遊戯王カード考察:ハロハロ 初のデメリットなしペンデュラムチューナー、通常モンスターとしても有用

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

 

 

 

ハロハロ/Hallohallo
ペンデュラム・チューナー・通常モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻 800/守 600
【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
サイコロを1回振る。
対象のモンスターのレベルはターン終了時まで、出た目と同じになる。
【モンスター情報】
ハロハロはあまいおかしにメロメロ。
おかしをさがしてあっちへウロウロ、こっちをキョロキョロ。
おかしをくれないとイロイロないたずらでヘロヘロにしちゃうぞ。

オロオロしたってもうおそいよ。
なにがでるかはおたのしみ。

 

 

闇属性悪魔族のレベル3ペンデュラムチューナーの通常モンスターです。

通常モンスターのペンデュラムチューナーというのはこのカードが初です。

魔女のような恰好をしたハロウィンのカボチャです。

通常ハロウィンのカボチャは牙のある感じの禍々しい顔ですが

このカードはなんというか愛嬌ある感じの顔つきをしています。

なんとなくハンター×ハンターのナニカを連想させます。

 

フレーバーテキストはメロメロ、ウロウロ、キョロキョロ、

イロイロ、ヘロヘロ、オロオロと実に韻を踏んだ文章になっています。

海外のフレーバーテキストも中々に秀逸で

Hallo Hallo, brain of tallow,
Guts are gone, noggin’s hollow.
Seeking sweets and marshing mallows,
Watch your back, and your candy sack.

とtallow,hollow,mallowとこちらも韻を踏んだ文章になっています。

 

 

【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
サイコロを1回振る。
対象のモンスターのレベルはターン終了時まで、出た目と同じになる。

ペンデュラム効果は1ターンに1度、表側表示モンスター1体のレベルを

サイコロを1回振って出た目と同じにするというレベル変動効果です。

主にシンクロ召喚やエクシーズ召喚のレベル調整に使う事になりますが

いかんせん変化するレベルが不安定なのでレベルを合わせようと思ったら

出たら目やNo.67 パラダイスマッシャーなどの工夫が必要となるでしょう。

個人的に面白いと思うのは【ガガガ】に組み込む場合で

ガガガマジシャンとガガガシスターがレベル調整効果を持っており

狙い通りの出目が出なかった場合でもある程度フォローが効く上に

ガガガマジシャンとガガガシスターでエクシーズ召喚を狙う場合

出目4以上であればNo.77 ザ・セブン・シンズのエクシーズ召喚を狙う事が可能です。

 

 

しかしこのカードの真価はペンデュラム効果そのものではなく

通常モンスターのペンデュラムチューナーである事そのもでしょう。

今まで存在していたペンデュラムチューナーは

全てデメリットや制約があるものばかりであり

そういった制約が一切存在しないペンデュラムチューナーはこのカードが初となります。

毎ターンEXデッキからペンデュラム召喚をしては

シンクロ召喚や水晶機巧-ハリファイバーのリンク召喚の素材にできるわけです。

ある意味では新マスタールールだからこそ出せたカードと言えるでしょう。

 

 

さらにこのカードの場合、レスキューラビットに対応しているというのが非常に大きく

レスキューラビットから2体特殊召喚してハリファイバーと

ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラムどちらの召喚も狙える現在唯一のカードです。

これに加えて闇属性なので覇王眷竜スターヴ・ヴェノムの特殊召喚も狙えたりします。

レスキュラービットに対応する闇属性のペンデュラム通常モンスターは

このカード以外には竜魔王ベクターPしかおらずそういう意味でも貴重なカードです。

これ以外にも悪魔族なので魔界発現世行きデスガイドからの特殊召喚も可能で

こちらでもハリファイバーのリンク召喚を狙えたりします。

ハリファイバーの②の効果で特殊召喚が出来るのも見逃せないポイントでしょう。

そもそもが通常モンスターなので効果無効も知ったこっちゃありません。

 

 

このようにペンデュラムチューナーとしてもペンデュラム通常モンスターとしても

貴重かつ有用なカードとなっています。

様々なデッキで活用できるポテンシャルを持っていますが

特に【バニラペンデュラム】においては眷竜スターヴの特殊召喚を補助するだけでなく

新たにシンクロ召喚のギミックも組み込めるようになるありがたい存在となります。

関連記事

遊戯王アークファイブ第83話『師弟の絆』感想

遊戯王ARC-V83話の感想です。 今回は柚子と素良がメインの回になりそうですね。 結局

記事を読む

遊戯王カード考察:ライドロン サイバース通常モンスター4体目、今度は攻撃力2000枠

今回紹介するのはSTARTER DECK(2018)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:天球の聖刻印(てんきゅうのせいこくいん) 簡単に出せてフリーチェーンで対象に取らないバウンス

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:半魔導帯域

ミドル・シールド・ガードナー「君達!やめたまへ!」   今回紹介するのはザ・ダ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第129話『覇王の片鱗』感想

遊戯王ARC-V129話の感想です。 零王の精霊機巧軍に立ち向かう遊矢と零児。 そしてレ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)サンデウ・キンジー

超融合内蔵モンスター出ちゃった☆   今回紹介するのはフュージョン・エンフォー

記事を読む

遊戯王アークファイブ第73話『地を這う敗北者達』感想

遊戯王ARC-V73話の感想です。 また遊戯王アニメで記念すべき777回でもあります。

記事を読む

遊戯王カード考察:F.A.(フォーミュラアスリート)カーナビゲーター 毎ターン蘇生できてサーチもできる

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界劇場「ファンタスティックシアター」 ほらほら、モンスター効果発動してもいいんだよ?

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第120話『バトル・ビースト』感想

遊戯王ARC-V120話の感想です。 兄に反逆する妹、瑠璃とのデュエルに打ち勝った隼。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:プラチナ・ガジェット 何かこの制約流行りそう

11月21日にVジャンプ1月号が発売されます。 今回紹介するのは

遊戯王カード考察:ハーピィ・パフューマー サーチ対象は結構多いです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

遊戯王カード考察:ガーデン・ローズ・メイデン ブラック・ガーデンのサポートカード登場

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

遊戯王カード考察:弾丸特急バレット・ライナー 地属性機械族って結構います

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

遊戯王カード考察:月光融合(ムーンライト・フュージョン) 舞豹姫や舞獅子姫がより出しやすく

本日11月10日、デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-が発

→もっと見る

    • 5,847,297 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑