遊戯王カード考察:F.A.(フォーミュラアスリート)シャイニングスターGT どれだけ維持できるかが重要

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

 

 

 

F.A.シャイニングスターGT
リンク・効果モンスター
光属性/機械族/攻 0/LINK-2
【リンクマーカー:左下/右下】
\ ↑ /
←   →

機械族モンスター2体
このカード名の④の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、
このカードのリンク先の「F.A.」モンスターのレベルの合計×300アップする。
②:このカードの戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージは0になる。
③:「F.A.」魔法・罠カードの効果が発動した場合に発動する。
このカードにアスリートカウンターを1つ置く。
④:相手がモンスターの効果を発動した時、
このカードのアスリートカウンターを1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

 

フォーミュラアスリートの新型となる光属性機械族のLINK-2です。

巨大なジェットエンジンを2つ取り付けた先鋭的なデザインの車です。

ウィングのようなパーツも随所にみられ

航空機の技術も多分に取り入れられているのでしょう。

GTとは「グランツーリスモ」の略称で自動車カテゴリの1つです。

明確な区分はないのですが概ね

「長距離走行に向いたスポーティーなセダン・クーペ」

といった定義として使われます。

厳密にはスポーツカーではないけれども

スポーツレーシングに耐えうる性能を持った車といった感じです。

また同名のゲームがドライビングシミュレーターとして

現在もシリーズが続いています。

 

 

 

【リンクマーカー:左下/右下】
機械族モンスター2体

リンク素材には機械族モンスター2体を指定しています。

効果的にもほぼ【フォーミュラアスリート】専用となりますが

SRベイゴマックスなどを出張させてリンク素材にする事も可能です。

リンクマーカーは左下と右下にありEX召喚枠の確保に優れています。

効果的にもリンクマーカーを参照する為

EXモンスターゾーンに出すのが前提となってくるでしょう。

 

 

①:このカードの攻撃力は、
このカードのリンク先の「F.A.」モンスターのレベルの合計×300アップする。

①の効果はリンク先のフォーミュラアスリートのレベル合計×300分

自身の攻撃力を上昇させる自己強化効果です。

レベルに応じて攻撃力が上昇するのはフォーミュラアスリートの共通効果ですが

リンクであるこのカードはレベルを持たない為、

代わりにリンク先のレベルを参照しているというわけですね。

打点を上げるには他にフォーミュラアスリートが必要になるので

このカードのリンク召喚とは別にモンスターを確保しておく余裕が求められます。

最大で2体分の攻撃力を加算できるので

4000打点、5000打点も十分に狙っていく事が可能です。

 

 

②:このカードの戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージは0になる。

②の効果はこのカードが戦闘する際お互いの戦闘ダメージが0になります。

元々の攻撃力が0なので打点が低い時にダメージを受ける心配がないと同時に

攻撃力を強化している状態でもダメージを与える事が出来ない為

メリットにもデメリットにもなる効果です。

ただ守備表示にできないリンクモンスターなので

戦闘ダメージを受けない事がありがたいケースは結構多いです。

 

 

このカード名の④の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:「F.A.」魔法・罠カードの効果が発動した場合に発動する。
このカードにアスリートカウンターを1つ置く。
④:相手がモンスターの効果を発動した時、
このカードのアスリートカウンターを1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

③と④の効果はF.A.と名の付く魔法罠カードが発動する度に

アスリートカウンターを1つ置き、そして1ターンに1度

相手モンスター効果が発動した際にこのカウンターを取り除く事で

その発動を無効にして破壊するというものです。

F.A.モンスターはF.A.魔法罠が発動する度に

レベルが上がるという共通効果を持っているわけですが

レベルを持たないリンクモンスターであるこのカードは

代わりにカウンターを乗せる事で再現しているわけです。

モンスター効果を無効にして破壊できるのは文句なしに強力な効果であり

相手の展開の妨害に大活躍してくれるでしょう。

魔法罠を無効にできるF.A.ライトニングマスターと組み合わせる事で

より強烈な制圧力を発揮する事が可能です。

 

 

ライトニングマスター合わせてF.A.の重要な制圧要員であり

このカードをどれだけ維持できるかが今後のF.A.にとって重要になってきます。

対象耐性を付与できるF.A.シティGPなどで上手く守護っていきましょう。

前述の通り機械族であればリンク素材にできるので

このカードのリンク召喚用の機械族を別途用意する価値は十分にあります。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:超重剣聖(ちょうじゅうけんせい)ムサ-C(シー)

今回紹介するのはVジャンプ12月号の付録についてくるこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:TG(テックジーナス) トライデント・ランチャー ハルバード・キャノンを使う大きな意味が生まれました

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)ガトリングール

凶悪なバーン効果で相手をハチの巣だぁ!   今回紹介するのはマキシマム・クライ

記事を読む

遊戯王カード考察:ドラグニティ-セナート 墓地の準備なしでシンクロ召喚狙えます

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)ヘルプリンセス

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

V・HERO(ヴィジョンヒーロー) ヴァイオン:遊戯王カード考察

D-HEROにとって非常にありがたい墓地肥やし!   今日3月11日、いよいよ

記事を読む

遊戯王カード考察:F.A.(フォーミュラアスリート)ダークネスマスター F.A.の貴重な除去要員

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

忍びの六武(しのびのろくぶ):遊戯王カード考察 ザ・ロマンカード、墓地をいかに肥やすかが鍵

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界劇団-コミック・リリーフ とうとう自分から台本壊しに行くのか・・・

本日6月9日、デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-の発売です。 今回紹介するのはそ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリボルバーのデュエル。 そ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,969,652 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑