遊戯王カード考察:ダイプレクサ・キマイラ 簡易融合対応、リンク素材にして2枚回収できるナイスな奴

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。

 

 

 

ダイプレクサ・キマイラ
融合・効果モンスター
星5/光属性/サイバース族/攻2000/守 800
サイバース族モンスター×2
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、
自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
このターンのバトルフェイズ中にお互いは魔法・罠カードの効果を発動できない。
②:融合召喚したこのカードが墓地へ送られた場合、
このカード以外の自分の墓地の、サイバース族モンスター1体と
「サイバネット・フュージョン」1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 

 

光属性サイバース族のレベル5融合モンスターです。

全身に光るラインを持つ機械のキマイラといった感じのモンスターです。

各所に取り付けたミサイルと思わしき水晶状のパーツが特徴的です。

ダイプレクサというのは受信と送信をそれぞれ別の周波数で行う無線機に使われる

アンテナの部品の1つです。

電話のように受信と送信を同時に行う必要のある機器などに用いられます。

 

 

サイバース族モンスター×2

融合素材にはサイバース族2体を要求しています。

サイバース族においてはトークン生成手段も豊富に存在しており

融合素材を揃えるのは難しくありませんが

基本的にフィールドに維持するようなカードでもない為

正規に融合素材を揃えるよりも簡易融合を用いた方が効率的でしょう。

ただ②の効果には墓地にサイバネット・フュージョンが存在する必要があるので

手札に腐らせておくよりは融合召喚してしまうのも手です。

 

 

①:1ターンに1度、
自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
このターンのバトルフェイズ中にお互いは魔法・罠カードの効果を発動できない。

①の効果は1ターンに1度、自分の場のサイバース族1体をリリースする事で

そのターンのバトルフェイズの間お互いに魔法罠を発動できなくなるというものです。

コンバットトリックやハノイの崇高なる力などの攻撃反応罠のメタとして機能しますが

この手の効果としてはモンスター効果を無効化できない点と

コストを支払う必要がある点が痛い所です。

むしろ効果そのものよりも自身もリリースする事が出来る点から

リンク素材などにせずとも②の効果に繋げられる効果として活用してくことになるでしょう。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:融合召喚したこのカードが墓地へ送られた場合、
このカード以外の自分の墓地の、サイバース族モンスター1体と
「サイバネット・フュージョン」1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、

融合召喚している状態でこのカードが墓地へ送られた場合に

自身以外のサイバース族とサイバネット・フュージョン1枚ずつを

墓地から回収するというものです。

主に①の効果で自身をリリースしたり

リンク素材にしつつ効果を発動するのが基本となるでしょう。

同時に2枚のカードを確保できる高いアドバンテージ獲得能力に加え

サイバース全般を回収できる非常に優秀な効果です。

注意点としては発動には墓地にサイバネット・フュージョンが置いてある必要があり

事前にサイバネット・フュージョンを利用しているか

おろかな副葬などでサイバネット・フュージョンを墓地に送るなどが必要です。

まあサイバネット・フュージョンはクロックスパルトイでサーチが可能なので

そこまで回収できない状況に困るケースは少ないでしょう。

 

 

まず【サイバース族】にとっては

「簡易融合でサイバース族を用意できるようになった」

という点だけ見ても展開手段の1つとして意味があるでしょう。

その上でサイバース族と融合魔法の回収効果までついているのは非常に魅力的で

融合軸のサイバース族デッキを組んでいるのであれば

簡易融合を採用する大きなメリットとなります。

攻撃力を思いっきり強化したサイバース・クロック・ドラゴンで攻撃する場合には

①の魔法罠無効効果が活きるケースも出てくるでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:神の通告

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アロマセラフィ-アンゼリカ

回復にもシンクロ召喚にも!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノム

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:汎神(はんしん)の帝王

8月ももうすぐ終わりですね。早く涼しくなって欲しいものです。 今回紹介するのは真帝王降臨よりこ

記事を読む

超重蒸鬼テツドウ-O(ちょうじゅうじょうきてつどうおう):遊戯王カード考察  シンプルに打点が強い!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

リンク・ディサイプル:遊戯王カード考察  サイバース・ガジェットが使いやすくなりました

5月21日にVジャンプ7月号が発売されました。 今回紹介するのはその付属としてついてくるこのカ

記事を読む

遊戯王カード考察:ドラグニティ・ドライブ 特殊召喚の制約はまあなんとかなります

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛-桜に幕-(カーディアン さくらにまく)

展開の起点に戦闘補助に大活躍   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:天空の虹彩

マスター・オブ・ペンデュラムより今回はこのカードの紹介です。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第59話『地下ライディング・デュエル!!』感想

遊戯王ARC-V59話の感想です。 Emウォーター・ダンサーとEmファイヤー・ダンサーでスケー

記事を読む

インスペクト・ボーダー:遊戯王カード考察 ロック性能は十分!ステータスも十分!

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,563,924 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑