遊戯王テーマ考察:【転生炎獣(サラマングレイト)】 転生リンク召喚で魔法罠が超性能に!

遊戯王VRAINSにおいて第2部から登場、

プレイメーカーの存在感を食う勢いで活躍している新たなるサイバース族使い、

ソウルバーナーこと穂村尊のテーマ、転生炎獣について紹介をしたいと思います。

 

 

 

転生炎獣(サラマングレイト)ミーア
効果モンスター
星2/炎属性/サイバース族/攻 800/守 600
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが通常のドロー以外の方法で手札に加わった場合、
このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:手札からこのカード以外の「サラマングレイト」カード1枚を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

 

転生炎獣(サラマングレイト)フォクシー
効果モンスター
星3/炎属性/サイバース族/攻1000/守1200
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚めくる。
その中から「サラマングレイト」カード1枚を選んで手札に加える事ができる
残りのカードはデッキに戻す。
②:このカードが墓地に存在し、
フィールドに表側表示の魔法・罠カードが存在する場合、
手札から「サラマングレイト」カード1枚を捨てて発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
その後、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

 

転生炎獣(サラマングレイト)ファルコ
効果モンスター
星4/炎属性/サイバース族/攻1200/守1600
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「サラマングレイト」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
②:このカードが墓地に存在する場合、
「転生炎獣ファルコ」以外の自分フィールドの
「サラマングレイト」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻し、このカードを墓地から特殊召喚する。

 

転生炎獣(サラマングレイト)Jジャガー
効果モンスター
星4/炎属性/サイバース族/攻1800/守1200
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
②:このカードが墓地に存在し、
自分フィールドに「サラマングレイト」リンクモンスターが存在する場合、
「転生炎獣Jジャガー」以外の自分の墓地の
「サラマングレイト」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻し、墓地のこのカードを
自分の「サラマングレイト」リンクモンスターの
リンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

 

転生炎獣(サラマングレイト)エメラルド・イーグル
儀式・効果モンスター
星8/炎属性/サイバース族/攻2800/守2000
「転生炎獣の降臨」により降臨。
①:このカードが自分フィールドの
「転生炎獣エメラルド・イーグル」を使用して儀式召喚に成功した時に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。
②:1ターンに1度、自分フィールドの
「サラマングレイト」リンクモンスター1体をリリースして発動できる。
このターン、このカードは以下の効果を得る。
●このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。
その相手モンスターを破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

転生炎獣(サラマングレイト)ヒートライオ
リンク・効果モンスター
炎属性/サイバース族/攻2300/LINK-3
【リンクマーカー:上/左下/右下】

←   →

炎属性の効果モンスター2体以上
①:このカードがリンク召喚に成功した場合、
相手の魔法&罠ゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
②:このカードが「転生炎獣ヒートライオ」を素材としてリンク召喚されている場合、
1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体と、
自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
対象のフィールドのモンスターの攻撃力は、
ターン終了時まで対象の墓地のモンスターの攻撃力と同じになる。

 

転生炎獣の聖域(サラマングレイト・サンクチュアリ)
フィールド魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分が「サラマングレイト」リンクモンスターをリンク召喚する場合、
自分フィールドの同名の
「サラマングレイト」リンクモンスター1体のみを素材としてリンク召喚できる。
②:自分のモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に、
1000LPを払い、自分フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を0にし、
そのモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

 

転生炎獣(サラマングレイト)の降臨
儀式魔法
「サラマングレイト」儀式モンスターの降臨に必要。
①:レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から「サラマングレイト」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
自分フィールドに炎属性リンクモンスターが存在する場合、
自分の墓地の「サラマングレイト」モンスターを
リリースの代わりにデッキに戻す事ができる。
②:このカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
手札から「転生炎獣エメラルド・イーグル」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

転生炎獣の意志(サラマングレイト・ハート)
永続魔法
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
②:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、
自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した自分フィールドの
「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのリンクマーカーの数まで、
自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスターを選んで守備表示で特殊召喚する。

 

サラマングレイト・ギフト
永続罠
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:手札から「サラマングレイト」モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキから「サラマングレイト」モンスター1体を墓地へ送る。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。
②:自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した
「サラマングレイト」リンクモンスターが自分フィールドに存在する場合、
手札から「サラマングレイト」モンスター1体を捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

 

 

テーマの特徴を考察すると以下の通りです。

・炎を纏った動物型ロボットのテーマである

・炎属性サイバース族のテーマでリンク召喚の他儀式召喚なども活用

・リンクモンスターを素材に同名リンクモンスターをリンク召喚する

「転生リンク召喚」を行う事で本領を発揮する

・魔法罠に強力な効果を持つものが多く

それに加えてサイバース族サポートも活用可能

・バーニングドローは未実装です

・横で応援してくれるポンコツイグニスも未実装です

・幼馴染の女の子も未実装です

 

バーナー状の炎を身に纏ったミーアキャットや狐、隼などの動物型ロボット達です。

名前の由来はトカゲの姿をした火の精霊「サラマンダー」と

転生や輪廻を意味する「トランスマイグレーション」から来ているのでしょう。

今まで種族単位のデッキだった(強いて言えば【コード・トーカー】がテーマの1つといえる)

サイバース族にカテゴリ化されたテーマがやってきました。

 

 

転生をテーマにしたテーマだけあって

メインデッキに入る多くのモンスターが墓地からの蘇生に関する効果を持っています。

蘇生効果はフィールドのモンスターを手札に戻したり

手札のサラマングレイトを捨てたりなどのコストが必要ですが

蘇生したカードがフィールドから離れると除外されるといった事も特になく、

上手く条件を整えれば毎ターン繰り返し蘇生を狙う事も可能です。

また各種モンスター達の効果も上手くシナジーしており

アニメでよく行っている事ですが手札からファルコを捨ててミーアを特殊召喚、

ミーアを手札に戻して墓地のファルコを蘇生、

ミーアが手札に加わった事で再度特殊召喚といった感じで

それぞれのコストや効果を活かしたコンボがいくつかあります。

手札コストにサラマングレイトを必要とする事が多い点も、

墓地に送って蘇生させるという意味では有利に働いてくる事も多いでしょう。

 

そして何といってもサラマングレイトの最大の特徴は「転生リンク召喚」と表現される

リンクモンスターを素材に同じリンクモンスターをリンク召喚する行為です。

エースである転生炎獣ヒートライオはこの転生リンク召喚を行う事で

リンク召喚に成功した際のデッキバウンス効果を再度行えるだけでなく

相手の攻撃力を変動させる効果も発動可能になります。

フィールド魔法の「転生炎獣の聖域」があれば

そのリンクモンスター1体のみで転生リンク召喚が可能となりますが

場合によっては普通に他にリンク素材を用意して転生リンク召喚を狙ってもいいでしょう。

 

 

専用魔法罠である転生炎獣の意志やサラマングレイト・ギフトは

通常時であっても一定の効果を発揮できますが転生リンクモンスターいる状態では

一度に複数の特殊召喚やドローが可能になるなど強烈な効果を発揮します。

それに加えてサイバース族なのでサイバネット・バックドアやSIMMタブラス、

レディ・デバッカー等のサイバース族用のカードも一緒に活用可能です。

総じて強力なサポートを得られやすいテーマであり

蘇生能力の高さと合わせて高いアドバンテージを確保しやすくなっています。

ちなみに炎属性以外のカードでもフレイム・アドミニスターなどを経由する事で

ヒートライオのリンク素材に活用できるので覚えておくといいでしょう。

 

 

アニメでも主人公級の活躍をしているキャラクターが使用しているテーマであり

そういう意味でも将来が非常に期待できるテーマです。

作中で既に融合召喚を行っているのでそういったカードの登場にも期待ですね。

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。
※カード名をクリックでwikiを表示します

 

王宮の鉄壁

除外を封じる事の出来る永続罠です。

墓地からの蘇生を積極的に行う転生炎獣はマクロコスモスなどの

除外を行ってくるカードが天敵の1つであり

その対策を含めて相手の除外に対するメタとして機能出来ます。

転生炎獣自体に除外を活用するギミックもない点も高相性です。

ただサイバネット・バックドア等は使用できなくなる点には注意です。

 

フォーマッド・スキッパー

EXデッキのリンクモンスターと同名カードになれるサイバース族です。

ヒートライオの名前をコピーする事で

転生リンク召喚の条件を簡単に満たす事が可能になります。

またレベル5以上のサイバース族をサーチする効果も

儀式モンスターのエメラルドイーグルが対応しているので無駄になりません。

SIMMタブラスやサイバース・ホワイトハットを採用するのもいいでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:F.A.(フォーミュラアスリート)オフロードGP(グランプリ) シンクロ召喚のお供に

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:墓穴の指名者 手札誘発メタとしても墓地メタとしても使える

ドラゴンボールファイターズβ版プレイしましたが楽しかったです。 こういう初心者に配慮されてる格

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第8話『風を操りし者』感想

遊戯王ヴレインズ第8話の感想です。 ブルーエンジェルとのデュエルに勝利したプレイメーカー。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブンボーグ007(ゼロゼロセブン)、ブンボーグ008(ゼロゼロエイト)

ブレイカーズ・オブ・シャドウ、とうとう今日発売ですね! 今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第144話『呪われし機械仮面(ギアマスク)』感想

遊戯王ARC-V144話の感想です。 黒咲とデュエルをする為にエクシーズ次元へと旅立った遊矢。

記事を読む

遊戯王アークファイブ52話「蘇る伝説総長!!」感想

遊戯王ARC-Ⅴ52話の感想です。 遊戯王アークファイブは歴代でも特にデュエリストの割合が多い

記事を読む

EM(エンタメイト)ユーゴーレム:遊戯王カード考察

トランプガールのライバル登場!   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

遊戯王カード考察:ネオス・フュージョン 手札1枚からレインボー・ネオスが 墓地肥やしにも有用

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-リハン:遊戯王カード考察  融合の六武衆が登場、影忍術で使いまわそう

8月11日にデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズが発売されます。 今回紹介するのはその

記事を読む

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ザ・マスター・オーガ アタッカーと制圧役どっちも行ける

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,982,152 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑