではなく「選んで」なので

D.D.クロウなどで妨害されにくい点も存在します。

 

 

②:魔法&罠ゾーンのこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
デッキから「一族の結集」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。

②の効果は魔法罠ゾーンに存在している状態で相手に効果破壊された場合に

デッキから同名カード1枚をセットするという地雷効果です。

地雷効果そのものは同じカードをセットするだけという控えめな性能なものの

破壊効果にチェーンして発動すれば①の効果も同時に発動できる為

相手が破壊に費やしたカードも含めれば2枚分のアドバンテージが確保できます。

 

 

①の効果は種族を統一していれば大抵のデッキで活用が可能であり

相手が破壊してこなかったとしても蘇生カードとして問題なく活用が可能です。

地雷カードとして見た場合、投入できるデッキの幅広さや使いやすさは一級品であり

「とりあえず地雷カードを採用してみたい」となった場合の有力な選択肢です。

このカードを使っていると相手が分かれば少しは魔法罠の破壊をためらうと思いますし

他の破壊されたくないカードと一緒に伏せれば中々にいやらしいでしょう。

個人的には【アーティファクト】に採用してみるのも面白いと思います。

アーティファクト・デュランダルで意識的に破壊させるのも狙えますし

手札から直接アーティファクトを特殊召喚できる貴重な手段にもなります。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ハンサムライガー

上級ペンデュラムを何でもサーチ!   今回紹介するのはVジャンプの定期購読特典

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバー・ドラゴン・フィーア サイバー流に展開要員が増えました

エイプリルフールです。 ヴレインズの公式サイトではAiがサイトを乗っ取っていたり デュエ

記事を読む

レスキューフェレット:遊戯王カード考察  レベル6までなら何でも特殊召喚可能!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第54話『戦慄のバトルドローン』感想

遊戯王ヴレインズ54話の感想です。 前回のあらすじ:御覧のアニメはガンゲイルオンライン

記事を読む

ウォーター・ドラゴン-クラスター、ボンディング-D2O、ボンディング-DHO:遊戯王カード考察 召喚は厳しいが決まれば一撃必殺も十分可能!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバース・クロック・ドラゴン ザ・脳筋効果 パラサイトフュージョナーの新しい融合先にも

7月14日にSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)が発売されます。 今回紹介するのはそ

記事を読む

ランカの蟲惑魔(こわくま):遊戯王カード考察  ほらほら、セットカード破壊してもいいんだよ?

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン

スケール1&エクストラデッキメタ!   今回紹介するのは3月21日に発売される

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ドラコニアの翼竜騎兵(Sky Dragoons of Draconia)

意外と貴重な鳥獣族ペンデュラム   今回紹介するのはEXTRA PACK 20

記事を読む

古代の機械巨人(アンティーク・ギアゴーレム)-アルティメット・パウンド:遊戯王カード考察

三回連続の貫通攻撃で敵を一網打尽ナノーネ   今回紹介するのは1月21日に発売

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    実は相手フィールドのモンスターも対象にできたりする。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,390,858 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑