遊戯王カード考察:トークンコレクター そうか、そうか、つまりきみはトークンメタなんだな

公開日: : 最終更新日:2018/07/14 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。

 

 

 

トークンコレクター
効果モンスター
星4/地属性/悪魔族/攻   0/守2000
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在し、
トークンが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
フィールドのトークン全てを破壊し、
このカードの攻撃力は破壊したトークンの数×400アップする。
③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いにトークンを特殊召喚できない。

 

 

地属性悪魔族のレベル4モンスターです。

守りたい、この笑顔

ゴブリンの子供が虫取り網とカゴを装備し

とっても素敵な笑顔でトークンを捕まえようと野原を駆け回っています。

彼らにとってトークンを捕まえるという行為は

昆虫採集のそれと同じなのかもしれません。

 

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在し、
トークンが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、トークンが特殊召喚された場合に

このカードを手札か墓地から特殊召喚できるというものです。

この手の墓地から特殊召喚する効果としては除外するデメリットもなく

発動トリガーさえ満たせば何度でも墓地から蘇生する事が可能です。

 

 

②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
フィールドのトークン全てを破壊し、
このカードの攻撃力は破壊したトークンの数×400アップする。

②の効果は特殊召喚に成功した場合に場のトークンを全て破壊しつつ

破壊したトークンの数×400だけ自身の攻撃力を強化する強制効果です。

このモンスターがトークンを捕まえてカゴに入れるのをイメージしているのでしょう。

じゃあなんで「墓地に送る」じゃなくて破壊なんだって気もしますが

強制効果な点が痛いですが①の効果と合わせて

相手がトークンを出した場合に特殊召喚しつつ破壊するトークンメタとして機能します。

ちなみに①の効果が1ターンに1度なだけでこちらの効果には回数制限がなく

戦線復帰などで別途このカードを特殊召喚すればその都度破壊効果が発動します。

攻撃力の上昇に関してはこのカードの元々の攻撃力が0であり

例えスケープ・ゴート等4体破壊しても攻撃力1600止まりなので

中々に活かすのは難しいと思われます。

 

 

③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いにトークンを特殊召喚できない。

③の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在する間

お互いにトークンが特殊召喚できなくなるロック効果です。

②の効果と合わせてトークンの利用を封じるメタとして機能します。

 

 

その性質から特に相手がトークンを利用する場合に

それを妨害するメタカードとして優秀です。

①の効果で何度でも墓地から蘇生しつつトークンを破壊出来る為

このカードが墓地に存在する限り相手はトークンの活用に大きな制限を受けます。

手札からこのカードを出されてトークンを妨害するのも

相手にとっては手痛い不意打ちとなるでしょう。

リンク召喚が導入されてからトークンの需要は非常に高くなっており

サイバース族や閃刀姫をはじめ他にもスケープ・ゴートやトーチ・ゴーレムなど

トークンを生成するカードを活用するデッキも増えています。

 

そういったデッキに対するメタカードとして

サイドデッキに忍ばせる選択肢となるでしょう。

 

 

また自分で積極的にトークンを特殊召喚するデッキに採用し

繰り返し蘇生できるレベル4モンスターとして活用する手もあります。

「相手の場にトークンを生成する代わりになんやかんやするカード」

と特に相性がよく例えばリバイバル・ギフトなんかは

墓地からチューナーを蘇生しつつ相手の場に生成されるトークンを破壊して

このカードを特殊召喚が可能になります。

他にもドラゴノイド・ジェネレーターは自分だけトークンを利用しつつ

相手の場に生成されるトークンは全て取り上げてこのカードを特殊召喚でき

ブラック・ガーデンなんかも好きなタイミングで特殊召喚する事で

自分の場にだけトークンを生成できるカードとして機能します。

そうでなくともランク4のエクシーズ召喚を狙うデッキであれば

単純にトークンをレベル4のエクシーズ素材に変換するカードとして使えるでしょう。

 

 

メタカードとして自分で積極的に活用するカードとしても

非常に可能性に満ちた面白い1枚です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ショーダウン

ペンデュラムや永続魔法を多用するデッキに   今回紹介するのはスターターデッキ

記事を読む

雷仙神(かみなりせんじん):遊戯王カード考察  手札からポンと出せる2700打点(ただしライフさえあれば)

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第85話『偽りなき涙』感想

遊戯王ヴレインズ85話の感想です。 前回のあらすじ:すっかり中二になったウィンディさん

記事を読む

遊戯王アークファイブ第58話『闇デュエルへの招待』感想

邪悪なる召喚法ペンデュラム召喚を駆使したデニス、 そしてそれを見事撃破した権現坂はギャラガーに

記事を読む

彼岸の黒天使 ケルビーニ:遊戯王カード考察 彼岸だけでなくレベル3メイン全般で有用!

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバー・エンジェル-伊舎那(イザナ)- 連続攻撃はやっぱり強いよ

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:昇竜剣士マジェスターP(パラディン)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:デフコンバード 貴重な風属性サイバース族 いっそ攻撃強要させてみる?

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スウィッチヒーロー

お前のモンスター全部貰うから!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第29話『クサナギ・レポート』感想

遊戯王ヴレインズ29話の感想です。 ゲノム、バイラ、ファウストの3騎士全てを退けたプレイメーカ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    消滅する都合上、数のカウントに不都合が出るからじゃないですかね>なぜ「墓地に送る」じゃないのか
    このカードの活用はやはり「自分ターンではトークンを安価に効果モンスターに変換し、相手ターンでは相手のトークン利用を妨害する、展開と妨害どちらにも使えるカード」として使うのが一番でしょう
    ホーネットビットとか新規軸だとフォトンサンクチュアリみたいな仮想敵は豊富だし、なにより手札からもいけるからトークン絡めた先行展開への抑止力にもなるのはヘタすると環境のメタを左右する事も可能なほどのポテンシャルを感じる

  2. 匿名 より:

    トークンはそもそも墓地にはいかないので
    墓地に送るだと表現的に変なためだと思う

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,133,851 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑