遊戯王カード考察:銀河眼の煌星竜(ギャラクシーアイズ・ソルフレア・ドラゴン) トークンから簡単に出せるギャラクシーアイズ

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。

 

 

 

銀河眼の煌星竜
リンク・効果モンスター
光属性/ドラゴン族/攻2000/LINK-2
【リンクマーカー:左下/右下】
\ ↑ /
←   →

攻撃力2000以上のモンスターを含む光属性モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合、
自分の墓地の「フォトン」モンスターまたは
「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
②:相手メインフェイズに、「フォトン」カードと「ギャラクシー」カードの2枚、
または「銀河眼の光子竜」1体を手札から捨て、
相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 

 

ギャラクシーアイズの新規となる光属性ドラゴン族のLINK-2です。

ソルフレア(太陽の爆発によっておこる閃光現象)の名に相応しい

随所が真っ赤に輝くギャラクシーアイズです。

青いボディに赤い輝きのコントラストが美しいですね。

 

 

【リンクマーカー:左下/右下】
攻撃力2000以上のモンスターを含む光属性モンスター2体

リンク素材には光属性のモンスター2体で

どちらかの素材の攻撃力が2000以上である事を指定しています。

手っ取り早いのはフォトン・サンクチュアリのトークン2体でリンク召喚する事で

制約こそ発生するものの手札1枚、召喚権なしでリンク召喚が可能です。

他にはワンタイム・パスコードのトークンも素材にする事が可能です。

勿論各種フォトンやギャラクシーも攻撃力2000に届くカードが多く素材にしやすいです。

リンクマーカーは斜め下に2つとEX召喚枠の確保に使いやすいものとなっています。

【ギャラクシー】では銀河眼の光波竜で相手のエクシーズのコントロールを奪い

そのままギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴンに繋げるという

マスタールール3の頃にできた動きが可能となります。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合、
自分の墓地の「フォトン」モンスターまたは
「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、リンク召喚に成功した時に

墓地のフォトンかギャラクシーモンスター1体を手札に加える墓地回収効果です。

シンプルながらもありがたいアドバンテージ確保手段であり

②の効果に繋げるのであれば銀河眼の光子竜を回収するのが理想的です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:相手メインフェイズに、「フォトン」カードと「ギャラクシー」カードの2枚、
または「銀河眼の光子竜」1体を手札から捨て、
相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

②の効果は相手メインフェイズ時に1度、

手札からフォトンとギャラクシーをそれぞれ1枚ずつ捨てる事で

相手の特殊召喚されたモンスター1体を破壊するというものです。

この時手札から捨てるのがギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴンであれば

これ1枚で手札コストにする事が可能です。

さすがに2枚を手札コストにするのはMOTTAINAIので

出来る限り銀河眼の光子竜を手札コストにするのが望ましいでしょう。

手札コストこそ必要なもののフリーチェーンの除去という優秀な効果で

相手の展開の妨害として積極的に活用していけます。

 

 

【フォトン】や【ギャラクシー】用のリンクモンスターとして優秀なカードであり

「フォトン・サンクチュアリ1枚から簡単に出せるギャラクシーアイズ」

としても見逃せないカードです。

これは特にタキオン・トランスミグレイションや

破滅のフォトン・ストリームを採用している場合に有効で

より腐らせにくくこれらのカードを活用する事が出来るでしょう。

 

 

カイトお兄様もご満悦な性能のリンクモンスターです。

最近はサイバー流の強化が目覚ましいですがフォトンやギャラクシーも

サイバー流に負けず劣らずテコ入れがされていますね。

所でサイファーの強化は来たりはしないんでしょうか、光波干渉ください。

関連記事

遊戯王アークファイブ第135話『揺れ動く次元』感想

遊戯王ARC-V135話の感想です。 頼みのダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンを奪われて

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)77 ザ・セブン・シンズ

本来ならば来年の2016年に発売されるプレミアムパック18。 しかし2015年の12月19日と

記事を読む

遊戯王カード考察:星遺物の醒存(せいいぶつのせいぞん) クローラー以外でも十分使える

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の歯車機械(アンティーク・ギアガジェット)

機械複製術と相性抜群!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-機械竜叛乱

記事を読む

白闘気海豚(ホワイト・オーラ・ドルフィン):遊戯王カード考察  自己蘇生の可能な戦闘担当レベル6シンクロ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:悪王アフリマ かなり色んなモンスターをサーチ可能です

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:闇霊神(やみれいしん)オブルミラージュ エラッタ前クリッター効果、いつ出しても腐りにくい

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:半魔導帯域

ミドル・シールド・ガードナー「君達!やめたまへ!」   今回紹介するのはザ・ダ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第45話『極限領域のデュエル』感想

遊戯王ヴレインズ45話の感想です。   前回のあらすじ:お父さん亡くな

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第9話『追い求めてきた敵』感想

遊戯王ヴレインズ第9話の感想です。 ついにプレイメーカーの前に姿を現したリボルバー。 リ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,475,634 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑