遊戯王カード考察:ハロハロ 初のデメリットなしペンデュラムチューナー、通常モンスターとしても有用

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

 

 

 

ハロハロ/Hallohallo
ペンデュラム・チューナー・通常モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻 800/守 600
【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
サイコロを1回振る。
対象のモンスターのレベルはターン終了時まで、出た目と同じになる。
【モンスター情報】
ハロハロはあまいおかしにメロメロ。
おかしをさがしてあっちへウロウロ、こっちをキョロキョロ。
おかしをくれないとイロイロないたずらでヘロヘロにしちゃうぞ。

オロオロしたってもうおそいよ。
なにがでるかはおたのしみ。

 

 

闇属性悪魔族のレベル3ペンデュラムチューナーの通常モンスターです。

通常モンスターのペンデュラムチューナーというのはこのカードが初です。

魔女のような恰好をしたハロウィンのカボチャです。

通常ハロウィンのカボチャは牙のある感じの禍々しい顔ですが

このカードはなんというか愛嬌ある感じの顔つきをしています。

なんとなくハンター×ハンターのナニカを連想させます。

 

フレーバーテキストはメロメロ、ウロウロ、キョロキョロ、

イロイロ、ヘロヘロ、オロオロと実に韻を踏んだ文章になっています。

海外のフレーバーテキストも中々に秀逸で

Hallo Hallo, brain of tallow,
Guts are gone, noggin’s hollow.
Seeking sweets and marshing mallows,
Watch your back, and your candy sack.

とtallow,hollow,mallowとこちらも韻を踏んだ文章になっています。

 

 

【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
サイコロを1回振る。
対象のモンスターのレベルはターン終了時まで、出た目と同じになる。

ペンデュラム効果は1ターンに1度、表側表示モンスター1体のレベルを

サイコロを1回振って出た目と同じにするというレベル変動効果です。

主にシンクロ召喚やエクシーズ召喚のレベル調整に使う事になりますが

いかんせん変化するレベルが不安定なのでレベルを合わせようと思ったら

出たら目やNo.67 パラダイスマッシャーなどの工夫が必要となるでしょう。

個人的に面白いと思うのは【ガガガ】に組み込む場合で

ガガガマジシャンとガガガシスターがレベル調整効果を持っており

狙い通りの出目が出なかった場合でもある程度フォローが効く上に

ガガガマジシャンとガガガシスターでエクシーズ召喚を狙う場合

出目4以上であればNo.77 ザ・セブン・シンズのエクシーズ召喚を狙う事が可能です。

 

 

しかしこのカードの真価はペンデュラム効果そのものではなく

通常モンスターのペンデュラムチューナーである事そのもでしょう。

今まで存在していたペンデュラムチューナーは

全てデメリットや制約があるものばかりであり

そういった制約が一切存在しないペンデュラムチューナーはこのカードが初となります。

毎ターンEXデッキからペンデュラム召喚をしては

シンクロ召喚や水晶機巧-ハリファイバーのリンク召喚の素材にできるわけです。

ある意味では新マスタールールだからこそ出せたカードと言えるでしょう。

 

 

さらにこのカードの場合、レスキューラビットに対応しているというのが非常に大きく

レスキューラビットから2体特殊召喚してハリファイバーと

ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラムどちらの召喚も狙える現在唯一のカードです。

これに加えて闇属性なので覇王眷竜スターヴ・ヴェノムの特殊召喚も狙えたりします。

レスキュラービットに対応する闇属性のペンデュラム通常モンスターは

このカード以外には竜魔王ベクターPしかおらずそういう意味でも貴重なカードです。

これ以外にも悪魔族なので魔界発現世行きデスガイドからの特殊召喚も可能で

こちらでもハリファイバーのリンク召喚を狙えたりします。

ハリファイバーの②の効果で特殊召喚が出来るのも見逃せないポイントでしょう。

そもそもが通常モンスターなので効果無効も知ったこっちゃありません。

 

 

このようにペンデュラムチューナーとしてもペンデュラム通常モンスターとしても

貴重かつ有用なカードとなっています。

様々なデッキで活用できるポテンシャルを持っていますが

特に【バニラペンデュラム】においては眷竜スターヴの特殊召喚を補助するだけでなく

新たにシンクロ召喚のギミックも組み込めるようになるありがたい存在となります。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:The blazing MARS(ザ・ブレイジング・マーズ)

今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者編」よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第105話『レジスタンスの絆』感想

遊戯王ARC-V105話の感想です。 父榊遊勝に憎しみを抱くエドに出会った遊矢でしたが

記事を読む

遊戯王カード考察:古代の機械素体(アンティーク・ギアフレーム) 古代の機械箱対応、③の効果はどう狙う?

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:リンク・ストリーマー 効果を発動させる手段は色々あります

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)59 背反の料理人(バック・ザ・コック)

史上初の真炎の爆発対応ナンバーズ!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:おろかな副葬

これあかん奴じゃ・・・   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真竜剣士マスターP(ピース)

やっぱり無効化は強い!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣の使い手-バスター・ブレイダー、破壊剣士の伴竜

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウからこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ディバインガイ

満足状態にして2枚ドロー   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真竜皇(しんりゅうおう)アグニマズドV(バニッシャー)

破壊効果を有効利用しろ!     自分でもすっかり忘れていたの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:死霊王 ドーハスーラ 何気にアンデット族以外でも有用

本日9月22日、ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-が発売され

ソード・ワールド2.5ルールブックⅡ登場!新種族「メリア」やバードやフェアリーテイマーなどの仕様変更など

ソード・ワールド2.0のバージョンアップとなるソード・ワールド2.5。

遊戯王カード考察:コード・ジェネレーター マイクロ・コーダーやコード・ラジエーターの仲間が増えました

Vジャンプ11月号が9月21日に発売されます。 今回紹介するのは

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第69話『果たすべき使命』感想

遊戯王ヴレインズ69話の感想です。  

遊戯王カード考察:ヴェンデット・アニマ 除外された他のヴェンデットを再利用

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

→もっと見る

    • 5,646,432 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑