遊戯王カード考察:幻妖(げんよう)フルドラ コストさえあれば何でも墓地から回収!

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。

 

 

 

幻妖フルドラ
効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻1500/守2400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
捨てたカードの種類によって以下の効果を適用する。
●モンスター:自分の墓地から罠カード1枚を選んで手札に加える。
●魔法:自分の墓地からモンスター1体を選んで手札に加える。
●罠:自分の墓地から魔法カード1枚を選んで手札に加える。

 

 

闇属性魔法使い族のレベル5モンスターです。

森の中、杖を持った黒いローブの女性が佇んでいます。

花のような髪型と頭に生えた2本の触角が特徴的です。

フルドラとは「覆われた」や「秘密」などを意味する

スカンジナビアに伝わる森の精霊です。

 

 

その効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚に成功した時に手札を1枚捨てて

その捨てたカードの種類によって対応した墓地のカードを回収するというものです。

モンスターカードを捨てた場合は罠カードを、

罠カードを捨てた場合は魔法カードを、

魔法カードを捨てた場合はモンスターカードをそれぞれ墓地から回収できます。

実質的なアドバンテージこそないものの回収できるカードに制限がなく

対応するカードさえコストにできれば全てのカードを回収可能です。

ただそれぞれ別の種類のカードをコストにする必要があるので

安定して目当てのカードを回収するには

デッキに置けるモンスター魔法罠の比率に気を使う必要があるでしょう。

このカードは上級モンスターですが攻撃力が1500と低めなので

キラートマトから特殊召喚が可能でまた闇属性の魔法使い族なので

マジシャンズ・ナビゲート魔導召喚士 テンペルにも対応しています。

 

 

特に墓地から魔法カードを回収できるのが貴重であり

タイムラグなしというのは聖なる魔術師や混沌の黒魔術師にもできない芸当です。

同様の事が可能な魔法石の採掘よりもコスト的にもお得であり

真炎の爆発や大逆転クイズ、一撃必殺!居合いドローなど

回収のし辛いキーカードをデッキに入れているのであれば

特殊召喚手段や蘇生手段と共に採用する価値は十分にあります。

 

 

今後回収手段の少ない重要な魔法罠などが登場する度に

このカードの重要性も上がってくる事でしょう。

そういう意味でも将来性の高い可能性に満ちたカードだと言えます。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:月光香(げっこうが)

最近の蘇生魔法はおまけつき!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよ

記事を読む

エンタメデュエル:遊戯王カード考察

見事条件を達成できましたらご喝采!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

遊戯王アークファイブ第85話『水晶の翼』感想

遊戯王ARC-V85話の感想です。先週休みだったので2週間ぶりですね。 ユーゴVSセレナもこれ

記事を読む

遊戯王カード考察:幻影騎士団(ファントム・ナイツ)ミストクロウズ

除外されたファントムナイツを再利用!   今回紹介するのはディメンション・ボッ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン

純正のトゥーンでは使いづらい、だが・・・   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブロック・ドラゴン

コアキメイルを配慮した嬉しい耐性!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王テーマ考察:【パラディオン】とにかくひたすら1体のリンクを強化する

星遺物を巡るOCGのストーリー、 その5つ目のテーマであるパラディオンが登場しました。

記事を読む

【トリックスター】:遊戯王テーマ考察  遊戯王VRAINSのヒロインが使うテーマは相当エグいぞこれ・・・

今年春から始まる新作アニメ、遊戯王VRAINS(ヴレインズ) 主人公の藤木遊作がサイバース族の

記事を読む

遊戯王カード考察:デフコンバード 貴重な風属性サイバース族 いっそ攻撃強要させてみる?

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:九尾の狐 中々に使いやすいレベル6アンデット族

12月16日に開催されるジェンプフェスタ2018において PREMIUM PACK 20が先行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,563,924 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑