遊戯王カード考察:F.A.(フォーミュラアスリート)ダークネスマスター F.A.の貴重な除去要員

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

 

 

 

F.A.ダークネスマスター/F.A. Dark Dragster
特殊召喚・効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻   0/守2000
このカードは通常召喚できない。
フィールドにレベル7以上の「F.A.」モンスターが存在し、
自分のモンスターゾーンに
「F.A.ダークネスマスター」が存在しない場合に特殊召喚できる。
①:このカードの攻撃力はこのカードのレベル×300アップする。
②:「F.A.」魔法・罠カードの効果が発動した場合に発動できる
(ダメージステップでも発動可能)。
このカードのレベルを1つ上げる。
③:1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
このカードのレベルを3つ下げ、そのカードを破壊する。

 

 

フォーミュラアスリートの新型となる

闇属性機械族のレベル7特殊召喚モンスターです。

「……Dark Dragster……
 俺は……おまえを覚えてる……」
「……俺は…………」
『オマエは……
 オレのものになる……』

黒、紫、赤を基調とした全体的にトゲトゲしたフォルムのマシンです。

いかにもライバル役、敵役といった感じのデザインですね。

名前的にもライトニングマスターの対を意識している感じで

属性以外のステータスが一致しています。

ちなみに英語名もDark(闇) DragsterとDawn(夜明け) Dragsterで

こちらも対を意識したような感じになっています。

まさに主人公機とライバル機の関係なのでしょう。

 

 

このカードは通常召喚できない。
フィールドにレベル7以上の「F.A.」モンスターが存在し、
自分のモンスターゾーンに
「F.A.ダークネスマスター」が存在しない場合に特殊召喚できる。

特殊召喚モンスターであり同名カードが場にいない状態かつ

場にレベル7以上のF.A.モンスターがいれば特殊召喚が可能です。

丁度レベル4のF.A.にF.A.ダウンフォースを使えば達成できるレベルですし

F.A. Overheatで手札からF.A.を特殊召喚する事でも達成可能です。

ライトニングマスターのシンクロ召喚が狙えるならそちらを狙ってもいいでしょう。

ちなみに自分の場だと限定されていない為

ミラーマッチであれば相手の場にレベル7以上のF.A.がいても条件を満たせます。

 

 

①:このカードの攻撃力はこのカードのレベル×300アップする。
②:「F.A.」魔法・罠カードの効果が発動した場合に発動できる
(ダメージステップでも発動可能)。
このカードのレベルを1つ上げる。

①と②の効果はレベル×300だけ自身の攻撃力を上げる自己強化効果と

F.A.魔法罠が発動する度にレベルを1上げるレベル変動効果です。

どちらもF.A.の共通効果でありこのカードの元々のレベルは7なので

基本攻撃力は2100となります。

このカードの場合は戦闘に関する効果を持っていたりも

レベルが一定以上で付与される類の効果も所持していらっしゃらないので

レベルを上げていく優先度としては低いでしょう。

 

 

③:1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
このカードのレベルを3つ下げ、そのカードを破壊する。

③の効果は1ターンに1度、自身のレベルを3下げる事で

場のカードを1枚破壊出来るというものです。

攻撃力を900下げて場を一枚破壊する効果と解釈する事も出来るでしょう。

レベルを下げて発動するという点ではライトニングマスターと一緒であり

あちらが防御的な効果なのに対しこちらは能動的に使える攻撃的な効果と

やはり対を意識したような効果となっています。

非常にシンプルな除去効果でありモンスター、魔法罠どちらにも対処可能です。

効果を発動した後はF.A.シャイニングスターGTのリンク素材などにすれば

無駄がありません。

 

 

基本的にlevelを上げてSPEEDでぶん殴るのが信条の【F.A.】において

数少ない直接的な除去能力を持った貴重なカードです。

殴るだけでは対処できない状況の打開策として何かとお世話になるでしょう。

一度特殊召喚すれば蘇生も行えるのでF.A. Pit Stopの蘇生対象としても有力です。

ただSPEED(レベル)で圧倒するだけでなく

効果破壊というダーティーな走りを活かしていきましょう。

関連記事

遊戯王OCG:自分なりのデッキの組み方について

前回の記事でデッキ枚数に関する話を少しさせていただきました。せっかくなので 今回は実際に自分が

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:煉獄の騎士(テラナイト) ヴァトライムス

プトレマイオス闇堕ちしました   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王テーマ考察:【転生炎獣(サラマングレイト)】 転生リンク召喚で魔法罠が超性能に!

遊戯王VRAINSにおいて第2部から登場、 プレイメーカーの存在感を食う勢いで活躍している新た

記事を読む

遊戯王カード考察:銀河の修道師(ギャラクシー・プリースト) EXデッキを補充しつつ2枚ドロー

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:月光紅狐(ムーンライト・クリムゾン・フォックス)

攻めも守りも両方強化!   1月21日発売予定のVジャンプ3月号に遊戯王のカー

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第48話『裁きの矢』感想

遊戯王ヴレインズ48話の感想です。   前回のあらすじ:なんで仁くんす

記事を読む

遊戯王アークファイブ第60話『地獄の沙汰もカード次第』感想

遊戯王ARC-V60話の感想です。 ロジェ長官の手腕によって一網打尽とされてしまったランサーズ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第90話『革命の狼煙』感想

遊戯王ARC-V90話の感想です。 零羅のピンチに「君こそが主人公だろう」とばかりに駆けつけた

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マシュマカロン

何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!   今回紹介するのはTHE DARK

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:竜魔王レクターP(ペンデュラム)

シャイニング・ビクトリーズの発売も近づいてまいりました。 既にフラゲ情報も出回っているようです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,750,158 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑