遊戯王カード考察:銀河剣聖(ギャラクシー・ブレイバー) 手札から4000打点ポンとくれたぜ

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。

 

 

銀河剣聖
効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻   0/守   0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の「フォトン」モンスター1体を相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
このカードのレベルは見せた「フォトン」モンスターのレベルと同じになる。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードの攻撃力・守備力はそのモンスターのそれぞれの数値と同じになる。

 

 

ギャラクシーの新規となる光属性戦士族のレベル8モンスターです。

どっしりと腰を低く構えた青と白を基調とする二刀流の剣士です。

剣聖の名に恥じない中々に風格の感じられる風貌ですね。

よく見ると背中にも一本予備の剣があるのが確認できます。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の「フォトン」モンスター1体を相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
このカードのレベルは見せた「フォトン」モンスターのレベルと同じになる。

①の効果は1ターンに1度、手札のフォトン1体を相手に見せる事で

その見せたフォトンと同じレベルにして自身を手札から特殊召喚する自己展開効果です。

注意点としてはギャラクシーを見せて特殊召喚する事は出来ない点で

レベル8の状態で場に出したい場合はギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴンか

フォトン・カイザーを見せる必要があります。

上記のカードが無い場合は主にレベル4のフォトンを見せる事になるでしょう。

フォトン・バニッシャーを見せてこのカードをレベル4にして特殊召喚、

その後フォトン・バニッシャーを特殊召喚すれば銀河眼の光子竜をサーチしつつ

ランク4のエクシーズに繋げる事が可能です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードの攻撃力・守備力はそのモンスターのそれぞれの数値と同じになる。

②の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚に成功した場合に

自分の墓地のギャラクシー1体を選択し、その攻撃力と守備力を

このカードにコピーさせるというものです。

ランク8のエクシーズ召喚が1度出来ているのであれば

ギャラクシーアイズFA・フォトン・ドラゴンの攻撃力4000までは

容易に用意する事が出来るのでそこまでの攻撃力は安定して確保できます。

コピーできる最大攻撃力は超次元ロボ ギャラクシー・デストロイヤーの

攻撃力5000ですがさすがに【ギャラクシー】においては

事前にエクシーズ召喚しておくというのは難しいです。

もしこの攻撃力を確保したければおろかな重葬あたりを活用するといいでしょう。

 

 

現在のギャラクシーやフォトンであれば

手札に銀河眼の光子竜があるという状況を作り出すのは難しくありません。

その為このカードもレベル8の状態で特殊召喚するのも安定して可能であり

ランク8のエクシーズ素材として積極的に活用していく事が出来るでしょう。

しかしそれ以上にこのカードが優秀な点は

「手札から簡単に展開できる攻撃力4000」になれるという点です。

これはギャラクシーアイズFA・フォトン・ドラゴン等のエースを出した後に

さらに追加で4000打点を手札から用意できるという事であり

新マスタールールにおいて高打点を複数並べやすいというのは

特に1ターンキルを狙いたい状況において非常に有利に働いてくれます。

またEXモンスターゾーンに依存せずに高打点を確保できるという点は

エクストラリンクなどEXデッキからの特殊召喚を封じられた場合にも

その状態で高打点を確保できる手段としてありがたいです。

総じてエクシーズ素材としてもアタッカーとしても優秀な1枚と言えるでしょう。

関連記事

遊戯王アークファイブ第58話『闇デュエルへの招待』感想

邪悪なる召喚法ペンデュラム召喚を駆使したデニス、 そしてそれを見事撃破した権現坂はギャラガーに

記事を読む

遊戯王カード考察:セフィラ・メタトロン 実は結構いろんなデッキで使えるリンク3

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:機界騎士(ジャックナイツ)アヴラム サイキック族通常モンスターはかなり貴重

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界劇場「ファンタスティックシアター」 ほらほら、モンスター効果発動してもいいんだよ?

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:サモン・ソーサレス  あっイグナイトで1ターンキルが発案された

11月21日にVジャンプ1月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜脈の魔術師

もうすぐマスター・オブ・ペンデュラムが発売されますが そういえばまだ紹介していないカードも残っ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第13話『激闘の記録』感想

遊戯王ヴレインズ第13話の感想です。 激闘の末見事リボルバーとのデュエルに打ち勝ったプレイメー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣一閃

とうとうブレイカーズ・オブ・シャドウのCMが流れましたね。 今回はそのCMで判明したこのカード

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッドアイズ・インサイト

レッドアイズに超朗報   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよ

記事を読む

遊戯王カード考察:逢魔ノ妖刀-不知火(おうまのようとう しらぬい) 馬頭鬼やシノビネクロの再利用に是非

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,986,897 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑