遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第63話『転生する炎』感想

公開日: : アニメ感想, 遊戯王, 遊戯王ヴレインズ

遊戯王ヴレインズ63話の感想です。

 

前回のあらすじ:おいおい瞬殺だよ

 

 

絶望×3

さてプレイメーカーと鎧坂のデュエル、先行は鎧坂です。

スープレックス召喚してスコーピオ特殊召喚してヘッドバッドも特殊召喚と

ここまでは前回の剣持と同じです。

出すリンクが違っており今回リンク召喚されたのは

LINK-3、剛鬼ザ・ソリッド・オーガ。

さらに永続魔法「剛鬼結束」によりリンクモンスターがいる間、

他の剛鬼に破壊耐性と戦闘ダメージを0にする効果を与えます。

剣持がやったように貫通ダメージによる撃破は無理という事ですね。

 

 

場面はソウルバーナーVSブラッドシェパードへと切り替え。

ブラッドシェパードは3体の絶望で一斉に総攻撃をしかけます。

1体目はヒートライオを撃破し2体目はダイレクトアタックで大ダメージを与え、

3体目でトドメとなった所で手札の転生炎獣バローの効果発動、

ライフ1000以下の状態で攻撃を受けた時に手札から特殊召喚され

さらに墓地の転生炎獣1体、今回の場合ヒートライオと同じ攻撃力2300となります。

これにより戦闘破壊されるもライフを残す事に成功しました。

ブラッドシェパードは必死に抵抗を続けるソウルバーナーに対して

子供の頃に受けたトラウマはそう簡単に克服できるものではない、

イグニスを渡して消え去れと降伏勧告しつつカードを1枚伏せてターンエンドです。

 

 

やっぱり1ターンキル

場面はまたまた切り替わって外のプレイメーカーVS鎧坂に。

鎧坂はターン終了したようでプレイメーカーのターン、ドロー。

まずスタックリバイバーを墓地へ送ってビットルーパーを特殊召喚、

そしてサイバースガジェットを召喚してスタックリバイバーを蘇生です。

2体でLINK-2、セキュリティ・ドラゴンをリンク召喚した後に

スタックリバイバーが素材となった事でサイバース・ガジェットを蘇生させ

さらにセキュリティドラゴンの効果でライジングスコーピオを手札に戻そうとします。

それに対して鎧坂はツイストコブラの効果でスコーピオを墓地へ送り

ソリッドオーガの攻撃力を4700にまでアップさせ

同時にスコーピオが墓地に送られた事でサーチ効果も発動です。

いわゆるリリースエスケープという奴です。

判断ミスだという鎧坂にプレイメーカーは動じる事なく

セキュリティ・ドラゴンを含めた3体でサーキットコンバイン、

2期初となるファイアウォール・ドラゴンをリンク召喚します。

さらにガジェット効果で生成したトークンと特殊召喚したバックアップ・セクレタリーで

続けてコンバイン、フレイム・アドミニスターもリンク召喚します。

そしてリンク先が墓地に送られた事でファイアウォールの効果発動、

手札からデュアル・アセンブルムを特殊召喚します。

さらにファイアウォールのもう1つの効果も発動、

剛鬼2体を手札に戻しこれで鎧坂のフィールドはがら空きです。

そこにアセンブルムとファイアウォールの容赦ないダイレクトアタックが

鎧坂に襲い掛かりライフ0、今回もプレイメーカー、危なげない勝利を飾りました。

結局鎧坂も1ターン持ちませんでした。

 

丁度草薙さんも救出用のプログラムが完成した所ですが

いざ実行しようとした所でエラーが発生、まだ突破するには至っていないようです。

そして草薙がプログラムを破ろうとしている様子をエマが覗き見していました。

エマが言うには草薙のプログラムはいい所までは言っているけども

まだちょっとだけブラッドシェパードの癖を分かっていないそうです。

 

 

トラウマぁ?何それぇ?鈍いなぁ!克服済みだよ!

さて再度場面はソウルバーナーVSブラッドシェパードに。

強がっていてもボロボロだと相変わらずサレンダーを迫るブラッドシェパード、

しかしソウルバーナーはそんな事には耳を貸さずにドロー。

装備魔法「ライジング・オブ・ファイア」で墓地のヒートライオを蘇生し装備、

さらにサンクチュアリの効果でこのヒートライオを転生リンク召喚します。

そして装備状態となったライジング・オブ・ファイアが離れた事で効果発動、

モンスター1体を選択してその同名モンスターを

フィールドから全て除外します。闇より出でし絶望3体が全て消え失せます。

絶望とはおさらばだと得意げに言うソウルバーナーにトラウマに怯える様子はありません。

トラウマであったはずの絶望をあっさりと撃破してきたソウルバーナーに対して

ブラッドシェパードは動揺します、確かにトラウマがあったはずなのに、と。

それに対してソウルバーナーは何の事かととぼけた様子です。

そうトラウマなんていうのはとっくに克服しており

こんな風に怯えていたのもただのベクターばりの演技だったのです。

これ演技かよ!?すごいなソウルバーナー!

完全に騙されたブラッドシェパードに対して不霊夢は

「AIの情報を信じるのは愚か」と思いっきり意趣返しをします。

ソウルバーナーの過去を覗いていたブラッドシェパードでしたが

肝心な部分は不霊夢が巧妙に隠していたのです。

 

 

そう、あの尊VS龍次郎とのデュエルには続きがありました。

龍次郎はスカル・コンダクターを召喚、疫病狼のサポートで入っていたのでしょう。

そして絶望とコンダクターでバルキリーナイトとギアフリードを攻撃、

フィールド魔法「闇の淵」の効果で場のアンデット族×200だけ2体の攻撃力を上げて

見事にこの2体を戦闘破壊します。

そしてこの時の尊は確かに闇より出でし絶望がトラウマとなっていました。

「あいつが出てきたら駄目なんだ」と怯える尊に対して

龍次郎も様子が変な事に気づいており「途中だけどやめるかい?」とサレンダーを促しつつ

コンダクターが自身の効果で自壊した後にカードを1枚伏せてターンエンドします。

 

その間、不霊夢は必死になって尊を励まします。勇気を出すんだ、転生しろと。

そして尊は立ち上がります。

尊のターン、ドロー。

ライジング・オブ・ファイアで墓地のギアフリードを蘇生して装備、

さらに通常魔法「テンペスト・オブ・ファイア」を発動、

自分のモンスターを破壊する事で元々の攻撃力分のダメージをお互いに与え

さらに破壊したモンスターの攻撃力以下の相手モンスターを破壊、

その破壊した相手モンスターの半分のダメージを相手に与えるというものです。

これにより闇より出でし絶望を破壊して龍次郎のライフを一気に削り取りました。

尊の勝利です。こうして尊と不霊夢のコンビが誕生しました。

これが不霊夢が隠していた過去のデュエルの真相です。

 

回想は終わりブラッドシェパードとのデュエルに戻ります。

トラウマなんかとっくに克服して過去の自分よりさらに先に進んでいるとソウルバーナー。

転生したヒートライオの効果で再度ドローン・バリケードをデッキバウンスしようとします。

同じくドローン・バリケードの効果が発動し自身を除外して

デッキからもう1枚のドローン・バリケードがセットしてすぐさま発動します。

しかし当然これはソウルバーナーの想定内でした。

墓地のフォクシーの効果により自身を蘇生した後に手札を1枚捨てつつ

最後のドローン・バリケードを破壊します。

もうデッキにドローン・バリケードは残ってない為再びセットして発動はできません。

ブラッドシェパードの場にはあと1枚魔法罠がセットされていますが

ソウルバーナーはそれにめげずにヒートライオで攻撃しようとします。

 

っとそこでエマが草薙のプログラムに少し手を加えました。

その事でブラッドシェパードの仕掛けた罠が解除、

2人がデュエルしていたフィールドが消えてデュエルが中断されてしまいます。

あとちょっとで勝つところだったのにとぶーたれるソウルバーナーですが

プレイメーカーはそれに構わず引き連れてログアウトします。

 

そしてブラッドシェパードはエマが邪魔をした事に気づいていました。

負けそうだったのにというエマに対してあのまましていれば勝てていたといいます。

そして邪魔をするのであればお前も敵だと

エマに対して手をかざしパルマフィオキーナの銃口を向けました。

 

 

 

 

 

というわけで何気にヴレインズではかなり珍しいデュエル中断です。

今後またソウルバーナーとブラッドシェパードのリベンジマッチがあるかもしれませんね。

それにしてもソウルバーナー、あの怯えた表情が演技だったのは完全にしてやられました。

ちょっと名演技すぎませんかね彼。

 

次回予告 64話『ターニング・ポイント』

弟を救う為 1人で立ち向かっていたあの頃

俺には足りなかった 強大な敵を倒しうる力が

これは今に続く物語の最初の1ページ

圧倒的な力を持つ 彼との出会い

草薙さん、まさかの自分語りナレーション。

というわけで穂村に聞く形で草薙さんが

遊作との出会いについて語ってくれるようです。

ところで草薙さんその恰好はなんですか?

なんていうかデュエリストよりもポケモントレーナーやってそうな恰好です。

いやでもデュエリストでもこんな格好してる人いましたね。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン、サイレント・バーニング

手札を維持して攻撃力を確保しろ!   今回紹介するのはデュエリストパック-王の

記事を読む

遊戯王カード考察:逢魔ノ刻(おうまのとき) 特にリンク用の蘇生カードとして有用

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第39話『闇に葬る弾丸』感想

遊戯王ヴレインズ39話の感想です。 前回のあらすじ:1人だけ横向き  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:濡れ衣

ブレイカーズ・オブ・シャドウのフラゲ情報も出ているみたいですね。 今回紹介するのはこのカードで

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:創星神 tierra(そうせいしん ティエラ)

新たなるラスボス、降臨   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカー

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第52話『名ばかりの英雄』感想

遊戯王ヴレインズ52話の感想です。 前回のあらすじ:剛鬼ぃ?誰それぇ?俺ダイナレスラー

記事を読む

【機界騎士(ジャックナイツ)】:遊戯王テーマ考察 直線番長な奴ら、一部すごい事書いてあります

星杯にクローラー。 どちらも聖遺物を巡った戦いを繰り広げており。 10期の遊戯王OCGの

記事を読む

No.(ナンバーズ)71 リバリアン・シャーク:遊戯王カード考察  バリアンズ・カオス・ドローをしたいあなたの為に

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ダークエンジェル

手札から送り付けるだけで魔法封じ!   本日8月6日にデステニー・ソルジャーズ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第36話『くだらない正義』感想

遊戯王ヴレインズ36話の感想です。   前回のあらすじ:スペクターさん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,986,897 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑